京都のバイクショップ     淡路二輪商会 淡翔

カレンダー(Honda Fan Site)

週間天気予報

カウンター

  • 無料カウンター

SWIFTさんのブログ

RideJam店長さんのブログ

moto faire店長さんのブログ

ヤマハ公式サイトのブログ

2014/04/18

修理 ”火花がとばない”

P4171641

スズキ アドレスV100 が 

P4171639

”スパークプラグ の 火花がとばない” とのことで修理依頼がありました。

P4181643

サービスマニュアル を みて 

配線、導通 電圧 抵抗など 確認

P4171638

点火ユニット を 交換

火花がとび エンジンがかかることを 確認

修理完了となりました。

※ サービスマニュアル は 電気系の修理には あれば 診断もはやいです。

2014/04/03

Yamaha セロー250 フォグランプ取り付け

P3291633

ヤマハ セロー250 が フォグランプ取り付け等で 入庫

フォグランプ 明るいので

暗い夜道も 安心ですね。

オフロード 白バイ の セロー250 にも このフォグランプがついてるように見えます。

参考までに

ヤマハ セロー250 : http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/sportsbike/serow/

2014/03/21

修理 ”セルスタータで始動できない”

”セルスタータで始動できない” と 修理依頼がありました。

さっそく 引き上げ みてみることに

セルスタータのボタンを 押すと ”カッチッ” と スタータリレーの動く音が

バッテリー電圧OK

リレーの動く 音はしてますが セルモーターまで 電圧がきていません

(写真 とりわすれました)

リレーから セルモーターまでの配線は導通がありました。

リレーの出力側に電圧があがらないことから

P2041564_2

新しいスタータリレーに交換

セルスタータで エンジンが始動できることを確認

年式的に セルモーターブラシも点検 

修理完了となりました。

 

Yamaha Fino 修理

P3041609

先日 あまり見かけない 台湾ヤマハ FINO が

”走行中異音がする” とのこと修理で入庫しました。

珍しい車両だったので ブログに

ヤマハ FINO の精細は ”ヤマハ FINO” で検索を

 

2014/03/14

ワイヤーインジェクター

P1141540

しばらく 使っていないため ケーブルの動きがわるいとき

ワイヤーインジェクターがあれば

ケーブルをとりはずし ワイヤーインジェクターにとりつけ

P1141536_2

潤滑剤を注入

P1141538

十分 流し込んで 動きがよくなったら 組み付け 完了

便利です。

ただ ケーブルが古かったり 中から 錆色になるようなら 部品交換がおすすめです。

Suzuki バーディー 修理 ”ヘッドライトがついたり 消えたりする”

スズキ バーディー が ”ヘッドライトがついたり 消えたりする” とのことで 修理依頼がありました。

引上げ みてみると

エンジンを始動 ヘッドライトが点灯した状態で

ハンドルを左右にうごかすと ライトが点灯したり 消えたりした

P3141617

ハンドルを動かして 一番 ねじれる 配線部分をしらべることに

P3141614

ステム部分のハーネスカバーを めくると

ちょうど 配線の切れるか きれないか ハーネスの被膜でつながっている配線が

この部分を修正

P3141618

ハンドルを左右にうごかしても 点灯していることを確認

修理完了となりました。

2014/01/13

修理 ”グリップヒーターが暖まらない。”

”グリップヒーターが暖まらない” とのことで修理依頼がありました。

さっそくみてみることに

P1081525


まず プラス電源がグリップヒーター ヒューズ まで きていること グリップヒータースイッチまできていること と マイナスが アースされていることを確認

次に 配線の導通もあることをテスターで確認

P1081526_3

次に 左右の配線をはずし

左右ヒーターグリップの抵抗を測定

今回 右ヒーターグリップの抵抗があきらかに大きかったので

P1081524

右ヒーターグリップのかわりに バイパス配線を直結すると

(今回 プラス電源が 右ヒーターグリップ → 左ヒーターグリップ へ 流れていたので)

左ヒーターグリップ は 暖かく 作動したので

右ヒーターグリップ の 新品を取り寄せ交換

左右ヒーターグリップが暖まることを確認 

修理完了となりました。

※ こういった修理には サーキットテスターがあれば 便利ですね

参考までに 

サーキットテスター : http://www.kaise.com/DMM-J.htm

弊社は KU-2600 です。

2013/11/04

Kawasaki ZRX 修理 ”エンストする。”

カワサキ ZRX が ”エンジンは始動するが 発進時エンストする。” 

と修理依頼がありました。

さっそく車両をひきあげ みてみると

エンジンは難なく始動。 クラッチを握り ギアをニュートラルから1速にいれ

発進しようと

クラッチレバーを徐々に はんしていくと

エンジンがとまる。

以前も別の車両で同様の修理がありましたので

Pb011435_2

サイドスタンドスイッチ(サイドスタンドを出しているとき ギアがニュートラル以外ではエンジンが停止するスイッチ) を点検。

Pb011436

プッシュ部分を

押し込んで みると じわじわと 戻る程度で

戻りがわるくなっていた。

Pb011438_2


新しいスイッチに交換。

発進時のエンストがないことを確認 修理完了となりました。

※ この車は クラッチを握っているとクラッチスイッチがあり サイドスタンドだした状態で ニュートラルから 1速にいれても エンジンが停止せず クラッチをはなし クラッチスイッチがきれた時点で エンジンが止まるようになっているみたいです。

2013/10/29

パンク修理

パンク修理依頼がありました。

引上げ リヤタイヤが ぺこぺこなので 空気を規定まで 入れ 

石鹸水をつけるが 漏れている箇所がわかりにくかったので

Pa251429_2

規定空気圧より 1kg追加で タイヤに空気を入れると

Pa251428_2

ぶくぶくと泡がふくらんだ

(わかりにくい 小さい穴など 規定空気圧より高めに入れるとわかりやすい時も)

パンク修理跡から漏れていたのと タイヤ溝もすくないことから

Pa251434_2

タイヤ交換となりました。

当店では

ティムソン 90/90-10 を

4,200円(タイヤ代、交換工賃、廃タイヤ処分代、消費税込)

で交換。

もちろん 当店より一定範囲内出張引き取り無料にて

お気軽にお問い合わせください。


2013/09/19

水没修理

Dsc_0605 Dsc_0612 

(お客様より写真提供いただきました ありがとうございます。)

先日の台風で 京都も結構な被害が

水没修理の依頼がありました。

P9191362_2

エンジン内に 水が

P9191361_2


キャブレターにも(ドレンを緩めてあげると)

P9191360_2


シリンダー内も

P9191363_2


ヘッドライトや ガソリンタンクにも

修理内容をその他車両の写真もまじえて

エンジンオイルを交換 その後 エンジンがかかるようになれば 暖気し

P9171358

白濁(水分がまざって)したオイルを抜きかえ 何度かフラッシング

P9171344

シリンダー内は スパークプラグをぬき クランキング

P9171355

エアクリーナーケース内も清掃 エアエレメントも 交換

P9171349


マフラーないの水分や ガソリンタンクにも雨水が入った場合は ガソリンタンクも念入りに

その他 稼働部分など給油 電気周りの水分もとばし

P9191367

復活となりました。

水没は早めの対処が必要ですが

2サイクル車両などは エンジンオイルにみたされていないので

クランクのベアリングがダメになることがあります。

2013/09/08

Honda プレスカブFI(AA01) 修理 ”40km/hしかでない。”

P9081305

新車在庫を購入 1年 走行 1万km で 時速40km/h しかでなくなったとのこと

加速もパワーなく しゃくる感じ

修理にだしていたが 4カ月も預けても なおっていないとのことで

他所を 通じて 弊社に依頼がありました。

症状から FI警告灯も点灯なしなので フューエルポンプ もしくは インジェクター かと 最初はおもっていましたが

フューエルポンプ も インジェクター も 異常なしでした。

気温がさがってから 弊社 多少 いそがしかったのと お客様には お時間をいただきますと伝えてありましたので(言い訳ですが)

やっと 原因をみつけることができ 修理完了となりました。

総時間工数 12時間  弊社工賃 6万円 です。

もちろん お客様には請求はできませんが

まだまだ だなと痛感。

勉強させていただきました。

2013/08/24

Honda スーパーカブ110PRO(JA07) 2速 ギア異音 ギア抜け 修理 

Honda スーパーカブ110PRO(JA07) 2速 ギア異音 ギア抜け するとのことで

修理依頼がありました。

試乗すると 2速 だけ ガコッ ガコッ とギアが抜け

加速時 ギクシャク加速

1、3,4速は異常なしでした。

P8231270


さっそく エンジンをおろし 分解

P8241279_2


シフトフォーク が 明らかに 変なチカラがかかり 摩耗損傷しているし

P8241286

こちらの 2つの ギアもドッグの頭が 摩耗損傷している。

たまたま

インターネットで検索すると

スーパーカブ110(JA07)

2速異音 ギアとび は 結構あるみたいで

対策部品もでているみたいで 詳しいことがかかれていたので

参考にしました。

参考にしたブログ : http://minkara.carview.co.jp/userid/1537774/car/1325358/2224882/note.aspx

2013/08/23

Honda スーパーカブ50PRO ハンドルエンド

ホンダ スーパーカブ50PRO(AA04)

グリップヒーター取り付け時 ハンドルエンドをとりはず必要があります。

P8221267

ハンドルエンド は ハンドルパイプ内のラバーマウントされたウエイトにとりつけられているので

P8221268_2


ハンドルパイプ内のウエイト が 動かないように

ハンドルエンドを保持して ボルトを緩めるのですが

ネジロック と 締め付けすぎで 手の皮がめくれそうなぐらいに 空回りしてしまいます。

弊社では

ハンドルエンド を 傷つけないように

P8221263


このような ホルダーで しかっり固定 インパクトにて いっきに緩めます。

P8221266


仕組みを理解して どこに チカラをかけるか わかれば たいてい緩みますが

ネジロックつけすぎに 締め付けすぎでは

参考までに

ホンダ スーパーカブ50PRO : http://www.honda.co.jp/SUPERCUB/PRO/

2013/08/16

タイヤ交換 ”タイヤのエアがもれているかも?”

”タイヤのエアがもれてるかも?”とのことで

来店していただきました。

さっそくみてみることに

石鹸水をつけると

タイヤのヒビから すこしずつ エアがぶくぶくと

P8161244

タイヤ と エアバルブ を交換。

弊社では

キャンペーン中のタイヤ DURO 80/90-10 を 4,000円

直エアバルブ を 367円

にて

今回

P8161245


Honda Dio Fit です。

自分が この業界で働きだしたとき 新車で販売されていましたので

20年くらいですか?

自分の実家のスクーターも

Dio Fit モスグリーン です。 名車です。(個人的な感想です。)

今年の夏 実家に帰ったら まだまだ 快調やわ って言ってました。

参考までに

Honda Dio Fit : http://www.honda.co.jp/news/1997/2970516.html

2013/08/02

修理 ”エンジンがかからない”

修理依頼 ”エンジンがかからない” とのことで 修理依頼がありました。

調べていくと

P7301232


左と 右(修理車輛の部品) で 何かが違います。

P7301234_2

プラグコードに刺さる部分のスクリューが折れてました。

プラグコードにおれたスクリューが(写真とりわすれました。)

ちなみに 折れていても

P7301235_2


プラグコードキャップでつながっていました。

ただ もちろん リークし

しっかりした火花が飛ばないため

始動不良に。

部品を交換 リークなく エンジンも問題なく始動 修理完了となりました。

2013/07/10

修理 ”エンジンオイルが漏れれくる。”

”エンジンオイルが漏れてくる。” とのことで 修理依頼がありました。

聞けば エンジンオイル交換したときに オイルドレンボルト が 空回りし しまらないとのこと。

P7091145

たしかに 締めても 空回りし トルクがからない。

ネジをはずすと

P7091146


ネジ穴がわの金属片が

クランクケース側(アルミ)のネジ穴がダメになっている。

P7091147_2

さっそく ネジ穴を修整することに

P7091149

リコイル を使用。

P7091150


まず セットの タップ(プライマリ側をプレスカブ用に加工)で

P7091151_2

リコイル用 の ネジ穴をつくり

P7091155_2


切削時 の 金属片をきれいに清掃後

P7091156_2


こちらのキットで リコイルを挿入。

P7091157

挿入時 の フックを取り除き

P7091158_2


オイルドレンボルトにしっかりトルクをかけて 締まること

緩めたり 締めたりしたときに リコイルが はずれたり 異常がないことを確認。

組み上げ

P7091160_2

つぶれたオイルドレンシールワッシャーも新品に

オイルが漏れてこないことを確認 修理完了となりました。

※ オイルドレンシールワッシャー は オイル交換時毎 新品に交換するほうが いいと思います。 

また ドレンボルトの締め付けトルクのかけすぎには 注意しましょう。

2013/07/09

修理 ”フロントブレーキのききがわるい”

P7071126

いつもありがとうございます。

前後タイヤ交換他 修理依頼をいただきました。

その1つとして

”フロントブレーキの利きが悪い”

”ぐきぐきと レバーの握りこみが違和感がある”

とのこと

ブレーキオイルや ピボットボルトの錆びつきとかではないみたいなので

P7071125


フロントブレーキマスター インナーキットを交換。

(キットのラバー劣化のため)

組み上げ後

握りこみの違和感がなくなり

しかっりブレーキをコントロールできることを確認。

修理前の試乗のときと 修理後の試乗のときとが 断然 違うことを確認

修理完了となりました。

2013/07/04

駆動系修理

4ST 100㏄ スクーター が 駆動系その他修理で入庫しました。

走行4万km

Vベルト ローラー ピース も ちょうど交換時期ということだったのですが

P7041113_2

クラッチはかなり限界まで摩耗(左は新品クラッチウエイト)

P7041117_2


クラッチスプリングなども きっちり交換。

P7041118


トランスミッションオイルも合わせて交換。

その他 修理も完成。

修理前より 格段に 走りが 変わっていること 改善していることを確認

修理完了となりました。

※ 納車時 車両についている 取扱説明書 メンテナンスノートに 消耗パーツなどの交換nの目安が記載されています。 

取扱説明書は購入時 必ず目をとおすことをおすすめします。

2013/07/02

修理 ”ウインカーのつきがわるい”

お客様から ”ウインカーのつきがわるい” とFAXにて修理依頼がありました。

さっそく 引き上げみてみることに

事象を確認しようと ウインカー 右 左 を試すが 異常がない。

スイッチの接点も異常ないようで いろいろな位置を試すが

異常なし

それならと 実際 走行してみるが 異常なし

事象が発生しないと いたずらに部品交換もできない。

P6301096_3

ウィンカーリレーをこの状態に 傾けてあげたとき

P6301094

ウインカーの点滅がとまり ウインカーが点灯したままになった。

”ウインカーのつきがわるい” は ウインカーが点滅しないことがあるってことでした。

P6301097

ウインカーリレーを交換。

おなじように リレーを傾けても 点灯しっぱなしにならないこと

配線や カプラーに異常ないことを確認。

修理完了となりました。

修理 ”加速 発進が わるい。”

修理 ”加速 発信がわるい。”とのことで修理依頼がありました。

さっそく引上げ みてみることに

お客様も言われていましたが

常にクラッチがつながっているみたいで エンジンがとまるとのこと。(4STスクーター)

リヤタイヤを浮かせていると アイドリング回転でも 後輪はまわり クラッチがきれていないような状態だったので

駆動系をみてみると

P7021101

ウエイトローラーは かなりの損傷

アイドリング時でも 中途半端に変速状態になっていたみたいでした。

ムーバブルフェイス ムーバブルフェイスボス にも遊びがあり

P7021103_2

また ドリブンフェイスなどにも このような段付きが

結局 駆動系ほぼすべての部品を交換。

加速 アイドリング時のクラッチのきれ など確認。

修理完了となりました。

駆動系に異常を感じたら 無理をせず 早めの交換

もしくは 交換推奨距離で 点検や 消耗部品の交換をおすすめします。





2013/06/21

修理 ”朝一番 エンジンまったく始動せず。”

”朝一番 エンジンがまったく 始動しない。”と修理依頼がありました。

現地に到着。

セルは回るが まったく かかる気配なし。

車輛自体 も まだまだ 壊れるところがないくらい 新しい。

ので

昨夜からの 大雨

何気なく マフラーの排気口を 指で ふさぎながら

セルをまわすと

運よく なんとか エンジン始動

その瞬間

Ca3i03440001_3


排気口から 大量の水(雨水)が 吹き出しました。

カスタムマフラーで 排気口がななめ上向きのため この豪雨のため 一晩で マフラーの中に雨水が たまったみたいです。

ノーマルマフラーは 必ず 排気口は 後ろ向き もしくは やや下向き ななめ上向きでも 水抜き穴があります。

ノーマルマフラー カスタムマフラーにかかわらず

豪雨のときは バイクカバー もしくは 雨にあたらないようにするのが

一番ですね。

2013/06/18

ドライブチェーン

ドライブチェーンの交換依頼が入りました。

ドライブチェーンは

P6181057

新品ドライブチェーン時のこの状態から

P6181055_2


交換時期には この状態くらいまで 伸びています(チェーンのサイズ 種類にもよりますが)

P6181056

チェーンジョイント部分でさえ すでに シャフトには あれだけの 隙間が

もちろん チェーンがたるんだ状態で走行 チェーンがはずれると 危険です。

また

P6181060_2

こういったクランク部分に はずれたチェーンが噛みこみ クランクケースを破損すると 修理金額も結構な値段に

P6181058

チェーンの 調整 給油 をこまめに

交換時期には 交換も 早めで

前後スプロケット同時交換を

おすすめしております。

YAMAHA グランドアクシス100 タイヤ交換 リコール その他

P6181062


ヤマハ グランドアクシス100 が リコール

および

P6181061

前後タイヤ交換等で入庫しました。

当店では

フロントタイヤ IRC MB67F 110/70-12 を

タイヤ代 5,040円

交換工賃 1,575円

廃タイヤ処分代 157円

6,772円(税込)にて

リヤタイヤ IRC MB67 120/70-12 を

タイヤ代 5,250円

交換工賃 1,575円

廃タイヤ処分代 157円

6,982円(税込)にて 交換実施中!

※ 弊社より 一定範囲内 出張引き取り 交換後の 納車無料にて

お気軽にお問合せください。

参考までに

グランドアクシス100 リコール : http://www.yamaha-motor.co.jp/recall/mc/recall/2003-04-14/index.html

2013/05/25

修理 ”出先にて 再始動できず。”

出先にて 停車。

用事をすませて エンジンをかけようとしたが

セルボタンをおしても セルがまわらない。

とのことで 修理依頼がありました。

引上げ さっそく みてみると

ブースターをつなげてみると セルがまわり エンジン始動するが

まったく バッテリーに充電圧があがらず バッテリー電力を消費していた。(ブースターでエンジンを始動すると ブースターの電圧をしたまわる。)

P5250984


レギュレターカプラーや

P5250985_2


ステータカプラーから マニュアル通りの点検をすると

ステータ(3相交流) アースに導通していた

P5250981

とりはずすと 一ヶ所に 焼け跡が

P5250989_2


上のとおりなので

P5250982

新品に交換。

P5250987


バッテリーにしっかり 充電圧がかかることを確認

修理完了となりました。

ステータコイルは バイクの場合 多くはエンジンオイルに浸って冷却されています。

エンジンオイルの 交換遅延 消費などによる 冷却不足には注意が必要です。

エンジンオイルはまめに点検 交換をおすすめします。

2013/05/19

オーデイオ ロータリーコマンダー交換

P5190972


オーデイオ 

P5190974


ロータリーコマンダー交換 で入庫しました。

やはり 走行時 音楽きけると 気分もかわりますね。

※ すこし特殊なオーデイオなどの取り付けは 申し訳ございませんが 知ったお客様でしか お受けしておりません。 すいません。

2013/05/05

応急修理

P5040922_2

これでは 走れませんし。 センタースタンド使用不可です。

ゴールデンウイークは

部品が入手しにくいので

P5040923


もちろん 部品入荷後 交換ですが。

ひとまず 使用可能に

2013/05/01

修理 ”エンジン不調。”

たまに エンジンが 吹け上がらない

4気筒のうち 1気筒 失火している場合があるとのこと

さっそく見てみることに

たしかに アクセルをスナップすると

エンジンの回転の落ちもわるく

どこからか エアを吸っているみたいだった。

P4260968


キャブレターと エアクリーナーケースの間の パッキンが 噛みこんでちぎれていた

ここから 空気や 雨水 チリ ホコリ など 吸い込んで 不調になっているみたいである。

P4260970

キャブレターを分解清掃

キャブレター と エアクリーナーケース の間の パッキンも交換。

組み上げ エンジンの回転の落ち 走行も異常がないことを確認。

修理完了となりました。

修理 ”セルがまわらない。”

セルスタータボタン を 押しても 

”カチッ” と 音がするだけで

セルモーター が まわらない。

バッテリー の 電圧 容量はある。

”カチッ”と音がするので スタータリレーもOK

セルスタータのプラスまで 電圧があるので

P4280971


セルスタータを取り外し

P4280972

分解し

P4280973_3

摩耗した ブラシを交換。

組み上げ セルスタータが回ることを確認。

修理完了となりました。



2013/04/24

マジェスティー125FI 修理 ”オイル漏れ”

P4240948_2


マジェスティー125FI が エンジンオイルが漏れてくるとのことで 入庫しました。

エンジン下 は 漏れでたエンジンオイルで ドロドロに

先日も キャブ仕様ですが シリンダーのパッキンからの漏れ修理があったので

今回もと思いましたが

まずは 漏れの確認 脱脂後 エンジンを始動してみると

シリンダー部分の漏れはなく

P4240949

ステータベース部分の ネジのあたりから すぐに じわじわと 

エンジンオイルがにじんでくる。

シールワッシャーもしっかり入っているのに

P4240954_2

シールワッシャーを確認のため ボルトをゆるめようと

工具をいれると すでに緩んでいた。

シールワッシャーの損傷を確認。

ボルトを締め

P4240955

再度エンジンを始動 オイル漏れがないことを確認。

修理完了となりました。

2013/04/23

マジェスティー125 修理 ”オイル漏れ”

マジェスティー125 が オイル漏れで入庫しました。

インターネットでもすぐに ひっかかるように また 弊社でも 過去にも

P4190931


シリンダーパッキンが・・・(今回は写真を)

今回 ガスケット その他 ピストン ピストンリング Vベルトなど 点検 および 交換となりました。

オイル漏れがないことを確認修理完了となりました。

マジェスティー125は 足回りもしっかりしたタイヤサイズで 125ccで トルクもあり 加速はV125Gにまけると思いますが トータルバランスはいいとおもいます。

ただ このシリンダーガスケットなどのように難点もあります。

ホンダ DIO(AF68) 修理 ”エンスト マフラーが詰まってる感じがする。”

ホンダ DIO(AF68) が ”エンスト マフラーが詰まってる感じがする。” とのことで入庫しました。

エンストや 走行時しゃくるかんじみたいだったので

診ていくと

P4230941


スパークプラグのプラグキャップ部分に

P4230938

軍手をして 手をプラグキャップ付近に入れると 電気風呂に入ったようなシビレが

リークしている。

もちろん 水をかけると 点火不良でエンジンがとまった。

P4230943


プラグキャップを新品に交換。

P4230944


素手で手をいれても シビレのないことを確認。

エンジン始動 走行 アイドリングにも問題のないことを確認。

修理完了となりました。

※ 間違っても 同じように リークしているプラグキャップに手をいれないでください。かなりシビレます。


ヤマハ ギア(UA06J) 修理

P4020898_2

ヤマハ ギア(UA06J) 

写真を見てください。

おかしいことに気が付きます。

リザーブタンクにはラジエター液が・・・

折れ曲がったホース部分を注文すると 

対策されたホースが届きました。

対策のホースは折れないようにしかっりガードがついていました。(写真とりわすれました。)

2013/04/14

Honda VT250F 修理 ”走行中エンジンがとまり その後 セルがまわらずエンジン再始動できず。”

P4140910


ホンダ VT250F が ”走行中 エンジンがとまり、その後 セルスタータもまわらず 再始動できず。”とのことで修理依頼がありました。

お客様は結構バイクに詳しく ご自身でも修理される方だったので

バッテリーの 電解液がひあがっていたので 補水 充電もできたが

セルスタータは うんともすんともいわないとのこと。

さっそく 引上げみてみることに

まず ニュートラルランプ ウインカーは点灯するので

ヒューズBOXをみてみるこに

P4140911_3

IGUNITION の 10Aのヒューズが切れていた

さっそく 交換し メインスイッチをONに

ONにすると ヒューズが切れる

診断のため 少し大きめのヒューズにして ON 

セルスタータをまわす

エンジンもかかったが 

エンジンの回転数をあげると

バッテリー充電圧が 14.5Vをかるくこえていく

そして 点火ユニットが焦げ臭い。

以上から

まず レギュレターがパンク 充電圧が制御できず 電圧があがりすぎ バッテリーの電解液もひあがり 

電圧がたかいので 点火ユニットもパンク

IGUNITIONのヒューズが最後にとんで エンジンストップ。

最近の年式では レギュレターが制御できず電圧があがっても 点火ユニットはパンクしにくいみたいだが

このVT250Fの年式のバイクは 点火ユニットが焼けることがあった。

P4140905_2


レギュレター(新品) 点火ユニット(メーカー生産終了のため 中古パーツ) ヒューズを交換

10Aのヒューズにもどしても ヒューズが切れずに エンジンも始動

エンジンの回転をあげても

P4140906

14.5V以下であることを確認

修理完了となりました。



2013/03/17

ホンダ ズーマー 修理 ”バッテリーあがり”

P3170889

ホンダ ズーマー が ”バッテリーあがり バッテリー交換”で入庫しました。

バッテリーを交換。

セルスタータはまわるようになり 一発始動です。

ところが バッテリー充電圧を点検すると

P3170886


エンジンの回転をあげても 充電圧は ほぼバッテリー電圧前後 ぜんぜんあがりません。

レギュレター(点火ユニット一体型) ジェネレーター(セルスタータの役割も一体) から調べていかないとと思ったのですが

修理代(部品代)は高価になります。

ふと 以前 他店のブログでみた部分をみてみることに

P3170883_2


この部分の端子が 焼け付きこげてついていました。(上の写真はすでに 半分くらい磨いたあとに撮りました。すいません。)

真鍮ブラシで 焦げ付きを修正 とりつけ

充電圧を計測

P3170888


エンジンの回転に対して しかっり充電圧が上がるようになりました。

充電不良は すぐに レギュレター や ジェネレータ にいきがちですが

こういった原因もあります。

また 排気量の小さい 50ccなどは ジェネレータも小さいので 何かの原因で ブレーキランプがつきっぱなしでも

バッテリーがあがってくることもあります。

今回も 修理は面白いとおもった瞬間でした。

参考までに

弊社が参考にしたブログの記事 : http://ameblo.jp/bs-try/entry-11142393223.html

2013/03/15

ヤマハ ギア 修理 ”パーキングスタンドがおりない。”

ヤマハ ギア (4サイクル) パーキングスタンド仕様 が

”急に パーキングスタンドがおりなくなった。”とのことで修理依頼がありました。

さっそく 引き揚げみてみると

P3150867

左ブレーキレバーを使い レバー下のパーキングコントロールレバーを一緒にひき パキングスタンドを踏むと スタンドがおりる仕組みになっています。

ケーブルの切れではなかったので

ユニット部分をみてみることに

P3150862

この部分が折れてるので

P3150868

パーキングスタンドのロックが解除できず

P3150869

パーキングスタンドがおりなくなっていました。

このパーキングスタンド 簡単にだせ 坂道でも リヤタイヤのブレーキのロックもかかるので 安定していますし 便利です。

2013/03/14

ホンダ フォーサイト 修理

P3140853


ホンダ フォーサイト の 修理入庫しました。

オイルを消費しています。

P3140860_2


今回 バルブ と バルブガイド のクリアランスが大きくなり また バルブシールもへたり オイルさがりでしたが 走行距離から ピストン シリンダーも交換。

また ウオーターポンプの メカニカルシールからも すこし ラジエター液が漏れていたので交換

このタイプのウオーターポンプCOMPは 以前にも一度 交換しましたが まず サービスマニュアル通りにしても ほぼ抜けません。 今回も インペラを外すこともできず オイルポンプ側のギアのサークリップが飛びました。(写真とりわすれました。)

結論は 右クラックケースカバーを外して オイルポンプを外し エンジン内側からウオーターポンプCOMPをたたいてあげると 簡単に取れます。

また 今回

P3140856

リヤブレーキキャノピーリパーブラケットの パッドホルダー部分が 段付き摩耗していました。

フォーサイト の リヤブラケットは 少なからず ブラケットシムがはいっているにもかかわらず この部分が摩耗してるのを見かけます。

今は改善されているかもしれませんが

フォーサイトにお乗りの方はリヤパッド交換時 点検してもらうことをおすすめします。

P3140858_2

パッドが ずれて ホイールと干渉する場合があります。

2013/01/28

シート張り替え

P1270804_2


シート張り替えも承ります。(外注です。)

車検時 修理時 おもうしつけください。

P1270802


レザー見本もあります。

お気軽にお申し付けください。

ホンダ プレスカブ 修理 ”エンジンがかからない。キックがかるい。”

ホンダ プレスカブが ”エンジンがかからない。キックスタータがかるい。”と修理依頼がありました。

以前は エンスト キックが重く エンジン始動不良がりましたが。

さっそく 車両をひきあげ みてみることに

まず キックスタータは 荷重もかけずにすこすこ動きます。

圧縮がまったくありませんので

シリンダーヘッドをあけることに

P1190793


燃焼室から ピストンまで カーボンがぎっしり

P1190795

バルブまわりにも

バルブのあたり面にカーボンがひっかかり 圧縮不良を起こしていました。

P1190797_2


カーボン除去剤注入後 ポートを 耳かきのようにほじると

P1190798

今回は カーボン除去 および ピストン ピストンリング等を交換

P1190801

バルブの摺合せをおこない くみつけ

エンジンの始動 加速 走行に問題がないことを確認。

修理完了となりました。

※信号待ちで ぷすぷすエンジンが止まるなどの場合 50ccは 小排気量で バルブスプリングの力は当然 車にくらべ 小さいのでバルブあたり面にカーボンがかみこむと 圧縮不良をおこし エンスト 指導不良を起こします。

発信加速のおおい業務用 負荷のかかる坂道の使用など 50cc 4st車で このような経験がある場合 定期的な添加剤 もしくは ハイオク(洗浄成分含む)ガソリンの使用をおすすめしております。

すでに 一部 メーカー サービスマニュアルには すでに 添加剤をいれるように書いてあるものもあると聞きます。

2013/01/18

Kawasaki VN400 修理 ”始動不良”

カワサキ バルカン400 が ”急に エンジンがかからなくなった。”とのことで修理依頼がありました。

購入してから 始動不良になるまでは 調子がよかったし バッテリーも購入時交換とのこと。

引き揚げて みてみると

スパークプラグがかぶっている。

プラグを清掃 エンジンは始動したが いまいち アイドリングから不調な感じがした。

エアクリーナーケースをあけると

P1180790

エアクリーナーも新品だったが

エアクリーナー内とケースの内側に スポンジのカスが

P1180789_7

上の写真のカスは エアクリーナーケースのフタにへばりついていたのを とったもの

このスポンジのカスは 写真のエアクリーナーのクッションスポンジが劣化したもので

ケースのフタにも 円状に同じようにへばりついていたが

このエアクリーナーはケース中央から偏心して取り付け(一番上の写真) エアクリーナーのフタは取り付け位置がきまっていない真円のため 

フタにへばりついた劣化したカスがキャブレターにすいこまれたみたいである。

P1180788_3

キャブレター分解清掃 通路の抜けを確認し 組み付け

エンジンの始動 アイドリング アイドリングからの吹けあがりを確認 

修理完了となりました。

ちなみに 弊社の軽トラック(キャブ仕様)の 不調 始動不良も 同じくエアエレメントのクッションスポンジが劣化し キャブレターの通路に吸い込んでいたのが 原因でしたので

弊社の軽トラックも 今は 快調です。

2013/01/07

Honda プレスカブ修理 ”走行中エンスト、キックがかたくなり エンジン始動できず。”

ホンダ プレスカブ が ”走行中 速度が落ち エンジンがとまり キックもかたく 再始動できない。” と修理依頼がありました。

キックスタータしかないので キックスタータがおもたく かなりの荷重をかけないと 動きません。

エンジンオイルは しっかり交換しているとのこと。また その症状になるまで 問題なく走行していたとのことだったのですが

走行距離8万キロオーバーだったので 

P1070772

焼き付きの可能性も捨てきれず シリンダーをめくったのですが 焼き付きではありませんでした。

この状態でも クランクは工具で回さないと まわりません。

クラッチ側も分解 クラッチASSYをはずしても 

クランクシャフトは工具で回さないと まわりません。

ここで やっと フライホイールを取り外し

P1070771_2


何か 噛みこんでいます。

P1070770

ステータコイルの一部破損 この部分の金属が脱落 ステータ と フライホイールにかみこんでいました。

クランクシャフトは あざ笑うかのように 手で軽くまわります。

2012/12/21

Honda マグナ250 修理 ”エンジン始動不良”

ホンダ マグナ250 が ”出先にて エンジンがかからなくなった。”と修理依頼がありました。

車両を引き揚げ みてみると

セルスターターボタンをおしても バッテリーに容量がなく セルモーターをまわせない感じだった。

ブースターをつなげて セルボタンを押すと セルモーターがまわり エンジンは難なく始動。

ただ ここで テスターをあててみると エンジンからのバッテリーに発電電圧が規定電圧以下であった。

ACジェネレーターからは しっかり電圧があること 配線などの導通もあったので

Pc170767_2

レギュレートレクチファイアー(発電電力 交流から直流 充電圧の制御) の異常と判断。

新しい部品に

Pc170768_2

今 現在 新しい部品は 上の写真 左のように 進化 冷却フィンがつき 右のもともとのタイプより 熱に対して 強く 故障も格段に少なくなっています。

右の古いタイプは 基盤固めてあるゴムの部分に亀裂など 金属部分とに隙間など出てくる場合も

Pc170769_3


バッテリーも新しくし 部品交換後 バッテリーにかかる 充電圧も 規定範囲内になったことを確認 修理完了となりました。

十年以上くらい前の車両に乗られているなら レギュレータのタイプ 確認しておいてもいいと思います。 写真の古いタイプだと 新しいタイプに交換しておけば 出先での急なトラブル防止に

ちなみに このホンダ車の新しいタイプの

レギュレータ 品番31600-MV4-010  定価 6,887円(税込)

価格も そんなに高くはありません。

(5年くらい前は たしか 5,250円(税込)だったと思うのですが ホンダ純正部品は 5年前にくらべて その他も 全般的に2,3割値上がりしてる感じです。部品代は すでに余裕で物価上昇率。)

※ レギュレータは メーカー 車種 年式により タイプも異なります。 

2012/11/18

Honda プレスカブFI 修理 ”時速20km/hしかでない。”

ホンダ プレスカブFI(フューエルインジェクション) が ”時速20km/hしかでなくなった。”と修理依頼がありました。

さっそく引き揚げ 見てみることに

センタスタンドをあげ エンジン始動 エンジンはすぐかかるが アクセルをスナップしても いきつぎをおこし エンジン回転があがらない。

走行距離が6万km 少しはやいですが マフラーのつまりでは ないのかと 電話の依頼時 パワーもないとのことだったので 考えていましたが、 マフラーにはつまりはありませんでした。

スパークプラグ 圧縮 エアエレメント エア経路のつまりを確認 異常なく FI警告ランプもありません。

次に 燃料噴射インジェクターのつまりを点検 3つの穴から 噴射しています。

燃料噴射インジェクターにかかる燃圧 を 見てみると

インジェクターをはずすと 燃圧がかかっているはずが じわっと燃料がもれるようにしかでてこなかった。

燃圧が少ししか かからないので エンジンは 始動できるが しっかり走行できるぐらいの燃料を送り出せない。(燃料噴射インジェクターは信号により 噴射の穴を開いたり 閉じたりする時間の調整だけで 規定の噴射量は 燃料ポンプからの一定の決められた燃圧が必要。 燃料噴射量 = 燃圧 × インジェクターの開閉時間)

ので ホンダ サービスキャンペーン リコール (下記 参考) の 対象号機ではなく、 また フランジの 固定具のついたタイプのため


Pb170729_3


今回 燃料ポンプASSY 交換となりました。

(写真のガソリンタンクの下は 弊社のスポンジクッションマットです。地べたではありません。)

エンジンの回転がスムーズにふけあがることと スピードも出ることを確認 修理完了となりました。

参考までに

プレスカブ リコール : http://www.honda.co.jp/recall/090217_2257.html

プレスカブ サービスキャンペーン : http://www.honda.co.jp/recall/campaign/090218.html

2012/11/10

台湾ヤマハ シグナスXーFI 修理 ”エンジンがとまる。”

台湾ヤマハ シグナスXーFI が

”走行中 エンジンがとまり 走行できない。”と修理依頼がありました。

前日より 走行中 ギクシャク エンジンがしゃくる症状があり

次の日に 走行中 エンジンがとまり かからなくなったとのこと

エンジンが冷えるとかかるが すぐにとまり エンジン再始動できないとのこと

さっそく 引き揚げ 

ヤマハ ダイアグで 故障履歴を呼び出してみると 13 吸気圧センサー系の異常履歴があった。

その他 国内FI使用のマニュアルでしらべてみると どうも吸気系は問題なかった。

(他のヤマハ国内モデルでは 吸気圧センサー系の場合 エンジンも止まらないし 走行も可とマニュアルには書いてある。)

お客様に聞いたことによると 以前も 同じ故障で その時 純正フューエルポンプASSY交換でなおったとのこと。

今回は カメレオンファクトリーからでてる強化ポンプに交換することに

(情けない話 ブログを書いているときに ほんと 今 思い出しましたが 当店でも 暖気後のエンスト ほぼ同じような症状で 一度 カメレオンファクトリーの強化ポンプ交換をして修理をしてました。{記憶喪失?交換したのはおぼえていましたが、何が理由かが今やっと。結構 時間をかけていたのに ブログに書いておけば大丈夫!?})

Pb090720_2

ポンプのみの交換のため フューエルポンプASSYよりも格段に安くすみます。

Pb090723_2


端子もしかかり ハンダで固定

Pb090724_2


フューエルポンプASSYを組み付け

エンジンを始動 エンジンがあたたまっても エンジンがとまらず。

走行もギクシャクすることがないことを確認 修理完了となりました。

ポンプ故障で 冷間時の燃料噴射がおおいときだけ なんとか かかっていたみたいでした。

また 故障履歴 13は エンジンがとまる ギクシャクしたときに 感知されているみたいでした。(ヤマハ関係の方にも丁寧なアドバイスをいただきました。ありがとうございます。)

 

駆動系修理

走行中 ガラガラ ガシャガシャ 音がしませんか?

チェーンや スプロケットが へったっていたり さびていたり

新品に交換することで まったく音が消え 気持ちよく走行できます。

Pb090718


ドライブチェーン 前後スプロケット の交換も承ります。

お気軽にお問い合わせください。

2012/11/08

事故見積 修理

事故見積 事故修理 保険会社の対応(物損)も 当店にお任せください。

Pb080717

国内4メーカー(ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキ) 即対応可能です。

お困りの方 お気軽にご相談ください。

2012/10/30

ガソリンタンク板金塗装

カワサキ ゼファー400 が ユーザー車検代行で入庫しました。

その際 

Pa100655_2

ガソリンタンクの傷も 板金塗装ということでお預かりしました。

ガソリンタンクを取り外し 外注ですが 板金塗装に

Pa190676_2

戻ってきた ガソリンタンクを組付け 

指定の修理箇所も修理し 車検後 納車となりました。

弊社では 傷などの修理 板金塗装も受け付けております。

弊社 依頼先は スピーディーですが 難しい色も 上の写真のように (うまく写真がとれていなないのでわかりにくいのですが) 綺麗な仕上がりです。

お気軽にご相談ください。

2012/10/12

Honda DIO 長期保管車両修理

Pa120667

ホンダ DIO が 長期保管(2年)のため エンジンがかからないとのことで修理依頼がありました。

さっそく引き上げみてみると

まず バッテリーは× キャブレターのフロートのドレンを緩めると ガソリンの腐った臭いがし

かつ ガソリンが ガソリンタンクより流れてこないので(フロートバルブの固着)

Pa110659

キャブレターをとりはずし

Pa110660

フロートチャンバーをはずすと 一見 きれいに見えますが

Pa110662

スロージェットはこのとおり 穴も詰まっています。 また フロートバルブも固着していた。

キャブレターを分解清掃 組付け。

スパークプラグ エアクリーナーなど点検。

Pa120663

その他 エンジンオイル、バッテリー、前後タイヤを交換。

試走。 

電装や操作類にも問題がなかったので 無事納車となりました。

2012/10/08

Honda AX-1 長期保管車修理

Pa010624

ホンダ AX-1 長期保管車両が修理で入庫しました。

当然のことながら バッテリーも× エンジンはかかりません。

キャブレターフロートドレンスクリューを緩めると ガソリンの腐食した匂いはするものの ガソリンがタンクからガソリンが流れ落ちてこないので

Pa010627

AX-1 のキャブレターを取り外したことのある方は おわかりでしょうが

とかく フレームとエンジンの隙間がないので はずせる部品ははずし 知恵の輪のごとく キャブレターをうごかしながら 抜きます。 自分も整備士になりたてのころ 何回かはずしましたが はずせたのはいいが 取り付けにまた あーでも こーでも 苦戦します。

Pa010626

洗浄液がこのようになるほどの汚れを 時間をかけ 

Pa010620

キャブレターを分解清掃

組付け エンジン始動。

エンジンオイル、バッテリー、クラッチケーブル等交換 その他交換調整給油等。

試走。

ここで フロントブレーキマスターの動きがおかしく レバー根本から ブレーキフルード漏れが

Pa040631

フロントブレーキマスターを分解

キャブレターフロート内のガソリン同様 ブレーキフルードが固形化 さらに 錆や腐食も

Pa040633

マスターインナーキットを新品部品に

Pa040635

フロントマスターを丁寧に清掃 組付け

もちろん リヤも 清掃ブレーキフルード交換。

Pa040636

AX-1 復活となりました。

今まで 何十年も大切に所有 乗ってこられたバイクを修理させていただき 

ありがとうございました。

参考までに

ホンダ AX-1 : http://www.honda.co.jp/news/1989/2890524.html

2012/10/01

バッテリー交換

バッテリー交換 も 承ります。

海外の価格の安いバッテリーもありますが オートバイや スクーターの場合 車のようにサイズが大きくなく コンパクトでかつ 性能が求められます。

当店では 海外バッテリーも取り扱いましたが 価格なりの性能のため

できるだけ 国内メーカーの GS-YUASA や FBバッテリー(フルカワ) をオススメしております。

例えば

P9220591

ホンダ スクーピー のバッテリーに GS-YUASA YTZ7S 当店販売価格 13,650円(税込)

P9220595

ヤマハ JOG のバッテリーに FBバッテリー FTX5L-BS 当店販売価格 8,400円(税込)

Pa010628

FBバッテリー FTX7L-BS 当店販売価格 11,025円(税込)

いずれも 車のバッテリーにくらべ 需要面や コンパクトで高性能 のためか 高額です。

最近までも 毎年のように 価格が上昇しておりました。 数年前には 定価表示がなくなり オープンプライスとなりました。

当店では

P9220592

バッテリーの交換した年月日をわかるようにし

P9220594

車両の発電電圧 制御電圧は 交換時 かならず点検しております。

バッテリーの交換工賃は今現在 無料です。

お気軽にお問い合わせください。

2012/08/26

ホンダ TODAY 前後タイヤ、バッテリー交換

P8260575

ホンダ TODAY が 前後タイヤ、バッテリー交換で入庫しました。

当店では

メーカー標準装着タイヤ DURO 80/100-10 を

4,000円(タイヤ代、交換工賃、廃タイヤ処分代、税込) / 1本

前後交換合計 8,000円

にて 交換実施中!

当店から一定範囲内出張引取り無料にて

バッテリー は 安心信頼の国内メーカー GS-YUASA YTX4L-BS を

バッテリー代 7,350円(税込) 

にて 交換実施中! 交換工賃は無料です。

2012/08/13

ヤマハギア(パーキングスタンド仕様) 修理 ”走行時 加速時 たまに しゃくる。”

ヤマハギア(パーキングスタンド仕様 4サイクル フューエルインジェクション)が ”走行時 加速時に たまに しゃくる。”とのことで修理依頼がありました。

加速時 アクセルをあけていても 急に凄い減速 エンジンブレーキがかかったようになり また 何かの拍子で加速したりするとのこと

さっそく引き上げ 試乗してみることに 

やはり たまに 加速時など アクセルをあけて 加速している途中で 凄いエンジンブレーキがかかる。

後続車両がいると危険。

燃料が カット もしくは 点火が なんらかの原因で たまにカットされ エンジンブレーキがかかる感じだった。

まず この車両は

P8110528

フューエルインジェクション車両なので センサー類に異常がある場合 オレンジのエンジンマークが 点灯する。

また 故障箇所の履歴も 記憶しているが

今回 点灯もなかったことから 警告灯がつくところのセンサーの異常ではないみたいである。

いっきに エンジンブレーキをかけることができ 異常ランプのつかないところ

ぱっと思いついたのが パーキングスタンドのスタンドスイッチ

パーキングスタンドで停車中 エンジンはかかるが 安全のため アクセルをあけても加速しないようになっている。

P8110529

パーキングのスタンドスイッチは 通常走行で 導通があるので 上の写真のようなものをつくり スタンドスイッチのかわりにつけ 走行。

症状がまったく なくなったことから

P8110527

パーキングスタンドスイッチを交換。 

スイッチが接触不良で 振動などで 導通がきれたりしているみたいだった。

パーキングスタンドの取り付けのガタツキも点検。

交換後 試乗し 症状がなくなったことを確認 修理完了となりました。

ヤマハ JOG(4stFI) 修理 ”水温ランプが点灯する。”

ヤマハ JOG 4サイクル フューエルインジェクション車両が ”水温ランプが点灯する。”とのことで入庫しました。

さっそく 引き上げ見てみることに

P7200474_2

リザーブタンクは 空で

P7200476_2

ラジエター側も 冷却水が減っていた。 また

P7200477

エンジンオイルに何か混ざっている感じがあることと 冷却水を補充後 エンジンを始動。 ラジエターホースなど外部がもれがないことから 内部での漏れと判断。

以前も ヤマハ ギア 4サイクル フューエルインジェクション車両で同じようなことがあり

そのときも ラジエター液が減少しており 補充しても 1カ月もたないくらいで 水温ランプが点灯していた。

今回は 約1週間で おなじく 水温ランプが点灯したとのこと。

さっそく 前回 同様 ウオーターポンプを取り外し

P7210485

プレートをはずすと

P7210486

このベアリングまわりの穴は クランクのブリーザーとして 最終 エアクリーナーとホースで結ばれているが いかにも おかしい。

P7210487

ウオーターポンプのシール ニップル部分がめくれている。また ベアリングも少しガタついているので

P7210488

ポンプASSY交換でもいいのですが 少し金額が高くなるので

シール ベアリング インペラ を交換。

P7210489

この部分から

P7210491

しかっり 冷却系統のエア抜きをおこない ラジエター液を注水。

ラジエター液交換時 エア抜きをしないと エアがのこり 最終 焼きついたりしてきます。 注意が必要です。

お客様に 納車してから 約1週間後 水温ランプの点灯 ラジエター液の減少がないことを確認。

修理完了となりました。

ホンダ プレスカブ 修理 ”キックペダルが戻ってこない。”

P8060519

ホンダ プレスカブ ”キックスタータペダルが 戻ってこない。” 修理がありました。

もちろん さっそく 右クランクケースカバーをとりはずしてみると

P8060523

キックリターンスプリングが折れていた。

P8060524

キックリターンスプリングを交換 組付け

キックスタータペダルが 戻ってくることを確認 修理完了となりました。

プレスカブ 修理 ”フロントまわりがぐらぐらする。”

ホンダ プレスカブ が ”フロントまわりが ぐらぐらする。”とのことで修理依頼がありました。

さっそく 引き上げみてみることに

センタースタンドをかけ フロントを少しもちあげ みてみると

フロントフォークに対して フロントホイールがぐらぐら サスペンションアームごと 動くので

とりはずしてみると

P8060517_2 

サスペンションアームの ブッシュと カラーが 磨耗 これだけの隙間が

P8110531

左右サスペンションアーム カラーを交換。

ホイールベアリングも多少ガタつきがあったので 交換。

ぐらつきがなくなったことを確認 修理完了となりました。

2012/07/26

スズキ モレ 修理 ”リヤまわりから 嫌な異音がする。”

スズキ モレ が ”リヤまわりから 嫌な異音がする。”とのことで入庫しました。

さっそく 試走してみると リヤまわりから カコッ ガッ と嫌な異音がする。

リヤホイールをまわすと 明らかに引っかかる感じがするので

P7260499

リヤホイールナットをはずし 右リヤスイングアームをはずすと

P7260501

ベアリングが損傷していた。

トランスミッション部分も分解 傷んでいる部品交換となりました。

ヤマハ ギア クラッチ修理後 異音

ヤマハ ギア アイドリング時から 前に進む 加速が悪いとのことで 入庫

P7260504

クラッチスプリングが 1つ損傷し クラッチが アイドリング時から つながった状態に

また 写真のように クラッチシューが磨耗限界のため

ヤマハ 設定の クラッチASSY(上の写真の部品ASSY)を交換。

しかし 交換 納車後 異音がするとのことで 再修理

クラッチのあたりを確認すると 明らかに いびつなあたりだった。

前回交換したクラッチASSYをみてみると

P7260507

クラッチが ホルダーに対して 斜めになっており

当然

P7260510

アウターも斜めに かなり磨耗していた。

P7260512

結局 クラッチアウターも交換。

発進時の異音がなくなったことを確認 修理完了となりました。

クラッチASSY交換時 クラッチの磨耗だけでなく 歪みがでていることにきがつかなかったことが 失敗の元です。

2012/07/16

ヤマハギア 修理 ”水温警告灯が点灯する。”

ヤマハ ギア 4サイクル水冷スクーターが 修理で入庫しました。

”以前 水温警告灯が点灯 最寄のバイクショップにラジエター液を足してもらったが 約1カ月でまた 水温警告灯が点灯した。”とのこと

使用頻度は 1日10kmぐらい ほぼ毎日使用とのこと

さっそく リザーブタンクを見ると

見事に空だった。

P7160463

ラジエター側も入っているが 少しへっていた。

P5260244

ラジエター液を補充 エンジンを始動し ホースなどの 外部への漏れを点検したが どこからも 漏れていなかった。

エンジンオイルを見ると どろどろで何か混ざった感じだったので

冷却系からエンジン内側に漏れていると判断。

毎日 使うとのことなどで いったん お返しし

だいたいの部品を先に取り寄せました。

部品入荷後

P7160451

ウオーターポンプを取り外し まず エンジン側の部分のオイルが白濁(ラジエターの水分が混ざり)し ポンプ周りの隙間に 明らかにポンプ側のラ時エター液が駆動側のエンジン側に漏れている。

(写真は 当日 作業返しで急いでいたので 写真 ぶれているのに気がつきませんでした。すいません。)

さらに ポンプシャフトベアリングが がたついて ゴロゴロしていた。

P7160457

さらに ラジエター ポンプ側のシールのニップルが削れ スプリングもはずれていた。

P7160459

ベアリング と ウオーターポンプシール(オイル ウオーター側 一体型)を交換。

P7210495_2

ラジエター液 と エンジンオイルが混ざった エンジンオイルを 

どろどろのエンジン内をフラッシング 交換。

漏れのないことを確認。納車となりました。

プレスカブ 修理 ”ヘッドライトバルブが 2,3日で切れる。”

ホンダ プレスカブ が 修理で入庫しました。

ヘッドライトバルブ(電球)が 2,3日のペースで切れてしまうとのこと。

さっそく 引き上げ

制御電圧からみてみることに

P6170363

バッテリーでの計測値は 制御電圧内であった。

P7160451_2

整備士になりたてのころ 購入した ホンダサービスマニュアル共通編 内容は 20年くらい前の内容なので 古いですが

P7160452

参照し

ヘッドライト制御電圧を計測することに

P6170360

まだまだ 勉強不足 DCレンジ ピークボルテージを使用 12V車なのに 18.4Vも 異常!

こういう点検が失敗の元です。

プレスカブのサービスマニュアルには

P7160455

ACレンジで測定と書いてあります。

P7160457_3

アイドリングから 規定回転数もしっかり制御範囲内であった。

今回 原因も分かり修理完了となりましたが

原因については 今回は内緒とさせていただきます。すいません。

※ 修理時 いい加減なことをすると 原因にはたどり着かないいい例でしたし、電気の勉強不足を痛感!        お客様との会話の一言から 原因が分かる場合もあり 修理はおもしろいです。

P7170456

ヤマハ ジョグ 2サイクル 点検修理

ヤマハ JOG 2サイクル車 が

点検修理で 入庫しました。

P7010405

ヤマハ車でよくあるのが

P7050447

インシュレーターの劣化による亀裂

P7050448

酷いと内側まで 当然 エアを吸いますので 不調ですし 始動もわるいので交換

P7050450

こういたった 点検 修理もお引き受けしております。

※ただし インターネットにかぎらず 中古で購入され不調のバイクにおいては 修理履歴もわからず なかには すごいことをしてある場合が多々ありますので(例えば 凹んだつぶれたフレームをパテでもり 塗装など) お時間 と 金額がかかる場合がございますし 場合によってはお断りさせていただいております。

2012/07/10

ユーザー車検代行時の修理

P7100455_3   P7100458_4

ユーザー車検代行時 気になる部分があれば 当然 見積りや 修理もお引き受けしております。

店舗の規模や設備の都合 部品の供給面、サービス情報面などで お引き受けできない場合もございますが

お気軽にご相談ください。

※電話、メール等での見積もりは 実車を見ての見積りではございませんので おおまかな見積りになることをご了承ください。 よろしくお願いします。

2012/07/05

台湾ヤマハ シグナスXーFI 修理 ”エンジン回転が 5000rpm(回転)までしかあがらない。”

P7050427

台湾ヤマハ シグナスXーFI ”エンジン回転が 5000rpm(回転)までしかあがらない。”とのことで修理依頼がありました。

時速も60km/hまでしかでないし 坂道も遅いのできついとのこと。

さっそく 引き上げみてみることに

P7050431

まず エンジンはすんなり始動。センタースタンドの状態で アクセルをあけても 回転が重く 5000回転までなんとか 上がる感じだった。

もちろん 試走すると 加速もわるく エンジンの回転があがっていかないので 遅い。

今回 FI(フューエルインジェクション車)なので FIの異常ランプは点灯していないことから センサー類の異常ではなさそうなので

基本的なプラグ エアクリーナーを点検 異常なし。

回転の重さが ふんずまりのような感じだったので 空気量がすくない感じ

例えば エアクリーナーの入り口にタオルなどで 塞いだ感じ。

P7010409

スロットルボデイーを見てみることに

P7010406

スロットルボディーの このバキュームピストン。

P7010407

ダイヤフラム部分が損傷している。

当然

P7050436

アクセルで スロットルバルブがひらいても

P7050442

ダイヤフラムに負圧がかかりにくいので

P7050444

バキュームピストンがあがらりきらないし あがりづらい。

エアクリーナーからの空気量がエンジン回転においつかないので エンジン回転があがらない。

この バキュームピストンのみの単体部品が設定されていないため

P7050430

今回は スロットルボディーASSY交換となりました。

(※弊社 台湾ヤマハ 部品取り寄せ可能です)

組み上げ 試走 エンジン回転も アクセルに応じて吹けあがり 坂道 発進加速 最高速も問題なくでることを確認修理完了となりました。

P7040410 コーヒーまでいただきありがとうございます。

2012/06/16

修理 ”エンジンはかかるが 走らない”

修理 ”エンジンはかかるが 走らない”と修理依頼がありました。

さっそく ドライブベルトケースをあけてみると

P5310263

ドライブベルト が ズタズタに

P5310267

さらに ベルトの繊維を巻き込み クランクのオイルシールまで 痛んでいます。

P5310266_2

ドリブンフェイスの

P5310264

冷却フィンも ズタズタのベルトを巻き込み 損傷。

P5310265

ローラーガイドピンの穴も 磨耗で変形(こちらはベルトが切れたためでなく 磨耗による劣化)

さらに ドリブンフェイスの ボールベアリング側にもガタつきがあるため

(ドリブンフェイスのベアリングにガタつきがある場合 センタースタンドで リヤタイヤを 手で空転させると ゴー と音がします。)

P6160354

ドリブンフェイス ローラーガイド ローラーガイドピン Oリング交換。

ドライブベルト ウエイトローラー スライドピース クランクオイルシール も交換

クランクオイルシールからのオイル漏れがないこと。 発進 加速なども問題ないことを確認 異音もなく 修理完了となりました。

2012/06/15

部品納期

自動車などの 部品供給は 1日に何便も入ってくるそうなのですが

オートバイの部品供給は 早くて1日後です。

弊社でも

ホンダ、ヤマハ、スズキの純正部品に関して オートバイ正規ディーラー並に 昼まで 注文分は 平日ですと 後日入庫する体制でやっております。 ただし カワサキの純正部品に関しては 2日後となっております。

また タイヤに関しては 午前中までの注文ですと メーカー問屋に在庫ある分ですと 当日入庫です。

できるだけ 迅速に対応できるよう心がけておりますが 修理予約 預かりの状況によりお待たせする場合がございます。

修理依頼時は お気軽に電話、メールなどで ご連絡いただければたすかります。

2012/06/08

修理 ”4千回転まで もたつく”

修理 ”4千回転まで もたつく”とのことで修理依頼がありました。

”低回転にトルクがなく 発進など エンジンをふかさないと 息継ぎする。”

さっそく 引き上げ 試走してみると

半クラッチをし エンジンの回転を4千回転以上にしないと スムーズに発進できない。

さっそく プラグ エアクリーナーから点検してみると

P6040286_2

エアクリーナーエレメントが かなり 劣化しており

P6080301

取り外しただけで ちぎれた。

この カスカスのスポンジがキャブレターに吸い込まれたみたいなので

P6080298

キャブレターを取り外し分解清掃。

組付け試走したが

症状は改善したが

1500回転から 2000回転まで もたつき

2000回転でどっと パワーが出る感じで

低回転での発進しながらの右左折がぎこちない

そこで

P6080300

キャブレターの同調を点検 同調があっていませんでしたので

同調をとり 組み上げ

試走。

1500回転から2000回転の息継ぎもなくなり 違和感のないフィーリングになり 修理完了となりました。

スポンジタイプのエアエレメントんぽ長期使用はこのようなリスクがあります。

定期的な交換がベストです。

修理 ”ニュートラルランプが点灯が弱く 消えたりする。”

別件修理中

インジゲーターのニュートラルランプの点灯が弱く 消えたりするので

P5250230

ニュートラルスイッチを点検 左が新品部品 右は先端が磨耗しています。

これでは なんとか接触する程度

P5250233

新品部品に交換。

P5250236

ニュートラルスイッチが しっかり点灯することを確認。依頼分の修理とあわせ 修理完了となりました。

Honda プレスカブ 修理 ”エンジンオイルがもれてくる。”

ホンダ プレスカブ が ”エンジンオイルがもれてくる。”とのことで修理依頼がはいりました。

さっそく引き上げ みてみると

P6080306

シリンダーヘッドカバーのあわせ面から エンジンをかけると

P6080307

エンジンオイルがエンジン内の圧力によって すぐにしみだしてくる

P6080309

新しいヘッドカバーガスケット マウンティングラバーに交換。

P6080310

とりはずしたヘッドカバーガスケットは硬化してしまい とりはずし時 割れてしまった。

P6080312

エンジンまわりを清掃 他の箇所からも漏れがないことを確認修理完了となりました。

Honda シルバーウイング リヤタイヤ リヤパッド交換

P6080304

ホンダ シルバーウイングが リヤタイヤ、リヤパッド交換で入庫しました。

当店では

リヤタイヤ IRC SS530 150/70-13 を

タイヤ代 7,875円、 交換工賃 2,100円、 廃タイヤ処分代 315円

合計 10,290円(税込) にて交換実施中!

当店から一定範囲内出張引取り納車代無料にて

気軽にお問い合わせください。

2012/06/02

Honda プレスカブ 修理 ”急に スピードがでなくなり。シューっと異音がする。”

ホンダ プレスカブ 修理 ”急に スピードがでなくなり。シューっと異音がする。”と修理依頼がありました。

走行中 急になったとのこと

さっそく 引き上げみてみると

P5310255

エンジンは始動するが マフラーの排気口から 排気ガスが でてこない。

エンジン回転をあげると ”シューシュー”とあきらかにマフラーが詰まっている。

さっそく マフラーを取り外し

P5310256

水抜き穴から エアガンで圧縮空気を送り込むと エキパイ側(エンジン側)には 通じているが やはり サイレンサー(排気口側)には 通じていない。

P5310259

排気口から 圧縮空気を吹き込むと

P5310260_2

カーボンが どわっと ふきだしました。

また 今回 走行中になったとのことなので カーボンなどで 細くなった通路に外れたカーボンでふさがれた可能性があり はずしても また なる場合があるので

P6020271

新品マフラーに交換。

P6020272

排気もしっかり スピードもでて シューシュー異音がなくなったことも確認。修理完了となりました。

2012/05/24

Honda プレスカブ 修理 ”エンジン不調で アイドリング時エンジンがとまる。”

ホンダ プレスカブ が ”エンジンが不調で アイドリング時 エンジンがとまる。”とのことで

修理依頼がありました。

”アイドリングアジャスタースクリューをまわして アイドリングをあげても やはり 不調で とまる。”とのこと

引き上げ さっそく エンジンをかけてみる エンジンは始動するが アイドリングでおいておくと プスプスととまる。

同じく アイドリングアジャストスクリューを締めこんで アイドリングをあげると アイドリングするが アクセルをスナップすると 回転の落ちがわるいし。落ちたときにそのまま エンジンがとまることがある。

さっそく

P5240184

スパークプラグを点検。磨耗はしているが プラグが原因ではなさそうである。

次に キャブレターのドレンスクリューを緩め

P5240186

ガソリンが キャブレターまできているか? ガソリンに水など混入していないか? 確認。

問題なしだった。

P5240188

コックをOFFにして 燃料コック下のドレンチャンバーと フィルターを点検。

P5240190

多少異物はあるものの つまったりするほどのこともないし フィルターも大丈夫だったので

キャブレターを分解してみることに

P5240195

キャブレターチャンバーに異物 何か腐食したようなものが

また

P5240201

スロージェットも 軽く腐食して汚れているし

P5240210

ジェットの穴がつまっている。

P5240204

キャブクリーナーに浸したあと 細い針金で スロージェットを傷つけないように 

P5240209

穴の詰まりを除去

P5240207

ジェットもきれいに もちろん キャブレター全体をきれい もちろん その他 通路も清掃 確認。

さて チャンバー底の腐食は 何か?

あきらかに チャンバーの底が腐食している。

燃料に水の混入もないし コック部分にも 水などはなかった。

ただ

P5240217

ブリーザーセパレーターのドレンをはずすと 水分と オイルと水のまざったクリーム状の汚物が

ブリーザーセパーレターでは クランクにたまった未燃焼ガスをエアクリーナーに還元させているのですが

P5240220_2

この黒いプラッチック部分で 冷やされ 水分などは 先ほど ドレンチューブにたまるように  

未燃焼ガスはエアクリーナーに

ただ 先ほどのように しばらく ドレンから水分を抜いてあげていないと セパレーター部分まで水位があがり 先ほどのような異物がエアクリーナーに 

このタイプは エアクリーナーエレメントを介さず コネクテクティングチューブ キャブレターに入っていきますので

その経路で 入った水分 汚物が キャブレター内のドレンチャンバーに チャンバーも腐食させたのでは? さらに 今回 スロージェットを詰まらせ エンジン不調に

今回  たまに 水を抜いていただくか また 弊社 修理時に抜いておくことを 説明

キャブレター組付け後 エンジン不調 アイドリングストップもなくなり 修理完了となりました。

※プレスカブでも インジェクションタイプや ブリーザー大気開放など さまざまなタイプがありますので すべてがこのタイプではございません。

2012/05/22

電動アシスト自転車パンク修理

P5220198

電動アシスト自転車 が パンク修理で入庫しました。

さっそく チューブを はずして 点検

P5220203

パンクしています。

P5220204

今回 タイヤの異物も点検しましたが チューブの傷跡などから

P5220200 

ムシゴム 劣化による 空気圧不足 もしくは しばらく 空気をいれなかったための空気圧不足による

チューブの よじれ跡付近から もれていたました。

パンク修理 及び

P5220202_2

ムシゴム交換で修理完了となりました。

もちろん フロント側のムシゴムも新品に交換。

定期的な空気圧点検も必要です。

また 空気をいれても 数日で 空気圧が抜ける場合 ムシゴムの点検も必要ですね。

2012/05/17

Yamaha MT-01 エンジンオイル交換 点検

P5170184

ヤマハ MT-01 エンジンオイル交換 及び 簡易点検で入庫しました。

ヤマハ MT-01 は 指定標準OIL SAE20w40なので

ヤマハ純正オイルを使用。 

簡易点検 ドライブチェーン調整給油 空気圧 電装点検など

話はかわりますが

P5170183

この 迫力のある エンジンレイアウト さすが ヤマハ

そして ハーレーのような Vツインのアイドリングは鼓動があり それにあわせて サイドスタンドをだしているにもかかわらず エンジンの鼓動にあわせて 車体も

また 変な異音もなく 鼓動のみのアイドリング音 さすがです。

参考まで

ペーパークラフト MT-01 : http://www.yamaha-motor.co.jp/entertainment/papercraft/ultra/

Honda プレスカブ パンク修理

ホンダ プレスカブ が パンク修理で入庫しました。

パンク修理時 パンクのパッチはり チューブ交換はもちろんですが

なんで パンクしたか?が重要です。

今回

P5150167

写真 まったく わからなくてすいません。 何かでかるく ひっかかいた 跡が それもわずかに

今回 タイヤをはずし タイヤの異物をさがすも なかなか

ただ わずかに

P5150163

ひっかかりました。

トレッド側は

P5150165

ささった跡だけ この部分をおしてあげると

P5150171

押しピンの針のようなものが

やはり パンクの原因 そして その対称物を発見することが大事です。

たまに 抜けてない場合や 自転車のパンクなど 小さい木屑など わかりにくい異物もあります。

異物を発見 とりのぞけない場合 また パンクです。

パンク修理 なかなか どうして 奥がふかいかも!

2012/05/14

Honda プレスカブ 修理 エンジン腰上OH 他

P5140153

ホンダ プレスカブ 異音と不調 その他 修理で入庫しました。

今回もシリンダー ピストン ガスケットキット バルブ、ポートのカーボン除去 バルブ擦り合わせなど その他 ブレーキ引きずり チェーン交換など もちろん エンジンオイル スパークプラグも

不調も治り 快調に。

買い換えるか 修理するか お困りの場合 お気軽にご相談ください。

2012/05/13

スズキ アドレスV125G リヤタイヤ フロントパッド交換

P5130148

スズキ アドレスV125G が フロントパッド リヤタイヤ交換で入庫しました。

弊社では

リヤタイヤ DURO 100/90-10 を

タイヤ代 3,990円、 交換工賃 1,575円、 廃タイヤ処分代 157円

合計 5,722円 

フロントパッド NTB SZ351 を

パッド代 2,625円、 交換工賃 1,050円

合計 3,675円

にて交換実施中!

お気軽にお問い合わせください。

PS.ご来店いただきありがとうございました。

2012/05/09

Honda プレスカブ ドライブチェーン 前後スプロケット交換

ホンダ プレスカブ が ”チェーン調整したが 異音がする。”とのことで修理依頼が入りました。

見てみると

P5090115

チェーンアジャスターは ぎりぎりまで 引っ張り 調整されていたし

P5090116

チェーンをつまむと 簡単に チェーン と スプロケット に隙間が

チェーン も スプロケット も磨耗しているので

P5090117

ドライブチェーン 前後スプロケット の3点セット を交換。

異音もなく 走行することを確認 修理完了となりました。

弊社では

プレスカブ の ドライブチェーン 前後スプロケット 3点セット交換を

ドライブチェーン RKもしくは DID 420-100L   2,100円

純正ドライブスプロケット(13T) 23800-GB4-000  1,165円

純正ドリブンスプロケット(42T) 41201-GBJ-740  2,173円

交換工賃  3,150円

合計  8,588円(税込) にて交換実施中!

もちろん弊社から一定範囲内 出張引取り 交換後の納車代無料にて

お気軽にお問い合わせください。 

2012/05/02

Honda スーパーカブ 修理 ”エンジンがかからない。”

ホンダ スーパーカブ が ”走行中 エンジン不調も ついに エンジンがかからなくなった。”と修理依頼がありました。

さっそく 引き上げ ガソリンがまずはいっているか?コックがOFFになっていないか?チョークが引きっぱなしでないか? 点検

異常がないので スパークプラグを点検

P5020096

取り外した スパークプラグ(写真 右) ギャップが広がり ガソリンでかぶっていた。

さっそく 新品スパークプラグ(写真 左) に 交換。

キック 一発でエンジン始動。

アイドリングを少し調整。 エアクリーナー オイルなど点検後

P5020097

端子が腐食し まったく 電圧がなく ウインカーの点滅もせず ランプもなんとかついている状態だったので 

バッテリーを交換。

ウインカーもしっかり点滅 ライト類も明るくなった。

その他 電装も点検 修理完了となりました。

弊社では

スーパーカブ(キックスタータ)タイプ なので

今回は 海外バッテリー プロセレクト PT4L-BS に交換。

バッテリー弊社販売価格 3,150円(税込)、 交換工賃 無料 で交換実施中!

セルスタータ付 や 寿命 信頼性を重視する方には

国内メーカー GS-YUASA YT4L-BS をオススメしております。

バッテリー弊社販売価格 5,250円(税込)、 交換工賃無料 で交換実施中!

お気軽にお問い合わせください。

2012/04/30

事故修理 も おまかせください。

弊社 事故による見積り対応 事故修理 もお受けしております。

例えば 転倒 事故 などで

P4300076

フロントまわり が まったく 違う方向に

P4300085

このような場合も 見積り 見積り後の 修理ももちろん。

P4300082

このように 悪い部品をピックアップして交換。安心して乗れるように。

また

P4300086

リヤボックスのクッラック なども 裏からファイバーを張っていただき(専門業者に依頼)

P4300088

表面の外傷もまったく わからないぐらいに 板金塗装などもOK(専門業者に依頼)

事故などの 見積り 修理にお困りの場合 弊社にお気軽にご相談ください。

Honda ズーマー 修理 ”道路の段差などで 車両が跳ねる。”

ホンダ ズーマー が ”道路の段差などで 車両が跳ねる。” と修理依頼がありました。

ギャップなどで 車両が跳ね 危なくて 乗れないとのこと

さっそく 引き取りに センタースタンドをおろした 瞬間でも まったく サスペンションが機能してないような感じで センタースタンドをおろした ショックがそのまま 手に伝わってきた。

またがってみて 車両を前後に フロントブレーキをかけて 動かすと まったく 前後に動かない。

さっそく 引き上げ サスペンションをみてみることに

P4300072_2

リヤサスペンション シャフトが 曲がっているし

P4300068

写真 下の 新品リヤショックに比較すると あきらかに 少し縮んだ状態でかたまり まったく 作動しなかった。

また フロントサスペンションも

P4300067

動きが ガキ ガキ と渋く 少ししか 作動しないので こちらも 新品サスペンションに交換。

P4300066

純正サスペンションは Made in Japan です。

P4300075

前後サスペンション交換 エンジンマウントの歪み 緩みなど点検

試走して 段差などのショックをサスペンションが吸収 緩和してくれてるのを確認。

修理完了となりました。

2012/04/28

Honda Dio 修理 ”後輪ロック まったく動かない。”

ホンダ 4サイクルDIO(AF62) が ”後輪がロックし まったく動かない” と修理依頼が入りました。

さっそく 現地まで 引き上げに 後輪ロック 甘く見ていました。 前後に動かしてもまったく動きません。ブレーキレバー ブレーキカムはうごきますので ブレーキのロックではないようです。

また 依頼時に 聞いた内容では Vベルトの破損によるロックと推測していましたので ハンドルロックがかかっていも 引き上げ可能と考えていたので 痛い目にあいました。

引き上げにすこし 体力を使い 何とか お店に

ブレーキ系ではなさそうなので さっそくベルトケースカバーをあけると

P4280034

ドリブン側から 金属片がぽろり 後輪が うそのように回ります。

P4280035

この金属片 ドライブ側の冷却フィンが 振動 回転で破損? した金属片と判明。

今回 ゴールデンウイーク中なので その他フィンを確認 応急修理となりました。

フィンの部分の金属の厚みがたらないのでは?もしくは 別の修理時に破損?

P4280037

ムーバブルフェイスには あきらかに 金属片による傷あとが もちろん ペーパーをあて 修正。

応急修理完了となりました。

Honda プレスカブ エンジン載せ換え

P4280030

ホンダ プレスカブ が 異音がするエンジンから 事故車両でストックされていた車両から 載せ換えてとのことで修理依頼がありました。

P4280032

こちら方向からとると どちらが 故障しそうなエンジンが一目瞭然です。

奥のエンジンはオイル漏れでベトベトです。

手前のエンジンに載せ換え エンジンオイル、プラグなどは新品に

この手のエンジンですと 予約いただければ 当日仕上げ可能です。

お気軽にお問い合わせください。

2012/04/23

ホンダ プレスカブ 修理 ”エンスト、パワーがない、異音、白煙”

ホンダ プレスカブ が ”エンスト、パワーがない、異音、白煙”で修理依頼がありました。

異音に エンスト パワーがなく坂道のぼらない オイル漏れ マフラーから白煙。

P4230359

申し訳ございません。 写真データを上書きしてしまい これしかないのですが

走行距離 9万キロ超えのプレスカブ 

異音 ヘッドガスケットがとび アクセルをあけると ”ピキ ピキ”と異音

エンスト 加速しない は ガスケットとびによる 燃焼室へのオイルの流入 燃焼室 バルブ ポート の カーボンは半端なく バルブあたり面にもカーボンかみこみ カーボン除去 バルブあたり修整。

オイル漏れ ヘッドガスケットまわり キックスタータシャフトのオイルシール交換

マフラー白煙 バルブステムシール シリンダー ピストン ピストンリング ヘッドガスケット交換。

クランクベアリングはOKのため

今回は腰上OHで修理完了となりました。

もちろん アイドリング 加速 パワーも回復。 白煙もなくなりました。

今年も エコカー補助金3000億円(どこからどこに お金はありますね。いい車は補助金なしでも売れるとおもいますが)

修理してのるのもエコでは。

参考までに

エコカー補助金 : http://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_fr10_000012.html

2012/04/18

Honda トピック 修理 ”加速がわるく。スピードでない。”

ホンダ トピック が ”加速がわるく。スピードでない。”とのことで修理依頼がありました。

さっそく 引き上げ 試乗すると

0スタートからの加速が 歩き出すぐらいのスピードで もわっと なんとか加速する状態だった。

マフラーの排気口に手をあてると しかっり排気圧があり マフラー詰まりではなさそうだった。

プラグ エアクリーナー点検後

駆動系部分をみてみることに

P4180350

ベルトケースをあけ 変速に重要な ムーバブルフェイスをはずすと

P4180351

写真の ウエイトローラーははずしたときに ばらばらになっただけです。

しかし

P4180353

ウエイトローラーは 磨耗し 1つは 破損していました。

これでは 変速も また 最高速もでなくなります。

ウエイトローラーはもちろん 駆動系部分を修理

組み付け後 しっかり加速し 速度も出ることを確認 修理完了となりました。

2012/04/13

ホンダ プレスカブ 修理 ”真直ぐ走らない。 ハンドルがとられる。”

プレスカブ 修理 ”真直ぐ走らない。 ハンドルがとられる。”

修理前の写真をとりわすれましたので 今回は 結果から

P4130349

フロントフォークセット ボトム トップ ベアリング レース カラー を交換。

P4130350

これは交換後の 右側 フォークとホイールの隙間

逆側は

P4130351

写真上 わかりやすいように 指ですが ほぼ 同じ間隔になりました。

交換前は この左右の隙間がまったく いびつに違いました。

当然 フォークに対して ホイールが傾いた状態になります。

ハンドルはとられますし 曲がるときも 右左でかなりの違いが。 

フロントブレーキもあぶなくてかけれません。

では なぜ

P4130354_2

プレスカブ系のフロントフォークセットは 鉄板のモナカ式のため 前まわりに転倒 事故など大きな衝撃を受けると

上記 写真のように ステムを支点として 弱い部分が曲がってしまいます。

このタイプは 当然 修整も難しいため 新品部品の交換となりました。

試走し ハンドリングがとられないこと。 左右にまがるときに 違和感がなくなったことを確認 修理完了となりました。

2012/04/01

JOGアプリオ 修理 ”走行中 エンジンが急にとまり 再始動しない。”

ヤマハ JOGアプリオが ”走行中 エンジンが急にとまり 再始動しない。”と修理依頼が入りました。

アクセル全開で走行中 急にとまったとのこと。

さっそくみてみることに

ガソリンははいっているし キャブレターまで来てるので

今度はスパークプラグ 点火チェックをしてみることに

P3290314_2

スパークプラグをとりはずしてみると 中心電極 外側電極に カーボンが焼きつき? へばりついて 火花ギャップがうまっている。

当然 これでは 火花がとびません。

P3290316

新品スパークプラグと比較すると 一目瞭然です。

今回 圧縮をはかり 数値には異常がなかったので

スパークプラグを交換。

エアクリーナー インシュレーターのクラックや 2次エアの吸い込み オイルポンプのオイルの吐出を確認。

ガソリンタンクのガソリンに 2サイクルオイルをほんのすこし 混合させ。

しばらく 全開より抑えて 乗っていただき 様子をみていただくことで 納車させていただきました。

参考までに

スパークプラグの構造 : http://www.ngk-sparkplugs.jp/products/sparkplugs/basic/01_03.html

2012/03/29

ホンダ ズーマー カスタム ”スクリーンとりつけ。”

ホンダ ズーマー ”スクリーンをつけてほしい。”とのことで依頼がありました。

ズーマー用のウインドスクリーンをさがしてみると

意外と 純正アクセサリー 専用社外品がすくなく

価格も高かったので

P3290313

今回 汎用品をとりつけ

スペーサや ハンドルスイッチ部分の簡単な加工で取り付けることができました。

これで 雨の日 負担が軽減できます。

2012/03/26

Honda ズーマー 修理 ”エンジンがかからない。”

ホンダ ズーマー が ”エンジンがかからない。”と修理依頼がありました。

”セルはまわるし、先ほどまで 乗っていた。”とのこと

さっそく引き上げみてみると

P3260286

プラグのスパークチェックをしてみると 火花が飛んでいない。

順をおって みていくと

P3260287_2

イグニッションコイルの配線に導通がなく

P3260289

配線の折れた部分の皮膜が変色していた。

P3260292

配線を引っ張ると 皮膜がのびてくるので

P3260293

当然 銅線部分は切れていた。

この部分を修整 配線をおれないように 配線しなおし

P3260296

スパークプラグに火花が飛ぶことを確認。

組み上げ エンジンが問題なくかかることを確認。

修理完了となりました。

2012/03/21

ホンダ プレスカブ修理 ”エンジンがかからない。”

ホンダ プレスカブが ”エンジンがかからない。不調。”とのことで修理依頼がはいりました。

さっそく 引き上げ みてみる事に

エンジンをかけるため キックスタータを踏み込んだが キックペダルは荷重をかけずとも

スコスコ動き キックに反力がないことから 圧縮不良不良を疑いました。

何回もキックしていると かかりましたが

アイドリング時から マフラーから 白煙 エンジンの回転をあげるのと比例して 凄い白煙が (写真をとりわすれました。)

また アイドリングがよわよわしく たまに エンジンがストールしてしまう。

白煙が 回転に応じて 凄いので オイルあがりと 何らかの圧縮不良を疑い エンジンをあけることに

P3210262

シリンダーの余分なオイルを掻きおとす オイルリングが スラッジなどで 固着 まったく 機能していないみたいだった。

P3210269

新品のピストン ピストンリングに交換

P3210274

バルブシール バルブの擦り合わせ カーボン落としをしてから ヘッドを組み付け

P3210275

キックの反力があること アイドリング時 エンジン回転をあげたときに 白煙がでてこないことを確認

修理完了となりました。

話はかわりますが 50ccの場合 大排気量や 多気等にくらべ 排気量が小さいので すこし 圧縮がおちれば 加速不良 キックスタータが軽いなど 症状がでやすいので 分かりやすいと思います。

4サイクルより 圧縮の低い 2サイクルスクーター50ccでも 軽い焼きつきなどは 加速不良がでるので 症状はわかりやすいです。

加速不良の場合は 0からの加速が鈍く また 最高速到達までにも時間がかかり 負荷のかかる坂道 カーブ減速後の加速は顕著にでますし 最悪の場合 息つきを起こします。

4スト 50cc車両は エンジンオイル容量もわずかで 強制空冷などの場合はさらに オイルに負担がかかりますので 早めのエンジンオイル交換をオススメします。

修理 ”クラッチがすべる。”

”走行中 クラッチがすべる。”と修理依頼がありました。

さっそく引き上げ 試乗してみることに

1速 2速 3速と加速 アクセルをいっきにひねると

速度は上がらないが エンジン回転が7500回転をこすと 一気に跳ね上がる。

あきらかに 滑っている。

もどって クラッチケーブルの異常 遊びなどを確認 異常がないので

P3190253

さっそく クランクケースカバーをはずし

P3190254

クラッチを分解

P3190256

クラッチデイスクは真っ黒に焼けていました。

P3190259

新しいクラッチフリクションディスク クラッチプレート 

走行距離がかなり おおいので クラッチスプリングも交換。

P3190260

当然 センターロックナットは使い切りなので 新品に

P3190261

センターロックナット クラッチスプリング部分も トルクレンチにて締め付け

組み上げ クラッチケーブルの作動 給油 遊び調整をおこない

試乗 速度におうじて エンジン回転があがり いきなり吹けあがらないことを確認 修理完了となりました。

事業所様バイク保守修理(新聞、ピザ配達用バイクなど)弊社におまかせください。

新聞、弁当、ピザ、その他 事業所用で使用されているオートバイの修理,点検、保守を引き受けます。当店では、店舗ではなく修理メインのため、修理依頼に 迅速に対応。 

配達用に限った車種で使用頻度 緊急性の高い部品を専用に在庫 クイックに対応します。

経営コストの無駄を省いた分、サービス価格を抑えておりますが、迅速確実をモットーに信用信頼を得られるサービスを提供します。

弊社では 現在 新聞店様14店舗 ピザ屋様7店舗 銀行信用金庫様2店舗 バイク便店様1店舗 JA様1店舗 弁当宅配店様3店舗 その他の事業所 3店舗などの車両補修修理で お引き立ていただき お取引させていただいております。

新規お取引先も 随時 募集しております。

お問い合わせいただければ こちらから お伺いさせていただきます。

2012/03/12

シグナスX カスタム

P3120220

シグナスX が カスタマイズ で入庫しました。

P3120216

リヤショック交換 リヤフェンダー加工 KITACOパワードライブキット(ムーバブルフェイス ウエイトローラー)交換

P3120218

左右グリップ交換

P3120219

さらに 前後タイヤを1サイズアップ

フロントタイヤ 110/70-12 を 120/70-12

リヤタイヤ 120/70-12 を 130/70-12

このサイズまでは干渉なく 取り付け可能でした。

当店では 

DUNLOP SX01 120/70-12 を

タイヤ代 5,775円、 交換工賃 1,575円、 廃タイヤ処分代 157円

合計 7,507円(税込)

DUNLOP SX01 130/70-12 を

タイヤ代 6,300円、 交換工賃 1,575円、 廃タイヤ処分代 157円

合計 8,032円(税込) 

で交換実施中!

今回の交換で

タイヤも太くなり その他 以前からのカスタムもあったり

車体色がブラックなこともあり シブイ感じになりました、(個人的な感想です。)

2012/03/07

修理 ”ボルトの頭がとんで ネジがはずれない。”

ボルトの頭がとんで ネジが外れないと 修理依頼がありました。

P3070187

チェンジペダル破損で 交換しようとしたら

P3070188

取り付けのボルトの頭がとんだとのこと。

P3070189

さっそく ドリルで

P3070190

ネジに穴をあけ

P3070191_2

今回のところのネジは固着しそうなところではないので

スクリューエキストラクターを使い

P3070193

ネジをはずし

P3070194

新しいチェンジペダルに交換 修理完了となりました。

参考までに

スクリューエキストラクター YouTube : http://www.youtube.com/watch?v=AQLwYknvNVk

2012/03/05

”即日対応 即日納車”を心がけています。 

本日

P3050177

プレスカブ ドライブチェーン はずれ クランクケース損傷(オイル漏れなし)

P3050178

現地引き上げ 金属パテもり ドライブチェーン 前後スプロケット交換。 納車。

P3050182

ズーマー フロントタイヤ交換依頼 引き上げ

P3050183

エンジンオイル交換(当店では 基本 交換した距離を ”前回EoilX12345km”と テプラで お好みで次回交換距離もつくってお渡しもOK。) 後 納車

P3050184

トピック フロントタイヤ交換 リヤブレーキシュー交換 前後ブレーキカム分解給油。 引き上げ納車

当店では 業務用、通勤用 バイク 自転車でお急ぎの場合 在庫部品 時間のあるかぎり 即日引き上げ 即日対応 即日納車を心がけております。

ただ 本日 他依頼分

P3050186

ヤマハギア アクセルの戻りがわるい。引き上げ 診断 部品注文 預かり

バーディー エンジンオイル漏れ(キックスタータシャフトオイルシール) 部品注文

バーディー リヤタイヤ交換(チューブレス) 部品注文

など

部品取り寄せや 在庫切れの場合 お預かり もしくは 部品入荷次第の対応となります。

また 預かり作業 予約がある場合 予約優先で 対応できない場合もございます。

お気軽にお問い合わせください。

2012/03/03

修理 ”エキパイ取り付けボルトがはずれない。”

”エキパイ取り付けボルトがはずれない。”と修理依頼がありました。

P3030140

マフラーが欠損して 排気音がすごいので お客様でマフラーを交換しようとしたが 

P3030142

エキパイのキャップボルト(5mm) 片側がゆるまないとのこと。

このキャップボルト 錆びて固着していると すぐにネジ穴をなめてしまうので 要注意。

当店でも リヤタイヤ交換でマフラーをはずす時は ネジ穴をなめないように 注意します。(はずれない場合は最悪 はずさずに 交換できる場合はタイヤ交換します。すこしやりにくくなりますが)

必ず 工具をネジ穴にしっかり さしこみ 固着している場合は ネジの頭から ネジ方向に一度 ハンマーで衝撃をあたえます。(ネジ穴をつぶさないように)

P3030143

当然 ネジ穴もすでになめていたので

P3030144_2

お客様には 了解をいただき クッション マットを使い 車両を横向きに

まずは 試しにマイナスハンマーをポンチがわりに ハンマーで緩む方向にたたいてみましたが ダメでした。

固着しています。

P3030149

ドリルで下穴をあけ

P3030151

ボルトの頭を折ってしまったときに使う スクリューエキストラクター

工具の説明書にもかいてあるとおり 固着がひどいボルトには ききませんでした。

最後は キャップボルトの頭をサンダーでとばし

エキパイ取り付け ボルトにさらに ドリルで 真直ぐ下穴をあけ(ここから すこし集中したので 写真は撮り忘れがちに すいません。)

P3030153_3

できれば 元のネジ穴を生かせるように タップで修整 

P3030160_2

途中から ネジがまわり抜け 元のネジ穴もいかせました。

ダメな場合はさらに穴をあけ 最終ヘリサートでネジ穴を再生

今回はネジ穴がトルクを十分かけることができたので このままネジ穴を使用。

P3030154

もちろん エキパイ取り付けボルトは フランジSHボルト10mmで マフラーを取り付け 完了となりました。

2012/03/02

ドライブチェーン ENUMA EKチェーン

P3010122

ドライブチェーン交換の修理依頼がありました。

ドライブチェーンはお客様指定のEKチェーン EK 520SR-X

P3010123

交換前のドライブチェーン スイングアームに当たるぐらいに

P3010125

ドライブチェーンをつまんで引っ張れば ドライブスプロケットから チェーンが浮いてしまいます。

かなり へたっています。

P3010126

特殊工具(チェーンカッター)でチェーンをカット。

P3010133

EKチェーン 520SR-X のプレートには ピンとピンの間に軽量と排泥 そして 放熱用の穴が加工されています。

取り外した RKチェーンのピンは

P3010130_2

ピンの直径5.10mmに対し

P3010136

EKチェーンのピンは 直径5.35mmとすこし太め。

EKチェーンシリーズの中には EK CRHピン CRH処理は特殊クロマイジング処理により、極めて高い硬度と衝撃強さを有し、顕著な耐磨耗性を発揮するピンを使用されているものも。
(下記 EKチェーン HP 参照してください。)

P3010137

交換後 チェーンの張りを適正な範囲に調整。

P3010138

チェーンの浮きもなくなったことを確認。

交換完了となりました。

参考までに

ENUMA EKチェーン : http://www.enuma.co.jp/motorcyclechains/ekchain/03_feature.html

2012/02/27

Honda プレスカブ 修理 ”信号待ちでエンジンどまる。”

ホンダ プレスカブ ”信号待ちなどで エンジンがとまり しばらく エンジン再始動できない。”と修理依頼がはいりました。

さっそく引き取りに

使用状況をきくと

集金などの仕事に使っており 一日に乗る距離も少なく 集金のため その都度 エンジンをきるとのこと。

また エンジンがとまり かからなくなると キックがかるくなるとのこと。

さっそく 試乗 まず エンジンのパワーがなく 加速が鈍かった。

そして センタースタンドでしばらく アイドリングさせ アクセルをスナップすると エンジンがとまった。

すぐに 圧縮を計測すると 圧縮が8程度でだった。

圧縮不良のため

シリンダーヘッドをはずすことに

P2230086

写真みにくいですが カーボンがだいぶたまっていました。

P2230087

燃焼室に ガソリンを浸し エキゾーストポートから エアガンで 圧縮空気を噴きこむと

空気がぼこぼこと あきらかに 圧縮もれが バルブから

P2230094

バルブには こてこてのカーボンが バルブの当たり面もカーボンが噛んだ形跡が

P2230098

ポート内もカーボンだらけでした。

ヘッド バルブのカーボンを落とし バルブのあたりをとってから 組み付け。

その他 エンジンオイル エアエレメントの交換 キャブレター調整。

試走し エンジンのストール エンジンのパワーが回復していることを確認。

修理完了となりました。

どうしても エンジンがあたたらないうちに エンジンをきったり 1回の走行距離もすくないので

エンジンが最適な温度になる前に乗り終える感じなので

エンジンの暖気をすこしと エンジンがあたたまりきるまで たまに乗っていただくこと

エンジンオイルも 白濁していましたので 早めのオイル交換と 定期的な エンジン添加剤(洗浄成分入り)か ハイオクガソリンを 2、3回に1回 入れることをオススメさせていただきました。

参考までに

おすすめ添加剤

WAKO’S FUEL 1 : http://www.wako-chemical.co.jp/products/recommendation/005/

2012/02/24

ジャイロキャノピー修理 ”左右コーナー時 ひっかかりがあり フロントまわりに違和感がある”

ホンダ ジャイロキャノピーが

”コーナー バンク時 ひっかかりがある。また フロントまわりに違和感がる。”とのことで修理依頼がありました。

さっそく 引き取りみてみることに

試乗してみると 確かに バンク時のれひっかかり (左右のスイング)はわからなかったが

フロントまわりが 左右のきりかえしで ハンドル フロントタイヤがぶれることを確認。

また 停車時 ハンドルを左右にきると 嫌な金属のすれる音が

また ハンドルが左右にかなり切れ込む。

前後に車両を動かしたときも フロントまわりから がたつきがあった。

ジャイロキャノピーは3輪のため スイングするジョイントシャフトの作動も確認したが 大丈夫そうだったので

フロントまわりをみてみることに

P2240103

左のハンドルストッパー ステム部分がかなり えぐられている。

P2240107

右のハンドルストッパーも同様だった。

もしかりに これが 当たり始めのときであれば ステムとフレームのストッパーが食い込む可能性もありそうだった。

また 左右が同様に磨耗していること ステムベアリング部分にかなりのガタつきがあり ステムががたついていること

ステアリングステム自体 フロントホイール ハンドルパイプには めだった傷 変形 損傷もなかったので

P2240108

ステアリングステムを取り外し 今回は修整することに

P2240109

また グリスがきれ さび付いた 上下のベアリング レースも当然 交換することにしました。

P2240111

ステムストッパー部分は ステムのカラー ダストシールをうちかえる前に研磨 脱脂。

P2240113

溶接もりつけ後

P2240114

形をかるく整え 塗装。

ステアリングステム修整完成後

P2240116

上下ベアリング レース ダストシール交換 グリスアップして組み付け ステムの組み付け具合も調整。

試乗 走行に違和感がないことを確認 修理完了となりました。

参考までに

Honda ジャイロキャノピー : http://www.honda.co.jp/CANOPY/

2012/02/21

Honda プレスカブ 修理 ”走行中 急に走らなくなった。”

ホンダ プレスカブ が ”走行中 急に走らなくなった。”と修理依頼がありました。

さっそく 引き上げ みてみると 

エンジンはかかり アクセルをあけても エンジン回転はあがるが

ギアを入れても 後輪は回転 駆動しなかった。 

ロアチェーンケースをはずすと

P2200064

ドライブチェーンがはずれ 切れていた。

そこで ドライブチェーン交換することに スプロケットも同時に点検。

P2200073_2

左クランクケースカバーをはずすと

ドライブスプロケット部分のクランクケースが はずれた ドライブチェーンで削れていました。

P2200077

ドライブスプロケットをはずし エンジンをかけると エンジンオイルが亀裂からにじんできましたので

P2200078

今回は ベルトサンダーで表面をならしてから 脱脂清掃。

P2200079

金属パテをもりつけ 十分乾燥してから

P2210083

強度と エンジンを始動させ オイル漏れ にじみがないことを確認。

P2210084_2

その他、損傷 異常がないことを確認。

ドライブチェーン 磨耗していた前後スプロケットを交換 修理完了となりました。

ドライブチェーンの調整や 給油 交換はできるだけ 定期的にされることをおすすめします。

当店では ドライブチェーン ドライブスプロケット ドリブンスプロケット の 3点セット交換を

 8,400円(部品代、工賃、消費税込)にて交換実施中!

お気軽にお問い合わせください。

2012/02/19

Honda Today 修理 ”セルスタータでエンジン始動できない。”

ホンダ Today が ”セルスタータでエンジン始動できない。”とのことで修理依頼がありました。

さっそく 引き上げ みてみると メインスイッチ ONの状態で すでに ウインカーなど作動せず。

キックスタータで エンジンをかけると なんとか ウインカーが点滅する程度だった。

もちろん セルスタータボタンをおしても セルはまわらない。

さっそく

P2190055

バッテリー電圧を測ると

メインスイッチ OFFの状態で バッテリー単体の電圧は 12Vをしたまわり ONにすると さらに 電圧は低下したので

P2190057

新品バッテリー GS-YUASA YTX4L-BS 

当店では GS-YUASA YTX4L-BS 7,875円(税込) にて

交換工賃 無料 

オートバイ用の 国内メーカーのバッテリーは 年々 価格があがり 最近はオープンプライスになっています。

四輪自動車用バッテリーにくらべ コンパクトなつくりで 使用頻度(販売数)もすくないためか また 資源価格の高騰とも 価格はおのずと 高くなるみたいですが

海外の低価格バッテリーも ありますし 弊社でも取り扱いしております。

しかし ホンダ Todayは

P2190058

低回転のアイドリング時から バッテリー電圧よりかなり高めの充電電圧がバッテリーにかかります。(レギュレターで制御されていますが。)

自分の経験では 

この手 の アイドリング時から バッテリー電圧 より 高めの 電圧がかかる車種に

海外バッテリーをつけた場合 結構 寿命が短く パッとわるくなる場合があるので(個人的経験です。)

信用できる国内メーカーのバッテリーをオススメしております。

バッテリー交換後 充電圧を測定 セルスタータが回ることを確認。

P2190060

その他 依頼分の メーターバックライトの電球交換。

P2190061

リヤブレーキスイッチ フロントタイヤを交換 修理完了となりました。

パンク修理 現地 出張引き上げ修理 (法人様)

P2190054

弊社 取引のある新聞屋さんから パンク修理の依頼がありました。

配達の途中でパンク 配達先でとまっているとのこと。

当店では 配達先 引き上げ 修理後 納車の場合

取引のある法人様に限り 出張引取り納車代無料 パンク修理代のみでOKです。

ただ 個人のお客様でも 当店より近距離の場合もそうですし ある程度 距離があっても 出張代は低価格ですので

お気軽にご相談ください。

2012/02/17

修理 ”車両の前方をぶつけて 走行に違和感がある。”

修理 ”車両の前方をぶつけて 走行に違和感がある。” 

”安心して乗れるように修理してほしい”と依頼がありました。

さっそく引き上げみてみると

ハンドルパイプ と ステアリングステム の 取り付け位置がずれていました。

取り付け位置を戻し ハンドルを真っ直ぐにして 締め付け

さらに

P2150036

フェンダーの取り付け部分も割れ タイヤとフェンダーがこすれていました

また

P2150040_2

フロントフォークは劣化により サスペンション機能がいたんでいたので 新品に交換。

フェンダーも

P2150041

新品部品に交換。

P2150038

へしゃげたフロントバスケットは

P2150039

今回は 修整。

P2150043

その他 点検 ブレーキ遊び調整 フロントタイヤ交換。 エアクリーナー交換。

組み付け後 試乗 走行 ハンドリングに違和感がなくなったことを確認 修理完了となりました。

当店では こういった場合の 修理 や 修理前見積り もやっております。

お気軽にご相談ください。

2012/02/16

現地作業 エンジンオイル交換 (法人様限定)

P2160053

法人様から エンジンオイル交換の依頼がありました。

今回 台数が多いのと 常に仕事に使用のため 現地で交換することに。

当店では

新聞屋さん ピザ屋さん 銀行など お仕事で使用している また 台数もある場合 

現地でクイックに エンジンオイル交換も可能です。

ただし 作業スペース 駐車スペースがあり 近隣の迷惑にならない場合にかぎりますが

1台からでも対応OKです。

もちろん 当店から一定範囲内の場合 出張代無料です。

お気軽にご相談ください。

2012/02/13

事故見積り 修理対応について

本日 2件の事故修理依頼がありました。

1件は引き上げ 当店 預かり見積りで

もう 1件はどうしても 毎日 朝昼 仕事に使うということと 分解まで必要のない 傷などの事故見積りのため

P2130020  

現地で 損傷箇所のピックアップと 写真をとって 事故見積り。

分解等必要な見積りは引き上げなければできませんが 今回のような場合は現地で対応可能です。

事故見積り 修理等の保険会社がらみの対応もおまかせください。

今回のような 軽微な事故見積り等で

どうしても 仕事で必要で車両をあずけることができない場合は ご相談いただければ

できるだけの対応をさせていただきます。

おこまりの場合 お気軽にご相談ください。

2012/02/12

Yamaha シグナスX 修理 リヤタイヤ ドライブベルト ウエイトローラー交換。

P2120015

ヤマハ シグナスX が リヤタイヤ ドライブベルト ウエイトローラー交換で入庫しました。

P2120013

当店では

リヤタイヤ IRC MB67 120/70-12を

タイヤ代 5,250円、 交換工賃 1,575円、 廃タイヤ処分代 157円

合計 6,982円(税込) 

ドライブベルト ウエイトローラー のほうは 部品はお客様で用意していただきましたので

ドライブベルト、ウエイトローラー交換工賃 3,150円(税込)

となりました。

もちろん ドライブベルト交換の際には

P2120007

ベルトケース冷却ダクトクリーナーの汚れも

P2120009

清掃組み付け クラッチシュー トルクカムの作動など 点検。

組み付け後 試乗し 問題ないことを確認 修理完了となりました。

タイヤ交換 ドライブベルト交換など お気軽にお問い合わせください。

ps コーヒーありがとうございました。

2012/02/09

Yamaha JOG(3KJ) 修理 ”走行中 エンジンがとまる。”

ヤマハ JOG(3KJ) ”走行中 エンジンがとまる。”とのことで修理依頼がありました。

自分が 約十年前 大阪の阪南で働いていたとき 泉州地域では 人気でよく 売れていた JOG(3KJ) ちなみに 泉州地域では とりわけ 白色が人気。

話はそれましたが お客様が 高校時代から 乗っている思い出のバイクとのことで 修理したいとのこと

今回は できるだけやってほしいとのことだったので

エンジンの圧縮をはかり エンジンが生きていることを確認。

002_2

リヤタイヤ交換(亀裂多数)、リヤエアバルブ交換 をかわきりに

走行中とまる要素は3つあり それを修理することに

006

負圧燃料コックの負圧ホースが硬化し亀裂が コックに負圧がかからないと ガソリンがキャブレターにおちなくなる。

007

オイルタンクから オイルポンプへ オイルを通す オイルチューブ 硬化し 亀裂 オイルもれしていた。

オイルポンプが エアかみしたり オイルタンクが空になると 最悪 エンジンの焼きつきが

004_2

上の写真 右下のスポンジのこわれたような エアクリーナー

ぼろぼろで キャブレター リードバルブにエンジンの負圧ですいこまれ 不調になる場合も

今回の 一番の原因は 負圧ホースのクラックだとおもわれます。

というのも セルや キックをしても キャブレターに ガソリンが燃料コックからなかなか 落ちてこなかった。

負圧ホースの亀裂により 負圧が維持できなかったとおもわれます。

その他 お客様依頼分の シートカバーの張替え グリップ交換 駆動系交換

また リヤブレーキシュー プラグ ヘッドライトバルブ インテークマニホールド など 悪くなった部分を修理。

組み上げ 試走 エンジンがストールしないことを確認。

修理完了となりました。

2012/02/06

Honda FORZA Z 修理 ”前後タイヤ、パッド、ブレーキフルード、Vベルト交換”

Cimg2315

ホンダ FORZA Z 修理 ”前後タイヤ、パッド、ブレーキフルード、Vベルト交換”で入庫しました。

当店では 部品持込もOKです。

あらかじめ連絡いただければ タイヤ パッドなどを 直接 弊社を送り先にしていただいても結構です。

今回

前後タイヤ交換工賃 4,200円

廃タイヤ処分代 315円

前後パッド交換工賃 2,100円

前後ブレーキフルード交換工賃 2,625円

Vベルト交換工賃 3,675円 (FORZA Z 駆動系初期化工賃含む)

合計 12,915円(税込)

+ 別途 Vベルトなど 弊社取り寄せ部品代 となりました。

お気軽にお問い合わせください。

PS 雨の中 ご来店 かつ コーヒーまで ありがとうございます。

2012/02/03

スズキ レッツⅡ修理 ”最近 調子がわるく たまに エンストする。”

Cimg2284

スズキ レッツⅡ(2サイクルスクーター) が修理で入庫しました。

”最近 調子がわるく たまに エンジンがとまる。”とのこと

いろいろ 聞いてみると

”雨の日によく エンジンがとまる気がする。”

”とまるときは アクセルをゆるめて 減速しているときから とまりそうな感じがしする。”

とのこと

さっそく 引き上げみてみることに

スパークプラグ、エンジンの圧縮、エアクリーナーの状態、マフラーの排気のつまりの有無などを 点検

さして問題はなかった。

中古で購入ということで キャブレターを分解してみようと エアクリーナーケースをはずすと

Cimg2229

エアクリーナーとキャブレターをつなぐ ジョイントチューブに亀裂がはいり 亀裂は中まで貫通していた。

雨の日など ここから 雨水をエンジンの負圧により すいこめば 当然 着火不良や 混合気の異常になります。

また 亀裂は 泥除けがあるにしても リヤタイヤに近いため ジョイントチューブから ほこりなどの異物をすいこんでしまうことも

当然 キャブレターを分解すると 

スロットルバルブのピストン上部には 泥のような異物がたまっていました。

Cimg2276

さらに キャブレターからインテークと クランクケースの間にある リードバルブにも

Cimg2278

リードバルブ内に 異物が

Cimg2279

横からみると少し リードバルブがわずかに浮いています。

Cimg2283

リードバルブを清掃 調整し しっかり リードバルブがケースにあたっていることを確認。

Cimg2274

ジョイントチューブも新品の部品を用意し 交換。

すべて 組み上げ

試乗 エンストがでないことを確認 納車させていただきました。

2012/01/27

スーパーカブ50 ドライブチェーン 前後スプロケット交換  キャンペーン価格 合計 8,400円(税込)

Cimg2226

スーパーカブ50DXが ドライブチェーン、前後スプロケット交換で入庫しました。

Cimg2227

走行距離は 28390km 一度もかえてないとのこと

給油はしているとのこと

Cimg2225

当店では 3月末まで キャンペーン価格として

スーパーカブ50 STD DX ビジネス カスタム 及び プレスカブに限り

ドライブチェーン 前後スプロケットセット交換を 部品代 工賃込みで

 合計 8,400(税込)にて交換実施中!

当店から 一定範囲内 出張引取り 及び 配達納車代無料にて。

スーパーカブ50 STD DX ビジネス カスタム 及び プレスカブ の部品の在庫はございますが

※年式や STD DX ビジネス カスタム プレスカブ 車種により 部品がちがいますので

 あらかじめ メール 電話にてお問い合わせをお願いします。

2012/01/25

Yamaha マジェスティー250 外装交換

Cimg2223

ヤマハ マジェスティー250 が 外装交換(右ボディーカバー交換)で入庫しました。

Cimg2216

右ボディーカバーをはずすと

Cimg2219

外装内の目につかないボルトや

Cimg2218

スクリュー

Cimg2220

ナットにいたるまで 締め付け、取り付け点検確認済みのペイントがされていました。

これだけ きっちり組み上げているんだなと納得しました。

Cimg2221

元通り組み上げ修理完了となりました。

2012/01/24

修理 ”メインスイッチをONにしても 電源が入らない。”

”メインスイッチをONにしても 電源がはいらない。 バッテリーを新しいのに換えても 症状はかわらず ヒューズも切れていない。”とのことで修理依頼がはいりました。

引き上げにいったとき お客様から ”OFFのとき メーター内の時計は表示されうごいている(OFFのときでも時計が表示され 動いている車種。) しかし ONにすると 時計の表示が消え OFFにすると リセットされる。”とのこと

さっそく 引き上げ みてみると

バッテリー電圧OK、メインヒューズ、サブヒューズ類も切れていなかった。

メインスイッチをONにすると メーター内の時計が消え ウインカー ホーンなどまったく 作動しないし ランプもまったく点灯しない。

メインスイッチをOFFにすると メーター内の時計がつき リセットされ 1:00を表示する。

バッテリーの電圧がみかけだけで 容量がないのかとおもい ブースターをつなげてみたがやはり 同じである。

次に 電気がどこまで来ているのか点検することに

バッテリー → メインヒューズ → メインスイッチ

みてみると メインスイッチのカプラーまで 電圧がきている 12V以上をさす。

メインスイッチが故障かとおもい 導通点検してみると 正常である。

(診断に一生懸命で 写真を撮っていません。)

しかし メインスイッチをONにすると 電圧が0V近くをさす。

メインスイッチのカプラーまで電圧が来ていて メインスイッチも正常。

となれば バッテリーの供給電力が メインスイッチONにすると 消費がおおきすぎて まったくたりていなのか?

ショートしていたら ヒューズがきれるはずである。

電気はおもしろい。

Cimg2203_2

メインヒューズ → メインスイッチカプラー までの メインハーネスをめくると

Cimg2204_2

メインヒューズ → メインスイッチ 

メインヒューズ → ヒューズBOX(アクセサリーヒューズ) → 時計

のジョイント部分が テープを向いてうごかすと ぽろり

また

Cimg2207_2

ハーネスもビニールをむいてみると 銅線がすこし焼けて ぼろぼろな感じであった。

先ほどの部分が接触抵抗などで 電圧がかかり焼けたのか?

結局 バッテリーの電圧はかろうじて 切れかけ もしくは きれているが 切れた部分が接触することにより 電圧(電気の圧)はかかるが メインスイッチをONにしたときの 電流(電気の流れ)はまかなえず。 メインスイッチをONにすると電圧がかからない。

例えると 小さい勢いのある川が メインスイッチONにより 大河にそそがれ 勢いが 0になったかんじである。

Cimg2212

この車種 この年式のメインハーネスは販売終了のため

メインヒューズ カプラーから メインスイッチカプラーまで また ヒューズボックス まで 配線を引きなおし

メインスイッチをON 電源がはいること ウインカー ホーンなどの電気系の作動を確認。

OFFにしたときも もちろん 時計はリセットされてないことを確認。

バッテリー端子、ヒューズの差込等も点検。

修理完了となりました。

2012/01/23

自転車 タイヤ交換

自転車 タイヤ交換が入庫しました。

Cimg2209

当店では 

リヤタイヤ、チューブセット(26 1-3/8)を 

2,700円(税込)にて交換実施中。

フロントタイヤ、チューブセットは

2,300円(税込)にて交換実施中。

当店から一定距離内は 引き取り納車代無料にて

お気軽にお問い合わせください。

Ca3i00010001_4 お気軽に。

2012/01/21

スズキ モレット 修理 ”走行中 加速しなくなる。”

スズキ モレット(2サイクルエンジン) が 

”走行中、信号待ちで停車すると エンジンがとまりそうになったり、アクセルをあけても エンジンの回転があがらず 走らないようになる。” とのことで入庫しました。

さっそく エンジンを始動 何事もなく かかり さっそく 試乗 走りだしも普通に加速 スピードも十分。

しばらく 走り 停車。 加速しようとアクセルをあけると モワーっという感じで エンジンの回転がまったく アクセルについてこない。

そのとき 気がついたが

Cimg2194

マフラーから すごい白煙と オイルがぽたぽた。

(上の写真は お店に戻って エンジンを停止した状態。エンジンをとめても しばらく 白煙がでていました。)

ので なんらかの原因で 2サイクルオイルが多くエンジンに流れ込んでいると思われます。

このモレットのオイルポンプは クランクの回転からギヤで駆動されて その回転数のみで 吐出量がきまりますので

Cimg2199

オイルポンプをとりはずし

Cimg2200

駆動部分のシールにオイルがにじんでいるので 

エンジン始動で シャフトがまわると 傷んだオイルシールから 2サイクルオイルがもれ クランクに流れ込んで クランク内で混合気とまざり 燃焼室にまわっていると判断。

Cimg2201

オイルシールのみの部品設定がないため オイルポンプを交換。

ポンプ内のエア抜きをしてから

再度 先ほどより 長く試乗 症状がでないことと マフラーからの 白煙 オイルがたれるのを 減少したことを確認。プラグ、エアクリーナーなどその他点検後 修理完了となりました。

2011/12/25

修理”走行中 リヤがひっかる感じがする。”

走行中 ”リヤがひっかかる感じがする。”と修理依頼がありました。

さっそく引き上げ 試走してみると 確かに リヤまわりから ”シャー”と異音がしていた。

とくに アクセルをとじ 惰性ではしるとわかりやすかった。

50ccのスクーターですので 駆動系をみてみることに

Cimg2001

さらに 分解 ベルト ローラー ピース クラッチなどもみてみましたが 少し磨耗していましたが 問題はない。

Cimg2002

シャフト と リヤタイヤを動かしてみると すこし ガラガラ音がするので ミッションケースをあけてみることに

Cimg2004

すると ケース側のベアリングが損傷していた。

ボールもいたんでおり これにより ミッションが噛みこみ ロックしていたみたいである。

Cimg2014

損傷したベアリングや ケース内のベアリングもはずし

Cimg2015

きれいに清掃してから ベアリング オイルシール をすべて交換

新しいミッションオイルをいれ

組み上げ 作動がスムーズになり 走行中もひっかかりがなくなったのを確認。

修理完了となりました。

このミッションケースのリヤタイヤドライブシャフトのベアリングが真ん中に1つ

片側はギアで 別のギアで保持しているようなつくりです・・・

修理 ”水温警告灯が点灯する。”

”走行中など 水温警告灯が点灯する。”とのことで修理依頼がありました。

さっそく 引き上げ 冷却水のリザーバータンクの残量をチェック ほぼ 空だったので

次に ラジエターキャップをあけてみると キャップとりつけから 見える範囲では 冷却水が入っていない。

そこで 冷却水を補充 0.6Lくらい 冷却水が入った。リザーバータンクにも規定内までラ冷却水を補水。

さっそく エンジンを始動して しばらく暖気すると

写真を撮り忘れたのですが サーモスタット部分の上下のケースの間から ラジエター液がうっすらにじんできた。

参考までに

Cimg1983

この部分の上下ケースの間です。

エンジンを止めていても 放置しておいても にじんで 1日置いておくと 地面に 少し冷却水の液だまりができました。

Cimg1978

ケースを分割 サーモスタットが浮いています。

Cimg1977

サーモスタットが破損し 上下のケースにテンションをあたえていました。写真 右が新品のサーモスタットです。

Cimg1979

新品のサーモスタットは ケースにきれいに収まります。

もちろん

Cimg1981  

ケース 合わせ面のOリングガスケットも新品に交換

エンジンを暖気し、ラジエターファンがまわるくらい冷却水温度をあげても 冷却水がもれてこないこと、水温警告灯が点灯しないことを確認 修理完了となるところでしたが

しばらく エンジンを高回転でまわしていると ラジエターリザーブタンクに 気泡がプクプクと リザーブタンク内の液面も少しずつ 上昇していることがわかった。

ヘッドガスケットが役目をはたさず 燃焼ガスが ウオータージャケット内に入り ラジエター内の圧が高くなり タンクキャップの圧以上になるとリザーブタンクに噴出しているみたいである。

ラジエター液漏れも サーモスタットの損傷も2次的な結果で 1番はこちらから ダメになっていたのかも

Cimg2151

リヤ フロントとも ヘッドガスケットを交換。

Cimg2153_2

燃焼室 と ラジエターのウオータージャケット ヘッドガスケットです。

気泡 冷却水の拭き戻しがリアーブタンク内に起こらない 液漏れも確認 修理完了となりました。

2011/11/27

自転車 リム交換

自転車のリム交換が入庫しました。

Cimg2099

まず 車体からはずし タイヤ チューブ リムバンドをはずします。

Cimg2100

ニップルをゆるめ スポークをはずしていきます。

Cimg2101

はずし 終えたら 新しいリムを用意。

Cimg2103

スポークを組んでいきます。

Cimg2104

仮組みができたら

Cimg2105

この台にセット

Cimg2108

センター ぶれをとりながら ニップルをしめ スポークを張っていきます。

Cimg2109

締め終えたら ホイールをまわし ぶれがないことを確認。

この台でもセンターをあわせてますが

Cimg2110

念のためセンターゲージでセンターを確認。

リムバンド、チューブ、タイヤを組み付け 車体に取り付け 完了です。

次に さきほどは フロントですが 今度はリヤ

Cimg2111

タイヤ、チューブ、リムバンド、スプロケットを取り外し。

Cimg2112

リヤは 多段スプロケットがありますので ハブのセンターと リムのセンターはずれます。写真のように上からみると スポークの張り方の角度が違います。。

Cimg2117

スポークも左右で 当然 長さが変わります。

Cimg2119

フロント同様 スポークをはずし リムを交換 左右のスポークの張り方に注意しながら スポークを張って 左右のセンターと リムのぶれがないことを確認

センターゲージでもセンターを確認。

リムバンド、チューブ、タイヤ、スプロケットを組み 車体に取り付け 

試走 問題ないことを確認 完了となりました。

カラーリムや カラータイヤ カラーケーブル カラーチェーンなど 赤、青、黄、ピンク 色々ありますので 交換することによって 自分使用の自転車にチェンジして 見栄えもかわりますね。

2011/11/13

メッキパーツ

Cimg2088

バイクワックス(左) コンパウンド(右) これだけで

Cimg2085

この状態から 軽く磨いただけで

Cimg2086

この状態に

Cimg2084

フロントホイールも

メッキパーツは磨きがいがあります。

今回はタイヤ交換のため スミズミまではみがいておりませんが 少し磨くだけでもぜんぜん違います。

見た感じがかなり変わります オススメです。

2011/11/03

ホンダ プレスカブ修理 ”エンジンから異音がする。”

ホンダ プレスカブが ”エンジンから異音がする。”とのことで修理依頼がありました。

さっそく引き取り 見てみると

アイドリング状態から アクセルを大きくあけると ”ピキ”っと音がする。

軽くアクセルを開けていった場合は 鳴らない。

さっそく レッグシールドをはずしみてみると マフラー エキパイ部分から アクセルをおおきく開けた時 白煙が

エキパイとりつけ部分の排気もれかと思い 新しいガスケットに交換したが 症状は治らず

Cimg2067

やはり エキパイ部分から 排気もれしている。 エキパイ部分はなおしたので よく見てみると アクセルを大きくすばやくあけると エキパイとりつけ部分ではなく ヘッドとシリンダーの間のヘッドガスケット部分から 排気ガス(高圧の白煙ガス)がもれていた。

さっそく ヘッドをはずすと

Cimg2069

この状態です。

Cimg2072

写真のピントがずれましたが ヘッドガスケットがあきらかに 抜けています。

Cimg2070_2

はずしたばかりのシリンダーヘッド あきらかに 燃焼した排気ガスが抜けています。

なぜか?

まず ヘッドとりつけのシリンダースタッドボルトが4本ともゆるんでいました。 たしかに はずすときに緩む場合もあります。製造時や 修理分解時 スタッボルトのとりつけがゆるんだまま 組み上げた場合は 当然 締め付けが緩んでくることがあります。

今回のバイクの場合 一度 ヘッドをあけた形跡がありました。それは クランクシャフトと カムシャフトの合わせ位置がクランクシャフトで360度ずれていました。 

ヘッドの締め付け不良の場合 燃焼圧に負けて ヘッドガスケットが抜けてしまう場合もあります。ヘッドガスケットの劣化もありますが 規定トルクで締め付けてある場合 起こりにくい症状だとおもいます。

360度 クランクシャフトが2回転でカムシャフトは1回転です。カムシャフトで見た場合 180度 合わせ位置がずれていました。

ただ 仕組み上問題はありませんが 取り外しの際 合わせマークであわせると 圧縮工程のはずが 排気工程のため バルブが開いた状態になるため 多少の修正が必要になります。

今回 緩んでいる4本のシリンダースタッドボルトを締め付け固定 ヘッドガスケットを新品に交換。 規定トルクで締め付けヘッドを組み付け。

アクセルを大きく開けたときの異音 ヘッドカバーガスケット部分からの排気ガス漏れがなくなったことを確認。修理完了となりました。

2011/10/18

スーパーカブ 修理 ”中古車で購入したときから、雨天時、不調 最悪 エンジンがかからない。”

スーパーカブが ”中古車で購入したときから 雨天時は 調子がわるく 走行時 ノッキングしたり エンジンがとまったり 最悪 エンジンがかからなくなる。”ということで修理依頼がありました。

さっそく 引き上げ 症状を再現するため 車両にホースで水をかけましたが 引き上げたときと あまりかわりません。

走行すると 多少違和感があいrましたが てっきり プラグキャップ や 電気系の 水を通しての リークだと おもっていたので 少し ホースで水をかければ 再現できるとおもっていたのですが

少しホースで水をかけただけでは 症状は再現できませんでした。

Cimg2012

そこで とりあえず わかりやすいように レッグシールドをはずすと

Cimg2009

この状態です。

何かおかしいこときがついたでしょうか?

そうです 何かのチューブが 開口が上をむいています。

Cimg2005

このホースは フロートチャンバーのベントチューブです。

フロート内のガソリンがエンジンに吸い込まれると フロート内のエアが負圧になるので それを防ぐため 大気圧開放しているチューブです。大気圧開放されていることにより エンジンの負圧によって フロート内のガソリンは吸い上げることができます。

このチューブを下向きにすると

Cimg2007

少しホースで水をかけただけですが

水がたまっていました。

上向きについていること 写真のように 下にたわみがある場合 当然 たわみに 水がたまります 当然 エアの流れを遮断 最悪 フロート内の負圧により フロート内に水がはいれば そく エンジンはストールします。

Cimg2011

このホースを開口を下向きに また フレーム内におさめ たるみを上向きに

ホースで水をさらにかけ プラグコードやプラグキャップのリーク そのた コネクティングチューブなどから 水の吸い込みなどないことを確認。

最初に 試乗したときの違和感もなくなり 走行も問題がないため 修理完了となり 納車させていただきました。

2011/10/15

ビッグスクーター修理 ”発進時 金属の擦れる異常な音がする。”

ビッグスクーターが ”発進時 金属の擦れる異常な音がする。”と修理依頼がありました。

さっそく引き上げ 試乗すると 発進時 遠心クラッチが遠心力で動き クラッチしはじめるくらいのときに 尋常ではない異音がしている。

発進後 クラッチがしっかり つながっているとき 異音はないのと

ホイールベアリングや その他 車体まわりの干渉もなく、エンジンからの異音だったので

遠心クラッチをみてみることに

Cimg1988_2

遠心クラッチのクラッチシュー部分の残量はまだあります。

クラッチスプリング サークリップ スラストワッシャーをはずした状態です。(この状態が一番わかりやすいので)

これを横からみると

Cimg1989

何か おかしいことに 気がつきましたか?

新品の遠心クラッチを組み付けた状態は

Cimg1993

この状態です。

そうです。

Cimg1996

上の写真 クラッチホルダーシャフトがささる部分と クラッチシューのついた部分の面が直線でない。クラッチウエイト自体が変形しています。

これにより クラッチホルダーシャフト部分に抵抗がかり 異音を発していましたようである。

Cimg1997

走行距離も結構な距離ですので クラッチ関連部品も交換

クラッチホルダーの取り付け部分、ドリブンフェイス、ドリブンシャフトのベアリングなど異常がないことを確認。

組み上げ

発進時の異音がなくなったことを確認 修理完了となりました。

クラッチウエイトも 摩擦熱や ビックスクーターのビックトルクにより 変形したとおもわれますが

現在 メーカー確認中です。

2011/10/14

修理 ”走行中エンジンがとまり、エンジンがかからなくなった。”

お客様から ”走行中 エンジンがとまり その後 エンジンがかからなくなった。”と修理依頼がありました。

さっそく 引き取りにいくと セルスタータをおしても ギュッ といって エンジンがまったく始動しそうにない。

さっそく引き上げ みてみることに

引き上げ時 お客様も言っておられたのですが Vベルトを長い間かえていないとのこと。

走行距離も Vベルトの交換時期を大幅にこえていたこと、お客様が走行中のエンジンのとまり方が ベルト切れの感じだったことから ベルトカバーケースをあけることに

Cimg1948

Vベルトがきれ ドライブフェイスにからまっていた。これでは セルスタータをおしても クランクキングしないはずである。

Cimg1972

Vベルトを新品に

さらに 

Cimg1973

クラッチシューが減っているので 交換。

ドリブンフェイスのガイドピンも交換 給油しなおし

Cimg1974

ベルト冷却ダクトクリーナーももちろん取り外し

Cimg1975

清掃し 組み付け

すべて組み上げ。

エンジンが始動し、走行に支障がないことを確認 修理完了となりました。

Vベルトは定期点検 定期交換がおすすめです。

お客様より 修理内容の報告

以前 車検を受けていただいたお客様より

お客様自身で修理された故障箇所、修理内容の報告をいただきました。

本当にありがとうございます。

非常に参考になりますし、

さらに もっと邁進しないといけないと感じております。

当店のブログも こんな修理、故障箇所があったなど さらにアップしていきます。

こんな故障、修理があったよと よろしければ お気軽にご連絡ください。

メールアドレスは awashou@feel.ocn.ne.jp  です。

よろしくお願いします。

2011/10/11

修理”エンジンがかからなくなり かつ 後輪がロックしてうごかない。”

Cimg1956

アドレスV100が ”エンジンがかからなくなり かつ 後輪もロックしてうごかない”との修理依頼がありました。

さっそく 引き取りに 後輪のブレーキワイヤーのアジャスターナットを緩めても後輪はロックし チカラはいりますが  荷重をかけてうごかしました。エンジンはセルをまわすと ギュギュとまわりそうでまわらないような状態でした。

後輪のブレーキをゆるめても後輪がロックしていることから 駆動系をみてみることに

Cimg1961

クラッチケースカバーをあけ 後輪をまわすと 遠心クラッチが作動していないにもかかわらず 後輪と同時にクラッチアウターがまわろうとしています。当然ベルトをかいし クランクシャフトも

クラッチアウターのとりつけナットをゆるめてわかりました。

Cimg1957

ドリブンフェイスにドリブンフェイススプリング クラッチホルダーをとりつけているセンターナットがはずれていて 本来はクラッチホルダーに押さえつけられているドリブンフェイススプリングによって センターナット クラッチホルダーがクラッチアウターにおさえつけられ 焼きついた感じになっていた。 これにより 本来はエンジンを始動、エンジン回転をあげることにより遠心クラッチシューでクラッチアウターに動力がつたわるはずが 常に動力がつたわり エンジン始動もできず、後輪もロックしていた。

Cimg1960

写真ぶれていますが はずれていたセンターナットを取り付け 元通りに組み付け

エンジン始動、後輪のロックが解消されていることを確認 修理完了となりました。

2011/10/05

修理 ”センタースタンドでとめているとアイドリングするが センタースタンドをはずし車両にまたがると エンジンが止まる。”

Honda スペイシー100 が

”アイドリング時や 信号待ちで エンジンがとまる。”とのことで修理依頼がりました。

さっそく 引き取りに行くと

お客様から

”センタースタンドでとめているとアイドリングするが センタースタンドをはずし車両にまたがると エンジンが止まるみたいだよ。”

と言われました。この助言がおおいに参考になりました。

さっそく シートをはずしてみてみました。

Cimg1941

センタースタンドをかけ リヤタイヤが地面からうき リヤサスペンションが伸びているとき

Cimg1937

この状態です。少し汚れていますが 写真から 異常な箇所はみあたりますか?

Cimg1942

センタースタンドをはずし リヤタイヤを地面に接地 少し 荷重をかけ リヤサスペンションを縮めると

Cimg1936

負圧ホースが 車両の動きでひっぱられ 亀裂が そこから エアを吸い込み キャブレターにかかる負圧が減り エンジンがストールしていました。

この部分を修理 同じ状態でエンジンがとまらない 信号まちで エンジンがとまらないことを確認修理完了となりました。

参考までに

Honda スペイシー100 : http://www.honda.co.jp/news/2003/2030912-spacy.html

2011/09/23

Yamaha マグザム ローダウン

Cimg1895

ヤマハ マグザムが  30mmローダウンで入庫しました。

フロントサススプリング、フロントフォークオイル、リヤサスペンション、サイドスタンド、センタースタンドを交換します。

まず

Cimg1873

フロントフォークを車両から 取り外し

Cimg1876

フォークオイルを抜きます。インナーパイプをうごかし よく抜きます。スプリングも同時に抜いておきます。

次に

Cimg1897

サービスマニュアルにあるとおり 

Cimg1875

お客様指定のフォークオイルで規定量を

Cimg1877

フォークに注ぎ インナーパイプを動かし フォーク内のエアを十分抜いてから

Cimg1896

サービスマニュアルどおり(ローダウンキットの取り付け説明書も同じ)

Cimg1879

オイルレベルをセット。

Cimg1885

油面調整。

Cimg1886

ローダウンキットのショートスプリング(写真 上、 下は純正。)

Cimg1898_2

ローダウンキットの説明のとおり ピッチの大きい方をボトムケース側にして スプリングをいれ フォークを組み上げ フロントフォークは完成。

次に

Cimg1893

リヤショックを交換。

Cimg1887

前後ローダウンしたため センタースタンドをかけると リヤタイヤと地面の間がすごく空いてしまい センタースタンドをかけるのに もちろんチカラがいります。

Cimg1888

ローダウン用のセンタースタンド(写真 右、 純正は写真 左)に交換。

Cimg1890

リヤタイヤと地面の間がちょうどいい感じに

サイドスタンドも 純正のままですと サイドスタンドを出したときに 車両がおきてしまうので 

Cimg1892

ローダウン用のショートサイドスタンドに交換。

ローダウン完了となりました。

マグザムは もともと 車両からして 車高が低いのに さらに低くなりました。

当店では

マグザムローダウン(フロントスプリング、リヤショック、センタースタンド、サイドスタンド交換)を

工賃 10,500円(税込)

にて実施中。

キットパーツはお客様のお好みで持ち込みOKです。

ただし 車両の保安基準から逸脱するパーツのとりつけはできません。

お気軽にお問い合わせください。

Cimg1901 ジュースありがとうございます。

2011/09/16

Yamaha JOG 修理 シートレザー張替え エンジンストール始動不良

ヤマハJOGが シートレザー交換のため 来店されました。

ただ 当店にむかう途中 エンジンがストール そこから エンジン始動できず おしてこられたとのこと。

さっそく プラグ 火花チェック 圧縮(少しだけすくなかった) キャブフロートまでガソリンがきてるのを確認。

マフラーの抜けも問題なく あとは 吸気系 エアクリーナーケースカバーをはずすと

Cimg1805

エアクリーナーのスポンジがカスカスになり 劣化損傷していた。エアクリーナーの砕けたスポンジをキャブや エンジン側に吸い込んでる可能性が大きいので 車両を預かり修理することになりました。

お客様をご自宅まで送ってから 作業をすすめると

Cimg1806

エアクリーナーケースをはずすと あきらかに キャブレターにスポンジが吸い込まれていた。

Cimg1808

スロージェット側のエア通路がスポンジでふさげれていました。

さらに

Cimg1809

ヒビわれたインテークマニホールドをはずすと

Cimg1837

混合気の逆流を防ぐリードバルブにもエアクリーナーのスポンジがひっかかていた。

これでは エンジンがストール 再始動できないのも理解できる。

さっそく

Cimg1841

新しいインテークマニホールド エアクリーナー キャブレターガスケットを取り寄せ リードバルブ キャブレターを分解清掃。

Cimg1842

エアクリーナーケースももちろん清掃。

エンジンが始動し 問題なく走ることを確認。

Cimg1844_3

シートレザーを交換 納車し完了となりました。

ちなみに 当店では 

シートレザー張替え 3,675円~(部品代 工賃、消費税含む)で実施中。

お気軽にご相談ください。

2011/09/13

Honda DAX 長期保管車修理 & 引越し先(大阪)配送

Cimg1783

ホンダ DAX 長期保管車が修理 と 修理後 引越し先(大阪)配送の依頼がありました。

さっそく 引き上げ後 整備にかかりました。

Cimg1785

5年くらい保管していて エンジンがかからないということでしたので 

新しいガソリンをいれましたが キャブレターのフロートにガソリンがまわってきません。

キャブレターのバルブピストンをはずしてみると

Cimg1787

ニードルに ガソリンの劣化物が付着し キャブレターからは異臭が

さっそく キャブレターを車体から 取り外し あけてみると

Cimg1789

すごい状態に フロートバルブは固着しています。これではガソリンもおちてきませんし 落ちてきても ジェット類も詰まっていますので エンジン始動は無理です。

Cimg1790

キャブレター分解清掃 キャブレターガスケット一式と フロートバルブを交換。

組み上げ後

Cimg1800

バッテリー、ドライブチェーン、スパークプラグ、エンジンオイルなどを交換。各部給油、フロントフォークインナーパイプの錆おとしなど 点検をおこない

Cimg1797

復活しました。

保険加入後 試乗 完成検査をおこない 問題ないことを確認 修理完成となりました。

話はそれますが 写真をとりわすれましたが DAXのガソリンタンクキャップには ON OFFの切り替えのコックがあり OFFにすると ガソリンタンクにベントエアが入らないので ガソリンがキャブレターに流れると ガソリンタンク内が負圧がかかり それ以上 ガソリンが落ちなくなります。 ONにすると ベントがひらきますので ガソリンが流れる仕組みが装着されています。

Cimg1804

あとは お客様の地元京都から 引越し先の大阪まで配送させていただきました。

今回 配送先の大阪まで 片道約60kmでしたので 配送手数料 5,250円 と 高速料金を別途いただきました。

当店では 修理後 引越し先への配送もしております。

長期保管で不動の場合などでも引き上げしております。

お気軽にご相談ください。

参考までに 

Honda DAX : http://www.honda.co.jp/news/1995/2950118.html

2011/09/06

DAELIM S2 修理入庫

Cimg1763

DAELIM 

Cimg1769

S2 が 1年くらい 放置していたとのことで修理入庫しました。

Cimg1768

リヤタイヤがクラックが入りパンクのため交換。

バッテリーも上がって ダメになっていたので交換。

エンジンオイル交換 キャブレターガス抜き清掃などをし 修理完了となりました。

当店では

DUNLOP SX01 130/70-12を

タイヤ代 6,300円、 交換工賃 1,575円、 廃タイヤ処分代 157円

合計 8,032円(税込)にて交換実施中。

お気軽にお問い合わせください。

話はかわりますが この車両

Cimg1767

空冷ファンと

Cimg1766

エンジンオイルクーラーを装備していました。

参考までに

DAELIM MOTOR: http://www.dmc.co.kr/eng/default.htm

2011/08/20

Honda VT250 チェーン前後スプロケット交換 及び 点検

Cimg1745

ホンダ VT250F が チェーン 前後スプロケット交換 および 点検で入庫しました。

1987年以前ぐらい 自分が中学生ぐらいのとき車両です。

Cimg1742

チェーンは RKチェーンで リヤスプロケットは純正部品で ドライブスプロケットはメーカー欠品で納期待ちのため AFAM 14T(純正丁数)にて やはり VTシリーズは いまでも VTR250として 販売されていますし 当時も よく うれていたみたいで アフターパーツも健在です。

点検では アンダーカウル取り付けボルトの頭がとんで アンダーカウル右前が結束バンドでとめられていたので

修正することに

Cimg1733

今回は 錆び付き固着し はずそうとしたとき頭がとんだようなので 切断面をなだらかにし 位置決めのポンチをうち

Cimg1734

中心に 下穴をドリルであけていきます。

まっすぐ 元のネジ穴の中心にあけるのがポイントです。

Cimg1737

下穴をあけたら

Cimg1740

元のネジ穴をいかせれるように タップでネジを切りなおします。 (失敗した場合は ヘリサートにて修正となります。) 

うまくネジ穴を修正

Cimg1741

純正の取り付けボルトは 生産終了で入手できませんでしたので 汎用品にて代用し アンダーカウル取り付け完了となりました。

その他 点検も完了。

エンジンを始動すると エンジンもよく回りますし エンジンからの異音もなし。まだまだ 現役で走れるよ。 と聞こえました。

2011/08/07

ドライブチェーン交換時

ドライブチェーンが伸びて 交換時期になり 交換する場合

できれば 前後スプロケットも同時交換をオススメします。

ドリブンスプロケットの新品を 交換前のと重ねてくらべてみると

Cimg1702

ドライブスプロケットは

Cimg1705

このような 状態で 山が磨り減っているのがわかります。

せっかく ドライブチェーンを新品に交換しても スプロケットの山が減っていると

ドライブチェーンの痛みもはやく 走行時 打音などの異音がしてくる場合もあります。

Cimg1711_2

あまりにも痛んでくると ドライブチェーンが走行時 はずれてしまうこともあります。

早めの交換がベストです。

当店では ドライブチェーン 前後スプロケット セット交換工賃

50㏄~125㏄ 3,150円(税込)~

126cc以上~ 4,200円(税込)~

で交換実施中

お気軽にお問い合わせください。

2011/07/21

自転車 修理”リヤタイヤがぐらぐらする。”

自転車が ”リヤタイヤがぐらぐらする。”とのことで入庫。

さっそく リヤタイヤをはずすと

Cimg1635

リヤのアクスルシャフトがぽっきり折れていた。てっきり ハブのベアリングの損傷とおもっていたのでびっくり。

Cimg1636

本当は このようにつながっていないといけないのだけど。

部品を新品に タイヤも磨耗していたので 交換。タイヤのぶれがなくなったのを確認修理完了となりました。

完成写真はとりわすれました。(あらかじめ予約をいただいており、お客様の都合により半日仕上げのため 写真を撮る余裕がございませんでした。)

2011/07/20

タイヤ交換 修理”フロントタイヤからガリガリ音がする。”

タイヤ交換で車両が入庫しました。

タイヤ交換の際に お客様から”フロントから カリカリ ガリガリと音がするのでみてほしい。”とのこと

タイヤをはずすと

Cimg1633

そこには 既にベアリングのボールさえなく アウターとインナーのレースのみのベアリングが

Cimg1634

左右ベアリング ダストシール タイヤを交換。

試走 異常がないことを確認 修理完了となりました。

このタイヤサイズ ベアリングの部品代 工賃 すべて込みで 7,350円で交換しております。(車種 タイヤサイズ ベアリング ダストシール部品代の価格によって変わります。)

2011/07/19

ブリジストン 電動アシスト自転車 ASSISTA 修理”アシストしない。”

Cimg1627

ブリジストン 電動アシスト自転車が ”スイッチパネル内のバッテリー残量計が点滅。アシストしなくなった。”とのこと

聞けば 電信柱にフロントからぶつかって この症状になったとのこと。電信柱には フロントからぶつかったが 転倒はしていないし、車両にも損傷は少ないとのこと。

Cimg1626

この年式のタイプは 異常を検知すると 電動アシストを停止し。 電源をOFFにしてから ONにしても 異常が検知されなくても 異常コードを呼び出し 消去しないと アシストは停止したままになるとのこと。(以前のモデルは 電源OFF語後 ONにして異常が検知されなければ 自動的にアシストを再開する。)

Cimg1630

マニュアルを取り寄せ 調べることに。

今回は 電動モーターの異常を検知の診断コードがでていた。マニュアルにそって 調べたが 異常なく 今回は 異常コードを消去。アシスト走行で試走 異常がないのを確認。

お客様へ納車。様子をみていただくことになりました。

2011/07/18

修理 ”フロントホイールがたつき”

エンジンオイル交換に車両が入庫しました。

車両を動かしたとき ハンドルを 左右にきったり 前後に車両をうごかすと

ハンドルを保持しているにもかかわらず。フロントホイールがガタツキ 車両がハンドルの方向にすすまなかった。

Cimg1619

一見すると きれいにされているので わかりにくいのですが

Cimg1617

よくみると ダストシール部分には カラーとの隙間ができ 錆の粉がでてきている。

フロントホイールを車両から はずすと

Cimg1620

まったく 芯がずれている。

ダストシールをはずすと

Cimg1622

ベアリングが壊れていた。まったく ベアリングの役割をはたしていない。

Cimg1623

新しいベアリング、ダストシールに打ち換え フロントホイールにガタツキのないことを確認。修理完了となりました。

当店では

ホイールベアリングの打ち換え 1セット交換工賃 2,575円~(車種 前後 損傷具合などによって工賃が違います。)

お気軽にお問い合わせください。

ホイールベアリング 損傷していますと 危険です 早めの交換を。

2011/07/17

修理 ”エンジンが止まる。”

ヤマハ ギア(2サイクルエンジン)が ”始動性もわるく、アクセルをとじるとエンジンがとまる。”と修理依頼がはいりました。

中古で購入したのだが アクセルをとじると エンジンはプスっととまるとのこと。

さっそく 引き上げ エンジンをかけてみると かかりにくい やっとかかる感じで

アクセルをあけていないと エンジンがとまる。

また、エンジン音がおかしく すこし排気漏れのような音がしている。

そこで 排気漏れらしき音がする場所から探すことに

マフラー エキパイ キャブインレット クランクシールなど目視していくと

Cimg1600

シリンダーカバーのダクトをはずしてみてみると ヘッド部分のガスケットがおかしい

Cimg1602

シリンダーカバーをはずし

Cimg1603

ヘッドガスケットが吹き抜けていた。

Cimg1604

シリンダーヘッド 吹き抜けたあとが

Cimg1606

新しいヘッドガスケットを用意し

Cimg1607

ヘッドガスケットを交換。

エンジンの始動性 アクセルをもどしてもエンジンが止まらないことを確認。

試走も問題なく。各部点検し 修理完了となりました。

ヘッドガスケットの吹き抜けの原因は ヘッドの締め付けトルク不足もしくは ヘッド取り付けナットの緩みによる締め付けトルク不足によるものと考えられます。

当店は シリンダーボルトの緩みを点検 取り付けナットをトルクレンチでしっかり規定値で締め付け。

2011/07/11

マフラー損傷 応急修理

Cimg1598

原付スクーターのタイヤ交換が入庫しました。

リヤタイヤ交換のため マフラーをはずそうとすると

Cimg1592  

マフラーのエキパイ部分が破断していた。

取り付け分のステーも欠損している。

お客様に確認したら 近日中に交換するとのこと

とりあえず 応急修理となりました。

Cimg1594

エキパイ部分の肉厚がありましたので 溶接。

Cimg1595

耐熱スプレーで塗装。

Cimg1597

マフラーの取り付けステー1箇所と エキパイ部分をしっかり 車両にとりつけ 応急修理完了となりました。

※ 肉厚のない部分ですと 弊社では応急修理(溶接)できない場合がございます。

2011/07/08

ジャイロキャノピー修理 ”スピードメーターが動かない。”

ジャイロキャノピーが ”スピードメーター動かない”とのことで修理入庫。

スピードメーターがうごかないので 走行距離メーターも連動してうごかないので 部品交換時期の目安がわからないとのこと。

Cimg1567

長い間 メーターが作動しない状態だったとのこと メーターギアがあるフロントブレーキパネルをさわると ガタガタ動く。

Cimg1570

ブレーキパネルCOMPをはずすと カラーが斜めでもはいるぐらい磨耗している

Cimg1569_3

フロントブレーキパネル内のメーターケーブルドリブンギア

Cimg1572

メーターケーブルドライブギア まったく けずれて ギアとはおもえないぐらい 磨耗している。、

Cimg1573

今回 お客様の要望で とことん きっちり治して欲しいとのこと

メーターパネルCOMP カラー ギアを交換

Cimg1574

これが 本来のメーターケーブルドリブンギア

そして

Cimg1576

フロントホイールベアリングもさび付き がたついている。せっかく フロントブレーキCOMPを新品にするのだから このフロントホイールのガタツキもなおしたいので

Cimg1577

特殊工具 ベアリングプーラーで

Cimg1578

ベアリングを抜き

Cimg1580

新品のベアリング ダストシールに打ち換え 打ち換え時は 打ち込みの加減に注意しないと 左右のベアリングがカラーを介し 動きが悪くなるので 注意が必要。

Cimg1581

ブレーキパネルCOMP フロントホイールを組み付け

ガタツキなし。

Cimg1583

もちろん メーターケーブルも交換 スピードメーターが スムーズに作動することを確認 修理完了となりました。

話はかわりますが ジャイロキャノピーの欠点は エンジンがばね下にあり(スクーターはほとんどそう) 左右のリヤタイヤが2サイクルは6インチで 小径のため 振動をひらい 2万キロくらい 走行すると エンジンカバーマウントステーなどが ひび割れたり クッションラバーなどがへたり がたついていることが多い。

新型は 4サイクルは リヤタイヤが8インチ(余談ですが チューブレス)になったのは正解かもしれません。

Honda CB400SFversionS 点検入庫

Cimg1561

ホンダ CB400SFversionS が点検で入庫しました。

自分は 自分も乗っていた NC39 CB400SFVテックより NC31 CB400SFのほうが 個人的に好きです。

低速からトルクがあり 軽快だからです。

参考までに

CB400SF:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BBCB400%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A9%E3%82%A2

2011/07/07

Honda Steed400 車検 タイヤ交換 修理”リヤブレーキがひきずる。”

ホンダ スティード400が ユーザー車検代行で入庫しました。

フロントタイヤの溝がなく スリップサインがでていたので

Cimg1537

フロントタイヤ交換

当店では IRC WF920 100/90-19を

タイヤ代 6,825円、 交換工賃 2,100円、 廃タイヤ処分代 315円

合計 9,240円にて 交換実施中。

修理においては リヤブレーキがたまにひきずるとのことなので

Cimg1534

リヤブレーキをかけると リヤブレーキアームがひっかかり ブレーキペダルをはなしても 戻ってこない。

さっそく

Cimg1539

リヤブレーキパネルをはずし見てみると

Cimg1538

ブレーキシューのばねのチカラだけでは もどらないくらい ブレーキカムの動きが悪い。

分解してみると

Cimg1540

まったく グリスがきれてしまっている。

清掃し グリスアップ 組み付け後

Cimg1544

ブレーキアームがしかっりもどるようになり 修理完了となりました。

ブレーキペダルの動きはさきほどとは較べられないくらい軽くなりました。

車検も合格。

当店では ユーザー車検代行代 6,300円(税込)にて実施中。

ただし 修理箇所がある場合は もちろん その箇所の 部品代 工賃がかかります。

お気軽にお問い合わせください。

2011/07/06

修理 ステムベアリング交換 ベアリングレースうち換え

ハンドル操作に違和感 (ハンドルがまっすぐの位置でひっかる)とのことで修理依頼がありました。

ステムベアリング レースに段つき磨耗がおこりひっかっているみたいだった。

今回は 当店のステムベアリング ベアリングレースのうち換え方法を(たいしたことはないのですが。)

Cimg1481

まずは 車両からステアリングステムをはずし

Cimg1483

マイナスの貫通ドライバーをハンマーでたたき 

Cimg1484

ステムに圧入されているベアリングレースを抜きます。 

Cimg1486

新品のベアリングレース ダストシールをいれ 先程 抜いたベアリングレースを逆さまにいれます。

Cimg1487

インナーパイプをあてがい ハンマーで圧入します。このとき ステムのシャフトは下まで貫通していますので 必ずステムのシャフトにだけ 荷重をかかるように 打ち込みます。

Cimg1489

打ち込んだら 古いベアリングレースだけを 先程と同様のように抜けば ステムは完成です。

Cimg1491

今度は 上下のフレーム側のレースを抜きます。特殊工具を使い

Cimg1492

叩いて 抜きます。

Cimg1493

新しいレースを レース面を傷つけないように 打ち込めば完成です。上下のフレーム側ベアリングレースをこのように交換後

新しいベアリングをグリスアップし組み付ければ完成です。

ただ ステムのロックナットの締め付け具合により ハンドルの重さが変わりますので注意が必要です。

当店では 標準時間工数×5,250円/1H で交換実施中。

お気軽にご相談ください。

2011/07/05

修理 キャブレター分解清掃調整

エンジンがからないとのことで 修理

Cimg1136

タンク内の錆が コックまで

Cimg1138

当然 キャブレターをはずし

Cimg1071

フロートチャンバー内にも キャブレターを清掃し組み付け

Cimg1247

4連バキュームゲージで 

Cimg1246_2

同調をとり タンクの錆をおとして その他 プラグ エアクリーナー バッテリーなどを点検交換 修理完了となりました。

当店では キャブレター分解清掃調整を 

メーカー標準工数 × 5,250円/1h で交換実施中。

お気軽にご相談ください。

ただし キャブレター ベース本体に問題がある場合は 別途 部品代 修理代がかかる場合がございます。

2011/07/04

Yamaha JOG ZR 修理 ”エンジン回転があがらない。”

Cimg1524

ヤマハ JOG ZR が ”エンジンは始動するが アクセルをあけても エンジン回転があがらないし、エンジンがとまる。”とのことで入庫しました。

聞けば 2,3カ月 乗らずにおいていたとのこと。

さっそく エンジンをかけると

Cimg1516

排気音が プスプスと 何かマフラーに詰まっている音がした。

Cimg1517

ドライバーで軽く 排気口をつつくと 草のようなものが少しでてきた。

春先から 夏にかけて たまにあるのですが マフラーの中に虫が巣をつくっているみたいである。

そのため 排気が詰まり エンジンがふけあがらない。

今回は計りませんでしたが マフラーが詰まっているとき 圧縮を測ると 通常よりも大きい値が出ます。

さっそく

Cimg1519

マフラープロテクターをはずし バーナーであぶりました。

Cimg1523

エアガンで 圧縮空気を吹き込んでから エンジンを始動 アクセルをふかすと 排気口から でてきました。

Cimg1526

こんなにも 今回は 草タイプですが

Cimg1533

土壁タイプもあります。(上の写真は壊したあとですが)

Cimg1525_2

マフラーを軽く 補修し マフラープロテクターを取り付け エンジンの吹けあがりを確認 修理完了となりました。

当店でも これをあわせ 今年 3件目で 全部 2サイクルスクーターのマフラーで 放置期間は短くて2週間以上、長くて2,3カ月でした。

2011/06/27

Yamaha ビラーゴ250 LED取り付け

Cimg1456

ヤマハ ビラーゴ250 が LED 取り付けで入庫しました。

Cimg1459

フレームと 同色の黒ベースのLEDを 写真のように取り付け

昼間なので 店のシャッターを閉め

Cimg1454

いい感じになりました。 ヘッドライトスイッチがあるので ヘッドライト ポジション点灯時だけ LED が点灯します。

当店では LED持込もOKですし、

これぐらいの作業ですと 工賃2,000円~3,000円くらいで取り付け可能です。

お気軽にお問い合わせください。

2011/06/24

焼きつき修理

エンジン始動不良で 車両が入庫しました。

以前 オイルパスチューブ損傷で 軽く焼きつきをおこしていたのですが

エンジンがかかっていたので(実測 圧縮比 8.5) だましだまし使用。

しかし かなりかかりが悪くなったとのこと。

圧縮比を測ると 8.0 2サイクル50ccでは 実測でこの値は低い。

さっそく シリンダーをめくることに

Cimg1443_2

ピストンが傷ついています。もちろん

Cimg1430

傷ついています。

Cimg1441

ピストン ピストンリング ピストンピン ピストンピンクリップ スモールベアリングなど

シリンダー交換がベストですが 事情により

Cimg1438

耐水ペーパーで

Cimg1437

軽くホーニング

 (昔 シリンダーのホーニングや ボーリングの工場に行って見たことがあります。工場では 機械 機器を使用。)

Cimg1439

こんな感じに ミニバイクレース時のシリンダーポート研磨などを思い出しました。

Cimg1445

実測 圧縮比 9.8

実際 このクラス 実測 圧縮比 10 あれば正常ですから 少しすくないですが

始動性を確認 お客様へ納車となりました。

※ 弊社の軽トラックも 簡単な整備はしておりましたが 昨日 クラッチ、タイミングベルト、ウオーターポンプなど 猛暑にむけ 車屋さんで リフレッシュしていただきました。

2011/06/19

修理 ブレーキパッド交換

別の修理で入庫したときに もうすぐ交換時期ですよと 声をかけていたから ブレーキパッドの交換依頼がはいりました。

Cimg1415

さっそくブレーキパッドをはずしてみると ブレーキパッドの土台部分が ブレーキデイスクにあたり 削れていました。

ブレーキをかけると ”ガー”っと擦れる音がしたとのこと。

Cimg1419

新しいパッドと較べると 一目瞭然です。

さっそく 交換です。

新しいパッドの面取りをしてから

Cimg1416

ブレーキダストなどで汚れた ブレーキキャリパーのピストン

Cimg1418

清掃し

Cimg1420

ラバーグリスや ブレーキシムグリスで

Cimg1421

パッドや パッドピン スライドピンをグリスアップ

Cimg1424_2

仮組みしてから

Cimg1423

取り付けボルトのねじ部にネジロック剤をうってから

Cimg1425

車両に取り付け 本締めし 交換完了となりました。

ブレーキ残量のチェックはもちろん。

ブレーキに違和感を感じたら 早めに 最寄のバイクショップで点検を。

2011/06/18

RSZ100 修理 ”エンジンオイルドレンボルトの頭をなめてしまった。”

Cimg1411

ヤマハ RSZ100 が ”エンジンオイルドレンボルトの頭をなめてしまった。”とのこで入庫

Cimg1406

頭のカドが見事になまっています。

まずは ボルトに T型レンチ プラッチックハンマーで ボルトに軽く衝撃をあたえてから

Cimg1409

ポンチ と 鉄ハンマーで

Cimg1407

ドレンボルトの緩む方向に 衝撃をあたえて 外します。

だいたいは このやり方ではずれますが

エンジンヘッド部分のねじなど 錆ついている場合は トルネードソケットや その他方法が

Cimg1408

新しい ドレンボルト、ガスケットに交換 エンジンオイルを入れ 修理完了となりました。

話はかわりますが RSZ100 メーターのバックライトが メインスイッチを ON OFF するたびに

Cimg1414

ブルー

Cimg1413

オレンジに切り替わります。

おしゃれです。

気分に応じて変えることができます。

参考までに

トルネードソケット:http://www.kougu-damashii.jp/product/3435

2011/06/14

Honda ジャイロキャノピー修理 ”スピードがでない”

ホンダ ジャイロキャノピーが ”速度がでない パワーがない。”とのことで修理入庫しました。

さっそく エンジンを始動 試乗してみると たしかに パワーがなく 最高速も45km/hくらいだった。

また、アイドリング回転が不安定で アクセルをまわしても 回転が落ちてこない 2次エアを吸っている症状だった。

クランクベアリングの異音も少ししている。

ベルト、ローラーの点検をかねて ベルトケースをあけてみると

Cimg1381

クランクシャフトが 手でチカラをかけると ぐらぐら動き クランクオイルシールの間に隙間ができる。

Cimg1384

クランクケースを分解

Cimg1386

痛んだ クランクベアリング クランクシール クランクシャフトCOMPを交換。

Cimg1388

シリンダー 排気ポートをふさぐかたちで カーボンが付着 これでは パワーがでませんし 高回転がのびないので

Cimg1389

ポートのカーボンおとし 清掃をし

Cimg1392

ヘッドについた カーボンもおとして清掃。

Cimg1390

吹き抜けぎみの ピストン ピストンリング 関連部品も交換。

Cimg1391

その他 ベルト ローラー プラグ ドリブンフェイス プラグ エアクリーナー マフラーずまり などを点検 交換。

オイルポンプも点検 指定位置より ほんの少し濃い目に調整。

アイドリングの回転が安定し アクセルオフで回転がスムーズにおち なおかつ 加速 最高速 パワーも回復したことを確認。 修理完了となりました。 

2011/06/11

Suzuki GZ250 Marauder 点検 と 修理 ”リヤブレーキ鳴き”

スズキ GZ250マローダー が 点検で入庫。

お客様のご要望は 新車購入後 走行距離約1000kmなので エンジンオイル交換と

ブレーキ鳴きがきになるとのこなので

Cimg1363

さっそく リヤブレーキシューの面取り グリスアップのため ブレーキパネルをとりはずしてみると

Cimg1364

ブレーキカム部分のグリスはほとんどなく

Cimg1365

少しピントがあっていませんが まだ ブレーキシュー全体があたっていない状態だった。

Cimg1366

ブレーキシューのカドのバリをおとし 少し面取り

Cimg1367

ブレーキカムに専用グリスを塗布 

ブレーキ鳴きとは関係ないですが

せっかくなので

Cimg1369

リヤアクスルシャフト グリスがほんとにうっすらです。 2万Km走行後 ノーメンテなどの場合 錆ついていることもあるので

Cimg1370

こちらは マルチパーパスグリスでグリスアップ。

Cimg1372

組み付け後 ドライブチェーン調整給油。

試走し ブレーキ鳴き、異常がないことを確認。

ブレーキ鳴き修理は完了となりました。

あとは エンジンオイルを交換。

Cimg1374

バッテリー電圧、端子の締め付け。タイヤ前後空気圧、各部締めつけ、グリスアップ、電装など基本的な点検を行い完了となりました。

参考までに

ブレーキ鳴き止め対策・修理方法(参考までに):http://car-diy9.com/2007/12/post_15.html

スズキ GZ250マローダー:http://www.suzukicycles.com/Product%20Lines/Cycles/Products/GZ250/2010/GZ250.aspx

2011/06/06

あいまいな判断による 迷走

自分は 修理の中で 一番重要なのは 故障の診断だとおもいます。

お客様の訴えを聞いて 症状を確認 原因をさがすこと。

これがしっかりできれば あとは その箇所を修理や調整 交換すれば 修理完了です。

もちろん その間には 問診や なぜ そこが故障したかなどがありますが

やはり 症状の原因を見つけることが重要です。

今回は 診断が あいまいな判断によって 迷走してしまいました。

修理で 2サイクル50ccスクーター(排ガス規制強化後 2サイクル最終モデル、オートバイスタータ通路にヒーター付、パイロット経路には2系統で 1系統はエアバルブ付のタイプ)が

 ”たまに 冷間時のエンジン始動直後 エンジン回転が弱弱しく アクセルをあけるとエンジンがとまったりする アイドリングが安定しない”とのこと

しばらくすると アイドリング回転が安定 走行に支障もないみたいであった。

結果から言うと

Cimg1305

オートバイスタータのバルブが 冷間時にも とびだしたままだった。

診断から 圧縮、点火はOKだったので しばらくのっていない期間もあることから キャブレター分解清掃 少し改善したが

やはり 冷間時 エンジン始動後がアイドリングが弱弱しく アクセルにエンジン回転が点いてこない感じがあったので

ここで オートバイスタータを点検

このとき オートバイスタータ(作動を確認)の点検が あいまいで迷走することになってしまいました。

エンジンを始動後 暖気し オートバイスタータを抜いた時点で オートバイスタータのバルブがとびだしていることを確認 しばらく 放置後 バルブが本体側に戻ってることを確認し(少し戻っているだけで) 作動OKとしてしまった。

実際は バルブが伸びきった位置で 少しうごいて いただけで キャブレターにつけると バイスタータ通路がとじてしまう位置で変動していただけだった。(これは あとで バイスタータの取り付け部分の深さと バイスタータのバルブが本体から 飛び出ている部分を測定して判明)

Cimg1307

冷間時 新品と並べると バルブがもどりきっていないことが 一目瞭然です。

結局 ながながと書きましたが オートバイスタータが故障しているのに あいまいな判断(動いているだけで作動OKとしたこと)で 原因がみつからず あれこれと考え込み 故障診断がすこし迷走してしまいました。

最後は 基本にたちかえり オートバイスタータの故障が判明。

2011/06/05

ウエイトローラー加工

”出だしが 鈍くパワーがない。”とのこで相談がありました。

聞くと きっちり整備もされ。ベルト、ローラーなども最近かえたとのこと。

今回 お客様の了解もいただき、少しウエイトローラーを加工することに

Cimg1276

重たいウエイトローラーは中心までしっかりつまっていますので ドリルで少し削り ウエイトを落としていきます。

Cimg1270

ウエイトを量る計量器がればベストですが ない場合は 面積の比率から計算して ドリルの太さを変えることで だいたい どれくらい削ったかわかるはず、 少しずつけっずて その都度 装着 試走すると変化がわかりますし 失敗も少ないです。

今回 ウエイトローラーを少し軽くし ドライブフェイスの作動を エンジンの回転に対して 遅らすことで 遠心クラッチの作動も遅くなり エンジンの回転が少し高めでトルクの出る位置にし、加速感をアップさせました。

ノーマルはしっかりバランスよく設定されていますので 当店では ほんのちょっとだけの変更するだけです。

追伸 お客様から連絡があり 今回 ウエイトローラー 14グラム(ノーマル設定)のところ 間違って 15グラムをつけていたそうです。(パッケージで判明)

2011/06/02

修理 ”ウインカーがついたり 消えたり 通常点滅しない。”

修理で ”ウインカーがついたり 消えたり 点滅がおかしい” とのこと

みてみると 右フロントウインカーだけ 点滅しなかったり 消えたり 右リアも ウインカーリレー連動のため つられておかしくなるが 見る限り 右フロントが起因している感じだった。

エンジンをかけずに 右ウインカーをだすと 通常作動している。しかし エンジンをかけ、振動が加わると おかしくなる 突然ついたり 弱弱しくなったり

あきらかに 振動による 接触不良 アース不良の感じがしたので

さっそく

Cimg1283

配線,カプラーなどの接触不良などを点検 異常なし

ウインカーステーまでの アースも導通OKだったので

ウインカーレンズをあけると

Cimg1280

ウインカーレンズから 小ねじが

ウインカー本体に ウインカーバルブベースを取り付ける ねじである。

これが 外れていたことによって 接触不良(アース不良)をおこし 症状がでていてみたいである。

Cimg1281

ねじをとりつけ

Cimg1279

エンジンを始動して 振動が 加わっても 通常作動することを確認 修理完了となりました。

2011/05/29

Yamaha TZR125 修理 ”クランクオイルシール打ち換え”

ヤマハ TZR125 ”クランクオイルシール打ち換え”の修理依頼がありました。

聞くと ”エンジンを載せ換え、エンジンは始動できるが アクセルを戻しても エンジン回転が落ちてこないし 高回転のままになっている。”

さらに お客様は既に自分でだいたい検討がついているみたいで

2次エアを吸っているみたいで キャブレターインマニなどは大丈夫 左クランクのオイルシール部分から 液体がにじんでいるみたいなので クランクオイルシールを打ち換えて欲しいとのこと

さっそく 

Cimg1227

左クランクケースカバーをはずし

Cimg1220

フライホイール ステータ ステータベースをはずすと クランクオイルシール部分から 液体(ガソリンと2サイクルエンジンオイルが混ざったもの)がかなり滲んでたれてきている。

Cimg1222

クランクオイルシールをはずすと 右の新品部品とくらべると 左は リップ部分が破損していた。

Cimg1225

新しいクランクオイルシールを打ち込み 組み上げ エンジンの回転が落ちるのを確認。修理完了となりました。

キャブレターにかかる負圧は ピストンが動くことによるクランクケース内負圧などを利用して混合気をすいこんでいるので クランクオイルシールのリップが破損しているので アクセルをもどしても この部分から エアを吸い込むので(アクセルをあけているような感じ) エンジンの回転が落ちなかったみたいである。

2011/05/28

Honda プレスカブ 修理 ”停車するとエンストする。”

ホンダ プレスカブ が ”走行中、信号などで 止まるとエンジンがとまる。 停車すると エンジンがとまる。”とのことで修理入庫しました。

症状的には 走行後 停車 即 エンストなので キャブレターなど不具合かなと思ったりも。

引き上げに行ったとき お客様が”クラッチが引きずっているような” と一言。

さっそく 引き上げて エンジンをかけて 一速にいれると、”ガッコ”とアイドリングにもかかわらず リヤタイヤがまわりだした。当然 センタースタンドをおろすと オートマの車のように クリープ現象みたく すすみだした。

当然 走行し 停車したとき クラッチがひきずっているので エンジンの回転も落ち込む。

クラッチがアイドリング回転でも 少し引きずっているようなので

Cimg1190 

クラッチをはずし クラッチアウター 遠心ウエイトの作動を点検。

Cimg1172

クラッチプレート クラッチデイスク クラッチセンターガイドを交換することに

Cimg1181

クラッチセンターガイドは上の写真の部分 この車両 一度 クラッチ部分を修理してある形跡(ねじの頭が痛んでいたので)があるので この空回りするのに重要なクラッチセンターガイドをオーバートルクで締めているとクラッチを引きずる可能性もあるので交換。

Cimg1192

クラッチセンターナットをトルクレンチで規定値で締め付け

Cimg1200

クラッチアジャストを規定に調整。

エンジン始動後 先ほどのクラッチの引きずり、停車時のエンストがないことを確認。修理完了となりました。

ちなみに

Cimg1177

これが クラッチセンター と クラッチギアアウター

Cimg1184

このようになっていて クラッチセンター(エンジン動力側) と クラッチギアアウター(リヤタイヤ駆動側) が クランク動力回転より リヤタイヤ回転がまさると クランク回転方向と逆に進角。

Cimg1186

クラッチセンターが クラッチプレート クラッチデイスクを押さえつける側にうごく。

それによって 低回転時でも エンジンブレーキがきき。また、ギアが入っていると エンジンが停止し 遠心クラッチがきてなくても 車両は前にすすまないし、 変な話 ホンダのカブは キックがなくなった場合でも 押しがけができるし、キックペダルを踏み込んだ場合も同様の原理でクランクを回転させエンジンを始動させています。

ホンダ スーパーカブ、ヤマハ メイト、スズキ バーディーなどの 自動遠心クラッチ ミッション車を動かしてみると 違いがわかります。

また、

Cimg1193

写真ぶれていますが  シフトペダルを踏み込むと クラッチレバーが動き クラッチボールリテーナーが クラッチが切れる方向にクラッチアウターを押し付けます。変速時 チェンジペダルを踏み込むだけで変速可能となります。

参考までに

※おすすめ 自動遠心クラッチ開発秘話:http://blogs.yahoo.co.jp/cycle_tony/59670164.html

クラッチセンター ドライブギヤアウターの役割について:http://blog.livedoor.jp/eyepoint/archives/1210745.html

遠心クラッチについて参考まで:http://diydourakutetsu.web.fc2.com/CUB_zidouenshin.html

2011/05/24

HondaCB125T 修理”フォークオイル漏れ” ”ステムベアリング交換”

Cimg1125

ホンダ CB125T が ”フォークオイル漏れ” ”ハンドル左右にきった時に ひっかかりがある”で入庫しました。

フォークは インナーパイプが錆で 表面に多少凹があるため インナーパイプも フォークシールセットと同時に交換。

分解のため フォークオイルを抜くと

Cimg1126

フォークオイルは白濁していた。(痛んだシールから 水分がフォークオイルに混入した感じである。)

Cimg1130

あとは ”ハンドル左右にきったとき ひっかかりがある”の修理で

ステアリングステムベアリング と 上下レースを交換。

Cimg1129

今現在では 見かけなくなった ボールを自分で1つずつ 並べるタイプです。少し根気がいります。

アッパー側 ボトム側も同様です。

(今は ほぼ ベアリングホルダーにボールが固定されているので セットするだけです。)

Cimg1131

組みあがりました。 

試走し、フォークオイルのにじみ、ハンドルの引っかかりがないのを確認。

雨が少し降っていてよごれたので

最終 洗車をして 修理完了となりました。

現在 125ccクラスのミッション車両 ラインナップが少ないのは残念です。

自分は 以前 ヤマハ DT125Rを所有していました。 通勤や オフに使用。

任意保険も車の特約で加入することもできますし、税金、維持費が安く、ほどよく遊べ、いじれ、すこし無茶(川渡りで川が深くながされかけたり、色んなところにつこんだり)も 楽しいバイクでした。

2011/05/20

Suzuki ST400 車検&修理”シリンダーヘッド付近からオイル漏れ”

Cimg1122

スズキ ST400 が 車検代行 と 修理”シリンダーヘッド付近からオイル漏れ” ”たまにアフターファイアーする”ということで入庫しました。

まず オイル漏れを確認。

Cimg1062

マフラー取り付け部分の横奥 近辺から 漏れてくる。

エンジンオイルには間違いないし、ヘッドカバー もしくは シリンダーヘッド あたりであるから

さっそく開けてみることに シリンダーヘッドカバーをあけてみると

Cimg1064

そこには こんな プラグガスケットが

穴を覗きこんでわかりました。

Cimg1065

この穴は シリンダーヘッドを脱着するための ナットを緩めたり 締めたりするときに 工具が入るようになっている。

そこの プラグガスケットから エンジンオイルが漏れ エンジンフィンを伝い マフラーの横付近に

Cimg1121

新しいプラグガスケットを取り付け シリンダーヘッドカバーを取り付け オイル漏れがないことを確認。

オイル漏れは修理完了となりました。

次に ”たまに アフターファイアーする。”

試してみると エンジンをきったときなどに ”パーン”とアフターファイアーなどしているし、エンジン始動性も少しわるいので キャブレターを開けてみることに

Cimg1071

燃料コックフィルターでは濾しきれなかった 錆のパウダーがキャブレターフロートチャンバー内にたまっていた。

また、

Cimg1118

キャブレターフロートチャンバー内に適正なガソリン量を保つのに重要な フロートバルブが

Cimg1115

このようになっていた。 フロートバルブ内のスプリングでへこんだり のびたりする クッション部分がへこんで固まっている 作動していなかった。

キャブクリーナーで固着修正

Cimg1116

クッション部分が作動するようになり、スプリングのチカラで飛び出てきています。

もちろん キャブレター、ガソリンタンクを清掃 試走、エンジン始動性などを確認。アフターファイアーもなくなり 修理完了となりました。

参考までに

スズキ ST400(テンプター):http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BA%E3%82%AD%E3%83%BB%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%97%E3%82%BF%E3%83%BC

2011/05/12

スーパーカブ修理 ”キックペダルが戻ってこない。”

Cimg1046

ホンダ スーパーカブが ”キックペダルが戻ってこない。”とのことで修理入庫しました。

キックペダルは 動かすことはできますが 下に落ちたままです。

キックペダルが干渉している様子もないので さっそく クラッチカバーをはずしてみると

Cimg1037

キックスタータシャフト リターンスプリングが折れていました。

新品の部品とならべてみると

Cimg1040

左が新品の部品です。 これでは キックが戻らないのもあたりまえです。

クラッチスプリングを交換し 作動に問題のないことえを確認 修理完了となりました。

今回 結構 走行距離のおおい車両のため クラッチも点検。

Cimg1038

スーパーカブは 遠心クラッチになっていますので クラッチレバーがありません。

Cimg1041

クラッチプレートが入っている クラッチアウター

Cimg1042

4つのウエイトがエンジンの回転があがることで クラッチプレート クラッチデイスクを押し付けるのと

写真を撮り忘れたのですが クラッチセンターとドライブギヤアウターも 重要な役割をしています。

これに関しては 下記のHPを参照ください。

また、チェンジペダルを踏みこむと クラッチが切れるように 外部にも機構があります。(これも写真を忘れてしいまいました。)

見れば見るほど興味深いです。

参考までに

※おすすめ 自動遠心クラッチ開発秘話:http://blogs.yahoo.co.jp/cycle_tony/59670164.html

クラッチセンター ドライブギヤアウターの役割について:http://blog.livedoor.jp/eyepoint/archives/1210745.html

遠心クラッチについて参考まで:http://diydourakutetsu.web.fc2.com/CUB_zidouenshin.html

2011/05/11

電動アシスト自転車 リヤタイヤ、ローラーブレーキ交換

Cimg1027

電動アシスト自転車が リヤタイヤ交換 と ブレーキ鳴きで入庫しました。

リヤタイヤはセンターが磨耗しており サイドウオールにはクラックが

電動アシスト自転車は専用タイヤになりますので

弊社では

電動アシスト自転車専用タイヤ 26インチ1-3/8を

タイヤ、チューブ、リムバンドセット交換で 3,675円(税込、工賃すべて込み)

もちろん 一定範囲内は出張代無料です。

”ブレーキ鳴き”に関しては 走行中 ブレーキ鳴きが大きく 近所の迷惑になるとのことで修理して欲しいとのこと、

以前も ローラーブレーキに

Cimg1025

ローラーブレーキグリスを注油してしばらくはいいが、すぐ 鳴きだすとのことなので

ローラーブレーキ本体を交換。修理後 試乗しブレーキ鳴きがなくなったことを確認 修理完了となりました。

参考までに

ローラーブレーキは

Cimg1029

レバーが作動すると

真ん中のナット型のカムがローラーをアウターロック側におしつけられることにより制動する。

ローラーブレーキグリスはアウター側に注油口あり。

2011/05/10

転倒見積修理から 保険がらみの事故見積修理まで

Cimg1023

弊社では 転倒見積修理から 保険がらみ(相手あり)の事故見積修理もおまかせください。

もちろん、引き上げはもちろんのこと

修理後配達もOK。

お気軽にお問い合わせください。

2011/05/07

自転車

空いた時間を利用して

お客様から処分を依頼された自転車を分解しました。

Cimg1018

特殊工具の確認。逆ねじの箇所の確認などしながら

Cimg1016

ついでに 仕組みも確認。

次回 修理時の参考までに ひさびさに練習しておきました。

修理 ”タンク内 錆落とし”

始動不良の修理依頼が入庫しました。

スパークプラグがかぶっていました。

原因はオーバーフロー。キャブレターを分解するとフロートチャンバー内に錆の粉が(写真撮り忘れました。)

タンクを覗くと

Cimg0943

タンクの中は一面 錆ています。

途中に 燃料フィルターがあるのですが 燃料フィルターも錆でいっぱいでした。

この車種のタンクが生産終了のため タンク内の錆を除去することに

Cimg0948

タンククリーナー 花咲かG を使用。

Cimg0952

裏面をよく読んで

Cimg0951

この順序で

Cimg0958

車両からタンクをはずし 順序通り 注入。

12時間漬け置きしました。

結果

Cimg0960

タンク内の錆が除去できました。

キャブレター分解清掃 燃料フィルター スパークプラグを交換 修理完了となりました。

昔 中古パーツで手にいれたZXR400のガソリンタンクも 中が錆びていて、花咲かGを使用しました。

効果は実証済みですが 錆が剥がれる分 厚みは薄くなりますし その後のケアも必要な場合もありますので タンク新品交換がおすすめです。

参考までに

花咲かG: http://www.hanasaka-g.com/goods/index.html

花咲かG 使い方: http://www.hanasaka-g.com/goods/t_clean_use.html

2011/05/06

Suzuki モレ 修理 ”坂道上りで息つきする。”

Cimg1015

スズキ モレ (2サイクル50ccスクーター) が

”平坦な道は普通にはしるが、坂道上りになると 息つきをおこす。”と修理依頼がありました。

電話の内容から マフラー詰まりでパワーがないのかとおもいましたが 平坦な道では普通にはしるとのこと。

さっそく 引き上げてきて 試乗してみることに

平坦な道では 確かに時速50kmまで加速していく 高架をくぐる坂道があるので下って 上ろうとすると 息つきをおこした ガス欠のように 

さっそく プラグ、エアクリーナーを確認。これといって問題なし。

マフラーの排気圧もあり マフラーは詰まっていない。

ガソリンは タンク内に 異物が 目視で見えたので タンク内清掃を兼ねて ガソリンを抜き替えた。

が 症状はまだ でるので

残るは キャブレターを分解してみることに

Cimg1007

すると メインジェット(中速回転から高速回転における燃料の計量を司るジェット)を取り外し メインジェットの穴を光にかざし覗いていると 穴がうっすら ぼやける。

穴のむこう側の光はみえるが 何かのせいで ぼやけている。

穴を 細い針金でほじってみると

Cimg1013

見えにくいですが ズームで見てください。写真では一部ですが 綿ぼこりのようなものが でてきました。

もちろん スロージェット、その他 キャブレターの通路も清掃し 組み上げ。

エアクリーナーケース、エアクリーナーコネクティングチューブなどを点検 エアクリーナーを清掃し、念のため 燃料ホースに燃料フィルターを追加。

試乗 症状がきえたことを確認し 修理完了となりました。

結局 メインジェットが綿のようなもので 目詰まりしているが 完全に詰まっていないので 多少はガソリンは通り抜け 平坦な道では走るが 付加のかかる坂道ののぼりでは 燃料が薄く 息つきをおこしたみたいである。 

参考までに

キャブレターについて:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%BF%E3%83%BC

2011/04/14

Honda スーパーカブ 修理 ”走行中 ガク ガクする”

Cimg0912

スーパーカブが ”走行中 ガク ガクする”ということで入庫しました。

さっそく 試走すると 加速時 ガク ガクと 加速に 息つきみたいに症状がでた。

加速時 エンジンのパワーが一瞬 後輪に伝わらない感じだったのと 試走中 チェーンのたわみ音がしていたので

駆動系を見てみることに すると ドリブンスプロケットの歯が

Cimg0914

左の新品と比較するとよくわかるのですが 歯が磨耗して 山が新品の半分くらいになっていた。

だから 加速時 トルクがかかると チェーンがドリブンスプロケットの歯を乗り上げ すべってトルクが抜け ガクとなっていた。

Cimg0913

ドライブスプロケット ドライブチェーン ドリブンスプロケット を新品に交換。

試走し 症状がなくなっていることを確認 修理完了となりました。

もちろん チェーンのたわみ音もなくなり スムーズな加速になりました。

ドライブチェーンが 伸びてきて 調整いっぱいになったら チェーンとともに ドライブスプロケット、ドリブンスプロケットも同時交換がおすすめです。(チェーンだけ交換した場合 スプロケットの歯は磨耗しているので チェーンの痛みもはやくなりますし、今回のように 歯がなくなりかけたり 最悪 チェーンがはずれ 後輪に巻き込んだり クランク側で巻き込んで クランクケースやカバーなどが割れたりします。)

2011/04/12

修理 ”エンジンは始動するが まったく走らない”

”エンジンは始動するが まったく走らない”とのことで修理依頼がはいりました。

走行中 ガガッガと変な音がして まったく走らなくなったとのこと

エンジンは始動でき アクセルをあけると エンジンも吹けあがる。

エンジンは問題なさそうなので 駆動系をみてみることに

Cimg0900

Vベルトが 破損していた。

Cimg0901

右の新品のVベルトとくらべると一目瞭然です。

さっそく Vベルト ウエイトローラー スライドピース トルクカム給油とシムを交換修理完了となりました。

購入後 4万km走行しているが 1度もVベルトの交換はしていなかったとのこと

最近のVベルトは切れにくくなったみたいですが やはり 定期的交換 点検をおすすめします。

2011/04/09

修理 ”ハンドル操作に違和感がある。”

”ハンドル操作に違和感がある”とのことで修理車が入庫しました。

お客様に詳しく聞くと

”ハンドルが 直進で固定されているようで 左右にきれにくい。ハンドルを左右にきるのに チカラがいる。”とのこと。

さっそく バイクでためしてみると 左右にハンドルをきった時 真ん中 直進の位置だけ ハンドルがひっかかる。

ハンドルが固定される感じである。

前輪を浮かせて 同じようにハンドルを左右にきっても 同じようになる。

ワイヤーケーブル、ハーネスなどの取り回しに異常がないことから

ステアリングステムベアリング、レースの異常と判断。ステアリングステムベアリング、レースをみてみることに

Cimg0884

フレーム側のステアリングステムボトムベアリングのレースがとくに 損傷が目視で確認できた。

Cimg0881

上の写真の 特殊工具などを使って

Cimg0887

レースをフレームから取り外した。

新品と比較すると

Cimg0894

上が新品 下が取り外したステアリングボトムベアリング、レースである。

取り外したレースには ボールベアリングがひっかかるようなクボミが目視で確認できる。

フレーム側、ステアリング側のレースのクボミが一致する箇所で ハンドルが引っかかっるので

ステアリングステムアッパー側ももちろん同時に新品に交換。

ハンドルのひっかかりが消えていることを確認 修理完了となりました。

レースの損傷の原因としては 長年の使用で磨耗してくる場合や 転倒 事故などで ステアリングステムに大きなチカラがかかっての損傷などあるのですが 今回の車両は走行距離が少ないので 後者の方だとおもわれます。

よかったら、ご自身の乗られているバイクも ステアリングにひっかかりがないか 確認してみてください。

ステアリングの異常は事故や転倒につながりやすいので。

2011/04/05

Yamaha ギア フロントタイヤ、フロントブレーキシュー交換

ヤマハ ギア が フロントタイヤ フロントブレーキシュー交換で入庫しました。

Cimg0837

当店では

フロントタイヤ IRC MB58 90/90-12 で交換すると

タイヤ代 4,725円、 交換工賃 1,575円、 廃タイヤ処分代 157円 の

合計 6,457円(税込)にて 交換実施中

また ブレーキシュー交換時 

Cimg0834

ブレーキカム が グリス切れを起こしている場合 分解清掃給油

Cimg0835

パネル内のブレーキダストを清掃、ブレーキカムリフト面もグリスアップ

Cimg0836

新しいブレーキシューの ライニングのバリを取り 組み付け

ブレーキの操作性がアップし、安全につながること間違いなしです。

※ブレーキが ひっかかって戻りにくい 重たい等の症状があれば

タイヤ交換時、ブレーキシュー交換時でもいいですし それ以外でも お気軽にご相談ください。

2011/04/02

Honda ZOOMER 修理”エンジンから異音がする”

ホンダ ズーマー が ”エンジンから 凄い異音がする” とのことで入庫しました。

さっそく エンジンを始動すると

”ガラガラ ゴロゴロ” エンジンの回転をあげると さらに 凄い音がします。

エンジンからオイル漏れをおこしていますし、異音は エンジンからだったので さっそく エンジンを車台からおろし 分解。

Cimg0756

(写真ではわかりにくいのですが クランクケース(写真左のクランクケース)とシリンダーは一体となっているのでピストン交換はおのずと このタイプはクランクケース分解となります。)

Cimg0759

今回、異音の原因は この左右クランクシャフトベアリング が

Cimg0760

指ではさんで 動かすと 簡単にぐらぐらと ガタついていました。

Cimg0763

今回は クランクシャフトを新品に ピストン ピストンリング Vベルトなどの駆動系も新品に交換。

Cimg0772

エンジンを組み上げ 車両に載せ エンジンを始動。オイル漏れ、クーラント液漏れがないことを確認。

異音がなくなり スムーズに走ることも確認。

修理完了となりました。

※エンジンオイル漏れ クーラント液漏れは 大事に至らないために 早めの修理が肝心です。

2011/03/30

Yamaha ビラーゴ400 修理 ”回転をあげると アフターファイアーが起こる。”

Cimg0789

先日 ヤマハ ビラーゴ400 が アクセルを開けると マフラーから ”パン パン”と アフターファイアーするとのことで入庫しました。

修理とともに ヤマハ ビラーゴ400について 少し書きたいとおもいます。

今回の アフターファイアーの 原因は 前後キャブレターの同調がくるっていたこと。 また 前後のパイロットスクリューの戻し回転数が 前後で違っているとともに 規定回転数とはかけはなれていた。 キャブレター内の汚れもすこしあり、フロートバルブの動きも悪かった。

キャブレターの分解清掃、パイロットスクリュー回転数を規定値に戻し 同調をとった。

アフターファイアーもなくなり 始動性も改善。 修理完了となった。

ヤマハ ビラーゴ で 書きたかったことは 個人的な感想ですが デザインにこだわったつくりで 面白い箇所があること

例えば

Cimg0786

YAMAHA Virago と書かれた タンクに見えるカバーの下には フレーム自体がエアクリーナーケースになっていること。

ちなみに ガソリンタンクはシート下にあります。

Cimg0785

また、このフレームとシリンダーに挟まれたキャブレター この狭いスペースにはまるように設計されたかのような造りである。

上の写真は 車台左からの写真ですが 見えているのは フロートチャンバー(ガソリンが一時的におくられてくるところ) 多くのオートバイのキャブレターでは フロートチャンバーは キャブレターの下側にあるのですが この車両は キャブレターの左横にある。

Cimg0784

右側からの写真 バキュームピストンが右から 左に向かって 横置きである。

たいていのオートバイのキャブレターは 上側から 垂直方向でついている。

また このキャブレター シリンダーとフレームに挟まれているため 脱着がしにくい 自分も今回で2回目だが 1回目が十年以上前で 取り付けに てこずった としか憶えていない。

コネクティングチューブ分の余裕があるが コネクティングチューブのボルトがキャップボルトのため 狭い部分にはいるように 今回も工具を加工して使った。

慣れれば そんな時間はかからないと思うが なれる前に 最近では 残念ながら 見かけないバイクである。

※また、気をつけないといけないのが キャブレターのオーバーフローパイプが 前シリンダーの左上のカバー内ささっているので オーバーフローしている車両でオーバーフローに気がつかず 前側点火プラグで 点火チェック(スパークプラグに火花がでているか?目視の点検)すると 前側のプラグが ちょうど左側なので たいへんなことになる。(どんな車両でも オーバーフローしているバイクで点火チェックは危険です。)

と言うのも 大事に至らなかったが 整備士 なりたてのことに 経験したことがあるからである。

それ以来 点火チェックは 必ず 安全をたしかめてからにしている。

ヤマハ ビラーゴ400 スリムでデザインが好きなバイクの1つで 

このバイクは 400cc V型2気筒 軽快で タンクがシート下なので重心も安定していて 街乗りはもちろん 高速道路まで ストレスなく走り 個人的には平坦な林道を軽く走っても以外と面白かったです。(タイヤがすべりやすいので あまりおすすめはしませんが)

2011/03/28

Honda Today 修理”エンジン始動不良”

Cimg0711

ホンダ トゥディ が”エンジンがかからない”とのことで 引き上げ依頼がありました。

さっそく 引き上げ 

試しに セルボタンを押してみると セルが回りそうでまわらない ”ガッツ、ガッツ”と音がする。

セルスタータのパワーが弱い感じである。

Cimg0714

まず バッテリーの電圧をチェック 12.42V  12V以上ある。

しかし、セルボタンを押すと 電圧が バッテリー電圧がいっきに 10Vに下がった。

みかけのバッテリー電圧はあるが 容量がない。

わかりやすく 言えば 川の流れの勢いはあるが 流れている川の水量が通常より少ない。ので 水車が回せない。回っても通常よりパワーがないということ。

さっそく バッテリーを新品に交換。セルでエンジンが始動できることを確認。プラグ、エアクリーナー、オイル、空気圧など基本的な点検をおこない。修理完了となりました。

参考までに

最近では ガソリン、タイヤ、など 値上げの中 バッテリーも数年前から 徐々に値上がりを繰り返しています。ここ最近では 実勢価格と バッテリーの定価に違いがありすぎることから 国内メーカーのバッテリーはオープンプライス(定価をなくすこと)になっています。

弊社では 国内メーカー から 海外メーカーの格安バッテリーまで 幅広く取り扱いしております。お客様に バイクの使用方法など都合などで 選んでいただけることが可能です。

お気軽にお問い合わせください。

2011/03/10

タイヤの製造年月日

タイヤのおおよその製造年月日が タイヤに表示されています。

ご自身のバイクのタイヤが いつくらいに 製造されているかを知るのも 日頃のメンテナンスの参考になります。

例えば

Cimg0726

IRC RX01(140/70-17) この タイヤのサイドウオールを見ると

Cimg0732

こういった 表示が ”4410” 

これは 右の10が 2010年の10で 44は 1月1日から44週間目ということになるので 

44週 × 7日 で 308日

1月間を 約30日で 計算すると

308日 は 10カ月(300日) と 8日 になるから

このタイヤは おおよそ 2010年11月上旬に製造されたことになります。

よかったら 一度 ご自身のバイクや 車のタイヤも見てみてください。

Honda V-TWIN MAGNA250 点検 タイヤ交換 修理”走行中 段差を越えると異音がする。”etc.

Cimg0671

ホンダ マグナ250 が 点検で入庫しました。

お客様からの要望点は ”フロントフォークシールからフォークオイルからにじんでくる。” と ”段差を超えると異音がする”でした。 ツーリングに行く前に点検をかねて 修理したいとのこと。

まず ”段差をこえると異音がするとのこと”

さっそく シートにまたがって フロントブレーキを握り 前後に動かして サスをうごかしてみたが 異音がしない。

段差をこえると リヤまわりとのことなので シートにおもいっきり 体重をかけるように 押してみると ”グシュッ”と嫌な音がした。 リヤサスペンションに過重をかけて ゆっくり動かすと異音はしないが、勢いよく いっきに リヤサスペンジョンを おもいっきり 動かすと 異音がした。

スイングアームのベアリングがガタついたり、グリス切れしている音ではなく。 何か擦れているような音だった。

タイヤや リヤフェンダー その他 リヤサスペンションが動くことによって 何か擦れていないか 見てみたが 何もなかった。

異音が”グシュッ”とサスペンションあたりからするので

Cimg0672

リヤサスペンションをはずしてみると ブッシュが少し劣化していた。 今回は

Cimg0673

WAKO'S ラバーグリスを ブッシュ部分に塗布。 さらに

Cimg0674

ボトム側のブッシュはしっかりしていたが。サスペンションボトム側にもかるく塗布。

左右おなじようにし 組み上げ 先程のように シートにおもいっきり 体重をかけ 勢いよく リヤサスペンションをうごかしてみた。

異音が消えた。 原因は アッパー側のブッシュが劣化し サスペンションが勢いよく 動いたときに 擦れて 異音をだしていたみたいである。

次に ”フォークオイル漏れ”を修理することに

Cimg0679

こちらは オイルシールストッパーも錆るほど 劣化していたので

シールセット オイルシールストッパー スライダーブッシュ ガイドブッシュ その他 Oリングなどを交換 新しいフォークオイルを規定値 注ぎ 組み上げ サスペンションをうごかし フォークオイルのにじみ が ないのを確認。修理完了となりました。

点検では 前後タイヤ と エアバルブに クラックが見受けられたのと タイヤの製造年月(タイヤサイドウオールに表示されています。)が 6年前くらいだったので

Cimg0676

前後タイヤ、エアバルブを交換。

各部 点検 清掃 調整 給油 補充 を行い。 点検完了となりました。

参考までに

当店では マグナ250

フロントタイヤ DUNLOP K555F 120/80-17 を

タイヤ代 9,450円、 交換工賃 2,100円、 廃タイヤ処分代 315円、 合計 11,865円 

リヤタイヤ DUNLOP K555 150/80-15 を

タイヤ代 11,550円、 交換工賃 2,100円、 廃タイヤ処分代 315円、 合計 13,965円

にて交換実施中。

もちろん 出張引取り可能です。

出張引取り 修理後の配達納車代もサービスにて(一定範囲内ですが)

お気軽にお問い合わせください。

2011/03/07

Honda ジャイロX 駆動系修理(Vベルト交換)

Cimg0684

Honda ジャイロX が 駆動系修理(Vベルト交換)で入庫。

Cimg0699

使用状況にもよるが 走行距離が 20,000km弱なので 交換時期である。

Cimg0694

さっそく ベルトケースをあけ 取り外した。 

Cimg0690 

下が新しいVベルト 上が交換前のVベルト 約1mmぐらい 磨り減っている また 写真を取り忘れたのですが 交換前のVベルトを折りたたむと 外面 内面ともに 亀裂が多少あった。

Cimg0692

また 変速に重要な部品の ウエイトローラーも 右の新しい部品にくらべ 左の交換前の部品は 外周が磨り減り 一部 カタ減りしている部分もあった。

当店では スライドピースとともに これら部品を交換するとともに 

Cimg0693

クラッチ部分も分解 点検とともに トルクカムのシム部分に新しいグリスを塗布。

Cimg0697

さらに Vベルトを冷却するのに重要な ダクトクリーナーも ごみで目詰まりしているので 新品に交換。

すべて 組上げ 試乗し 以前より よくなっていること(加速、最高速など)を確認。修理完了となりました。

Vベルトが切れてからでは遅いので 駆動系は車種毎のメーカー推奨時期に交換することをおすすめします。

2011/03/06

Honda リード100(2サイクル) タイヤ交換

Cimg0702

ホンダ リード100(2サイクル)が 前後タイヤ交換で入庫しました。

Cimg0701

当店では  国内タイヤメーカー IRC で交換の場合

前後とも IRC MB520 100/90-10 を

タイヤ代 4,725円、 工賃 1,575円、 廃タイヤ処分代 157円

合計 6,457円(税込)

さらに 開店1周年記念価格 6,000円 にて (4月末まで)

その他、海外、国内メーカータイヤも取り扱いしております。

出張引取り 交換後の配達納車料も無料サービス中。(一定範囲内に限り)

お気軽にお問い合わせください。

2011/03/05

Honda FTR223 フロントタイヤ交換

ホンダ FTR223 が  フロントタイヤ交換で入庫しました。

Cimg0669

当店では 

DUNLOP K180 120/90-18 (標準装着タイヤ) で交換すると

タイヤ代 8,400円、 交換工賃 2,100円、廃タイヤ処分代 315円 

合計 10,815円(税込) 

※ フロント リヤとも 同じ価格です。 また、一定範囲の出張引取りも無料です。 チューブ交換希望の場合は 別途チューブ代 1,575円がかかります。

出張引取り 交換後の配達納車料も無料サービス中。(一定範囲内に限り)

お気軽にお問い合わせください。

2011/03/04

Yamaha ギア 修理 ”エンジンから異音がする”

Cimg0623

ヤマハ ギア 修理 ”エンジンから異音がする” とのことで 入庫しました。

エンジンは始動でき 走行もできるが 常にエンジンから 異音がする。

どうも クランクシャフト あたりから聞こえてくるので

Cimg0645

車両から エンジンをはずし、分解

Cimg0647

クランクのコンロッドのベアリング部分(人指し指で指している部分)が がたついていた。

Cimg0649

クランクシャフトCOMPを交換。

Cimg0663

ピストン ピストンリング なども交換し

組み上げ エンジンから異音が消えていることを確認し 修理完了となりました。

2011/03/03

Yamaha ギア 修理 ”走行中 エンジン警告灯がたまに点灯する”

Cimg0622

ヤマハ ギア が ”以前から 走行中 エンジン警告灯がたまに 点灯する”とのことで入庫しました。

Cimg0624

エンジン警告灯(SPEED警告灯と水温警告灯の間のエンジンマーク)は走行中に 点灯するとのことなので

さっそく 試乗してみることに 走行中 時速40~50km あたりで点灯したりすることがあり しばらくすると 消えたり 点灯しっぱなしの場合も みうけられた。

FI故障診断コードを 呼び出すと ”42” (スピードセンサーから正常な信号が届かない。) だった。

Cimg0651

サービスマニュアルに従い 診断。 

配線の断線もなく。スピードメーターの針はしっかりうごいていたが

Cimg0633_2

FIダイアグでみてみると D07(車速パルス)が 0で まったく 車速パルスが送られてこない場合があった。

正常な場合 FIダイアグをつなげ 前輪を回した場合 メーターをから 車速パルスが 送られてきて 0~999まで数字が動いていくとのこと。

残るは メーター内のスピードセンサーの不良なので スピードセンサー(メーター)交換。

Cimg0634

前輪をまわし 車速パルスが送られてくることを確認。

試乗し、エンジン警告灯が点灯しないことを確認し 修理完了となった。

結局 走行中 エンジン警告灯は メーター内のスピードセンサー(車速パルス用)が パルスを送信できないとき ECUが エンジン警告灯を点灯させていた。

2011/03/02

Yamaha シグナスX 修理 ”エンジン警告灯が点灯”

Cimg0620

ヤマハ シグナスX が フロントタイヤ交換 と ”エンジン警告等が点灯しっぱなし” で入庫しました。

エンジン警告灯が点灯しだしてからは エンジンの始動性がわるくなったが 始動すれば 普通に走行できるとのこと。

さっそく エンジンをかけようとすると セルを数回まわし アクセルを少し開けると エンジンが始動する感じっだた。

また メーター内の エンジン警告灯は点灯していた。

Cimg0610

さっそく ヤマハ FIダイアグノーシス ツール も使い故障箇所を呼び出し。

Cimg0612_2

エンジン温度センサー系の故障とでたので サービスマニュアルに従い診断。

Cimg0613

シリンダーヘッド上部のエンジン温度センサーの配線が切れていた。

Cimg0615

配線を修正。

Cimg0616

エンジンを始動 エンジン警告灯が点灯しないことを確認し修理完了となった。

また エンジンの始動性も回復。セルですぐに始動。オートチョークがしっかり効いていた。

結局 エンジン温度センサー断線のため オートチョーク機能を コンピューターがフェイルセーフ(作動停止)していたみたいである。そのため エンジン始動性が悪くなっていた。

2011/02/28

Yamaha シグナスX LED取り付け

Cimg0603

ヤマハ シグナスX が リヤタイヤ交換 と LEDとりつけ で入庫しました。

バッテリーをつなぐと

Cimg0602

車両につけると

Cimg0604_2

昼間なので 明かりを消し 暗くすると

Cimg0606

夜が楽しみです。 今回 昼間だけの預かりのため 夜間の写真はとれませんでしたが 暗くするだけでも いい感じで光を灯しているのでGOODです。

2011/02/19

エンジンオイル漏れ修理

Honda プレスカブ が 1日 1,2滴 地面に落ちるくらい オイルが漏れるということで 入庫しました。

よくあるのが エンジンの各部のオイルシール Oリング ガスケットなどの劣化による オイル漏れが多いのですが

どうも 見る限り クランクケースのフレームに隠れている部分からもれてきているようだった。

エンジンを全体的に脱脂し、エンジンをかけておくと

Cimg0569

エンジンハンガー部分の根元付近から エンジンオイルがじわりとにじんできた。(上の写真はみやすいように エンジンのハンガーボルトをはずし エンジンをフレームから はずしてあります。)

Cimg0575

わかりにくいですが わずかにクラックがあります。そこから エンジンをかけると じわじわエンジンオイルがにじんできます。

今回はクランクケースハンガー付近なので 金属パテで埋めることにしました。理由は 金属パテは簡単におもった箇所に また 形も自分で整えやすいからです。

Cimg0579

ワイヤーブラシ ペーパーなどで 磨き 油分 汚れをとり

Cimg0582

金属パテで埋めました。

乾燥させてから エンジンをフレームに組み付け エンジンをかけ エンジンオイルの漏れがないことを確認し 修理完了となりました。

Cimg0584_3

今回 推測ですが クランクケース下部のステップバーがくの字に曲がっていた。 エンジン下部に大きな衝撃がかかったとき クランクケースハンガー付近にも力がかかり 鋳物のケースにクラック(巣)が入ったとおもわれます。 

補足として、金属パテは 製品にもよりけりですが 以前 自分が乗っていたXR200は エンジン組み上げ後 作業台から落とし クランクにクラック ひずみがありましたが 金属パテで修正 乗りつぶすまで エンデューロレースなど かなり走行しましたが 最後までもちました。

ただ クランクケースなので あまりひどい場合は クランクケース交換をおすすめします。

2011/02/17

ホンダ Today タイヤ交換 3,980円(税込)

Cimg0565

ホンダ Today が タイヤ交換で入庫しました。

当店では タイヤサイズ 80/100-10 タイヤ交換 3,980円/1本 (タイヤ代 交換工賃、廃タイヤ処分代 すべて込み) です。

かつ 京都市、京都市近郊一定範囲(詳しくはホームページに) 出張引取りと交換完了後の納車代も無料です。

お気軽にお問い合わせください。

話はかわりますが

ニュースで 4月から 大手タイヤメーカーがタイヤ価格の値上げを発表しております。 バッテリー タイヤなど 資源需要が増し 年々 価格は上昇しておりますが

バイクライフをサポートできるように 弊社はできるだけこの価格でさせていただきます。

参考までに

大手タイヤメーカー タイヤ価格値上げ ニュース記事 :http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110209-00000590-san-bus_all

2011/02/16

修理 ”フロントタイヤが走行中ぐらぐらする”

Rimg0937

スズキ バーディーが ”フロントタイヤがぐらぐらする”とのことで 入庫しました。

さっそく 前後に バイクをうごかしてみると

フロントブレーキをかけたりすると タイヤがぐらっと傾くかんじがする。

Rimg0938

さっそく フロントまわりを分解。

Rimg0939

サスペンションのブッシュや サスペンションアームのブッシュが

Rimg0942

サスアームのブッシュ カラーまわりがけずれ 隙間ができていた。

Rimg0940

また サスペンションの上部のブッシュラバーも変形。

以上の部品を交換 グリスアップをし組み付け 修理完成となりました。

ブレーキをかけても 傾かず しっかり 制動するようになりました。

2011/02/14

FTR223 カスタム DAYTONA LEDウインカー 

FTR223 が DAYTONAシェイプLEDウインカー (クリアブラック) DAYTONAショートステムミラー NitroHeads ナイトロヘッズシート 交換で入庫しました。

Cimg0550

まずは ウインカーを交換。ウインカーステーは以前のを再使用。 消費電力も少なくなるので DAYTONA LEDウインカー用リレーに交換

Cimg0552_2

シートもノーマルからNitroHeads ナイトロヘッズ製シート(黒/赤)に交換

Cimg0546

ミラーもDAYTONAショートステムミラー(ブラック)交換

Cimg0554

黒/赤ベースのさらにかっこいい感じになりました。

参考までに

DAYTONA HP(DAYTONA製品WEBカタログあります。) : http://www.daytona.co.jp/

2011/02/07

実用自転車BE(耳つき)タイヤ 

実用自転車(郵便配達や 新聞配達などに使用される自転車)の前後タイヤ交換が入庫しました。

実用自転車BE(耳つき)タイヤは

Rimg0945

チューブをタイヤでぐるっと巻き込み タイヤにはめられています。

普通の 同サイズのタイヤ、チューブと並べてみると

Rimg0950

頑丈で リムうちなど 重い荷物をつんでいても 大丈夫な感じがします。

リムも タイヤの耳の凸部分がひっかかるように

Rimg0952

それように特殊な型になっています。

Rimg0951

では この蛇の皮のようなタイヤをどう組み込むか?

タイヤでチューブを巻き込みなが リムの円周にそって 地道に組み込んでいくのです。

Rimg0948

完成しました。 なれれば5分くらいでできます。(自転車屋さんはもっと早いとおもいます。)

2011/02/06

Honda ズーマー タイヤ交換

Rimg0935

Honda ズーマー が 前後タイヤ交換で入庫しました。

当店では

KENDA はもちろん 国内メーカー IRCのMB99も

フロントタイヤ IRC MB99 120/90-10 を 6,982円(タイヤ代 工賃 廃タイヤ処分代 消費税込) 

リヤタイヤ   IRC MB99 130/90-10 を 7,507円(タイヤ代 工賃 廃タイヤ処分代 消費税込)

にて交換実施中。

京都市 京都市近郊は 出張引取り 修理後 配達納車代 無料にて

お気軽にご相談ください。

YAMAHA ”燃料ポンプに関するサービスキャンペーン情報”

ヤマハ フューエルインジェクションタイプに 燃料ポンプに関するサービスキャンペーンがでています。

サービスキャンペーンとは ”リコールや改善対策に該当しない商品性向上や品質改善を行なう場合に、自動車製作者が国土交通省に通知をして対策を実施する制度です。”とのこと。

今現在 ヤマハ インジェクションタイプの車両を 所有している下のURLで 車台番号対称検索することができます。

詳しくは : http://www.yamaha-motor.co.jp/recall/mc/campaign/2010-12/fuel-pump/

対称検索 : http://www.yamaha-motor.co.jp/recall/mc/campaign/index.html

当店では お取引先様の車両の保守の関係で これらの サービスキャンペーンの実施も可能です。

遠方からで 京都に出てきた方や いきつけのバイクショップがない方 バイクを持っていく時間のない方など

京都市や 京都市近郊であれば 出張引取り 作業後の配達納車も無料です。

ただし あらかじめ車台番号のご連絡が必要になります。

早めに 修理しておけば 安心して乗れます。

お気軽にご相談ください。

2011/01/28

修理 ”マフラー脱落(クランクケース割れ)”

お客様から ”走行中 マフラーが脱落した” と修理依頼がありました。

車両をさっそく引き取って、みてみると

Rimg0911

マフラーは ジョイント部分ではずれ 一緒に クランクケースの一部も下の写真のように

Rimg0915

割れていた 以前から損傷して クラックがはいっていたのかも?

通常 アルミの鋳物だと 溶接は よくないとのことですが 

今回は お客様の了解と いつも加工をお願いしているSWIFTさんに無理を言って ダメもとで 溶接してもらうことに

その際 溶接に立ち合わせていただき SWIFTさんに TIG溶接 MIG溶接 の違いや、溶接の方法などを 一緒に教えていただきました。

Rimg0917

すこし 写真がピンボケしていますが クランクケースの外側と内側を溶接していただき 修理完了となりました。

参考までに

TIG溶接 : http://ja.wikipedia.org/wiki/TIG%E6%BA%B6%E6%8E%A5

MIG溶接 : http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%82%B0%E6%BA%B6%E6%8E%A5

2011/01/17

修理 ”リヤタイヤが ロックして走らない”

リヤタイヤがロックして走らないとのことで 車両が入庫しました。

前後に動かそうとしても ブレーキがかかっている状態です。

さっそく リヤタイヤをはずすと

Rimg0906

ブレーキシューが かなり いびつに 磨耗し リヤのシャフトのベアリングのボールがぽろぽろ 落ちてきました。

上の写真では ベアリングのボールがありませんが 実際は

Rimg0908

このように ボールがはいっていないといけないのですが 指で持っているもののように 半分げずれているものもありました。

Rimg0909

あたらしい ベアリングに交換。ブレーキシューも引きずり いびつに磨耗していましたので 交換 修理完了となりました。

2011/01/07

修理 ”フロントタイヤがぐらぐらする。”

フロントタイヤがぐらぐらする とのことで修理車両が入庫しました。

さっそく フロントをジャッキアップし、タイヤをうごかすと ぐらぐらしている。

フロントホイールを 車両からはずして見てみると ホイールベアリングがかなり痛んでいる。

ベアリングリムーバを使い 

Rimg0903

ベアリング デイスタンスカラー をはずすと

Rimg0904

こんな状態でした。

ベアリングが左右あるうちの片方はかなり破損しています。

Rimg0905

あたらしい ベアリング デイスタンスカラー ダストシールを打ち込み 

修理完了となりました。

新品ベアリングには はじめから ローラー部分にグリスが塗布されていますが、走行をかさね 年数が経つと どうしても グリスも劣化 グリスぎれをおこします。一度磨耗しだしたベアリングは ガタつき 磨耗がはやいです。

当店では タイヤ交換時 ベアリングの損傷の点検をおこなうとともに グリス切れしそうな場合には スプレーグリスで グリスを吹き込み アクスルシャフトとともに グリスアップしております。

簡単なことですが メンテナンスはちょっとしたことで 車両の状態がぜんぜん 違ってきます。

2011/01/05

新春価格 タイヤ交換 YAMAHA シグナスX-SR

Rimg0888

ヤマハ シグナスX SR が フロントタイヤ交換で入庫しました。

新春価格で

フロントタイヤ IRC MB67F を 6,000円(タイヤ代、工賃、タイヤ処分代、消費税すべて込み。)

リヤタイヤ IRC MB67 を 6,500円(タイヤ代、工賃、タイヤ処分代、消費税すべて込み。)

出張引取り配達納車料 無料にて(一定範囲内 詳しくはHPを参照ください。)

で実施中!

お気軽にお問い合わせください。

2010/12/28

修理 始動不良 2サイクル 50cc スクーター

始動不良のスクーターが入庫しました。

点火、ガス、圧縮をみていくと 圧縮が通常よりも低い値を示した。

さっそく シリンダーをはずしてみると ピストンも シリンダーもまったく 損傷がない。 リングの固着もない。

なんで 圧縮あがらない?

ピストンリングをよく見てみて ようやくわかった。

Rimg0877

トップリング(コンプレッションリング)の先が 少し欠けている これが 原因でした。

コンプレッションリングのため、このリングが圧縮にとても重要。

逆に少し焼きついてシリンダー、ピストンに損傷があってもコンプレッションリングが圧縮をたもてるぐらいであれば始動し、走行しているバイクも修理時みかけましたから

圧縮はこのリングにかかっているんだとおもいました。

新品に交換 圧縮も通常の値に 始動不良も完治しました。

2010/12/23

経験、推測による診断ミス YAMAHAギアFI”始動不良”

痛恨の診断ミスでした。

ヤマハ ギア4st FI が始動不良で入庫。

さっそく 試すと セルはバッテリーがあがり 回らず キックでも かかる気配なし。

スパークプラグをみると プラグがかぶっていた。(診断ミスにつながるとおっていなかったので写真なし。)

ここで 思い込み ”セルのまわりがわるいため スパークプラグがかぶっている。”

バッテリー プラグ交換後 セルをまわすと すんなりエンジン始動。アイドリング。試乗もOK バッテリー充電圧もOK。

終了かと おもいきや 納車前 エンジンを始動しようとセルをまわすが かかる気配なし。

スパークプラグが かぶっていた。

ここで 経験による推測 ”以前 インジェクションのバルブのしまりがわるく ポンプ圧をかけると 穴から ガソリンが漏れ 次にかけようとしたとき 漏れたガソリンでプラグがかぶり 始動不良というのがあった。”

てっきり インジェクターだとおもい はずして確認 漏れないし。インジェクションの2つの穴のつまりもなく。しかっり 燃料を噴射している。

では なぜ プラグがかぶるのか?

インジェクションをはずしていたときに スパークプラグをはずすと 先程清掃した プラグがかぶっているのにきずいた。

なんで? そこで やっと 気がついた プラグはガソリンでかぶっているのではなかった。

よくみると水分 ラジエター液でかぶっていた。

ここでようやく シリンダーヘッドガスケットがわるくなり、エンジン停止後 ラジエターコアから 燃焼室に液がもれているとわかった。 たしかに エンジンオイルも少し白濁していた。

Rimg0857

シリンダーヘッドガスケット交換 症状がなくなり 再始動OKとなった。

2010/12/21

修理 Honda FTR223 ”ウインカーの点灯が遅い”

Rimg0845

FTR223 が ウインカースイッチを入れてから 数秒後に ウインカーがやっと 点滅するとのことで 修理入庫しました。

試してみると 左右ともに スイッチを作動させてから 少したって 点滅を始める。

さっそく スイッチに 接点復活剤を 吹き込むと 作動が早くなったが しばらくすると 症状がでるので

Rimg0848

ウインカースイッチの接点をあけてみると 接点が磨り減り

Rimg0855

接点を押し付ける スプリングもヘタリ 押す力が弱っていた。

これらのパーツは単体で販売されていないし 万全を期すため 

Rimg0847

ウインカーディマスイッチアセンブリ 交換で作業終了となりました。

Rimg0854 

スイッチ操作にクイックに反応するようになりました。

また、スイッチ部に 強酸性の錆落とし剤などを かけると スイッチの接点が腐食し 今回のような症状をおこすことがありますので スイッチ部分には 洗車時 気をつけましょう。

2010/12/20

修理 CB400SFREVO ”シフトチェンジの時 チェンジペダルがかたい”

Rimg0844

CB400SFREVO が チェンジペダルがシフトチェンジの時 かたいということで 入庫しました。

さっそく 試乗してみると シフトアップで シフトをかきあげる時 かたく 少しの試乗でも 革靴でも つま先がすこし痛くなった。

購入したときからとのこと。

さっそく クラッチレバーの遊び、クラッチワイヤーの作動、クラッチリフターの作動を確認。異常なしだった。

こういった症状の場合、クラッチレバーをにぎってクラッチをきっていても 何らかの原因で クラッチがひきずっている場合がある。

自分の経験上の話で申し訳ないのですが ホーネット250で購入時から シフトがかたく、停止時 ニュートラルになかなか はいらないという症状を何度かみたことがある。

たいていクラッチセンターナットをオーバートルクで締め付けたことによる。クラッチアウターガイドが変形し クラッチアウターと 空回りする部分が引きずっている場合が多かった。

Rimg0840

使用限度はサービスマニュアルに記載されてますが 今回 クラッチアウターガイド ローラーベアリング  を交換。

Rimg0843

クラッチセンターロックナットを規定トルクで締め付け 組み上げました。

シフトが軽くなり 修理完了となりました。

お客様からは シフトは軽くなったが、チェンジのしこりがあると 課題もいただきました。

話はかわりますが この修理で思い出したのが

友達とシフト時の 音が鳴る 鳴らないで 言い合いをしたことです。

加速時などのシフトアップ時 シフト毎に ”カン” ”カン”音がするのです。

停止時のニュートラルから ローに入れたときは”カコン”と鳴るのは 後輪がまわっていないので しかたなのない部分もありますが

走行時は アクセルの戻す量 タイミング シフトの動かし方 入れ方 微妙な違いで 音なく スッとチェンジが入るところがあります。

ただ やみくもにアクセルを戻し、クラッチレバーを握り、シフトペダルを掻き揚げてシフトチェンジするよりも

バイクの走行状態 エンジンの回転など 感じながらシフトチェンジすれば コツ、癖をつかめば 少しの動作(アクセルを少しもどすだけで) クラッチに指を軽くあてるだけでも シフトチェンジが可能ですし、シフト時の無駄なタイムラグ、無駄なエンジンの回転の落ち込みもありません。(車種、排気量などにより多少の癖はありますし。バイクの整備もきっちりしている場合ですが)

2010/12/15

修理 VTR250 ”低回転から息つきして 吹けあがらない”

Honda VTR250 が 始動困難と 低回転から息つきして 吹けあがらないとのこで 入庫しました。

さっそく 試してみると セルは回るのですが チョークをひくと なんとかかかり アイドリングが不安定で アクセルをあけると 息つきをして 回転があがらず そのまま エンジンがストールしてしまうような状況である。

今回は 諸事情(走行距離、使用状況、その他)に従って 診断をすすめました。

まず、基本的なところから プラグ、ガソリンがキャブレターまできているかどうか?ガソリンに混入物などを調べてみました。

何回もかかりずらい状態で チョークを引き エンジン始動していたので プラグは少し清掃しましたが 根本の原因ではなさそうですし、ガソリンもキャブレターまできていますし 水などの混入物もありませんでしたので

Rimg0812

キャブレターをはずし 点検してみることに

VTR250 はV型2気筒なので 前後のシリンダー用のキャブレターが前後に連結した形になっています。

すると フロントキャブレターのアクセルバルブが 全閉時の位置が 下の写真

Rimg0814

に対して リヤキャブレターのアクセルバルブは下の写真のようになっていました。

Rimg0821

アクセルバルブの位置が前後でずれています(写真で バルブにかかる穴の位置で確認できます。)

この穴はアイドリングから 低速域にかけて 混合気がすいだされる穴ですので 当然 前後のバランスがくずれてしまいます。 

また、アクセルバルブの開き始めは 負圧の変化も大きくシビアなのと

排気量、気筒数が少ないほど 顕著に症状は でやすいとおもわれます。(エンジンのつくり クランクウェイトなどでもかわりますが)

その他 バキュームピストン エアカットバルブ のラバーに損傷がないことを確認し、アクセルバルブのタイミング 同調をとり修理完了となりました。

エンジン始動 低速からの吹けあがりも治りました。

Rimg0819

ちなみに上の写真 横に伸びるプレートが 前後のアクセルバルブを連結してあることにより 動きます。この連結途中のスクリューをまわすことによって 調整できるのですが アイドリングスクリューと間違って まわしたり 誤って触ると 同調がくずれてしまいます。

現在 新車は フューエルインジェクションが主流で キャブレターは減ってきています。

しかし このキャブレターのつくりは ある意味 芸術的で オートバイの魅了の1つだと 自分はおもいます。

キャブレターについて 詳しくは

URL: http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%BF%E3%83%BC

2010/12/13

修理 ZZR400”高回転まで吹けあがらない”

KAWASAKI ZZR400 が 7000~8000rpmまではまわるが そこから頭打ちして 回転があがらないし ま た、最高速も120km/hぐらいとのことで車検時 修理依頼がありました。

さっそく センタースタンドをあげ。ベンチでエンジンをかけてみると やはり 重たい感じで レッドゾーンが14000rpm(たしか?)、最高出力53ps/11000rpm なのに 8000rpmくらいで ぼこついて 回転があがらない。

エンジンもかかり、低回転はまわっているので さっそく キャブレターを見てみることに

Rimg0771_2

エンジンから キャブレターをはずした時に キャブレターを動かすと ”カチン カチン”と何かが転がる音が

さっそく フロートチャンバーを #4(4番)から はずすと

Rimg0772

メインジェットが メインジェットホルダーから はずれ 転がっていた。

その他 #1 #2 #3もフロートチャンバーをはずすと

Rimg0775

#1もメインジェットが 脱落していた。

Rimg0774

メインジェットホルダーにメインジェットをしっかりとりつけ 

その他 スロージェット、パイロットスクリューの戻し回転、バキュームピストンの損傷 などを確認。

キャブレターを組み上げて取り付け 修理完了となりました。

過去 キャブレター修理時 メインジェットがしっかり締め付けられていなかったため 振動で脱落してのではないかな と思われます。(あくまでも推測です。) そのため メインジェット(高回転域のガソリン量を調整)の代わりに メインジェットホルダーのねじ穴がメインジェットの役目を もちろん ねじ穴なので かなり濃い混合気が 高回転時 #1、#4 のシリンダーには吸気され、そのため 回転が頭打ちしていた。

当店 キャブレター分解清掃調整 基本工賃 8,400円~

 (400cc 4気筒の場合。車種により前後します。 別途 キャブレターガスケットなどの部品代がかかります。)

KAWASAKI ZZR400 について詳しくは

 URL: http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%AF%E3%82%B5%E3%82%AD%E3%83%BBZZR400

2010/12/08

フロントまわりの違和感 修理

走行時 フロントに違和感があるということで車両が入庫しました。

さっそく 試乗してみると 左右に曲がるときのハンドルの切れ込んでいく感じが 片一方はクイックで 保持していないと グィと切れ込み もう一方は逆に よいしょっという感じであった。

Rimg0778

写真ではすこしわかりにくいですが フロントタイヤ 写真では 進行方向逆ですが 右側(写真では左)のほうが 左側(写真では右側)よりも 減っている。 

ホイールのフレはなかったので

過去 転倒もしているということなので フロントフォークパイプの歪みをチェック。問題なし。

フロントカバーをはずし フォークまわりをみてみることに

Rimg0777

写真では わかりにくく 若干の誤差もありますが ステムのダストシール 右側(写真左側)のほうが 左側(写真右側)より 少しフレームからでている。フォークが左にふれているので タイヤ右側の偏磨耗になっているみたいである。

Rimg0780

フロントフェンダーとロアカバーの隙間が 同車種と較べて 隙間が少ない フォークが入っている(キャスターがたっている。)。

Rimg0789

ステアリングステム、ベアリング ベアリングカラーを交換。

Rimg0788

フロントフェンダーとロアカバーの隙間も同車種と同じになり、走行時の違和感もなくなり、修理完了となりました。

フォークパイプをステアリングステム一箇所で 保持しているタイプ は フォークをステム トップブリッジの2箇所で保持しているタイプより フロントタイヤに大きな力がかかった時 ステアリングステムの首部分に負荷がおおきいとおもいます。

2010/12/05

HID取り付け YAMAHA マグザム

Rimg0770

ヤマハ マグザム にHID(ハイ/ロー 両方)に取り付けました。

夜の 光り方が楽しみです。

弊社では HID取り付け(マグザムの場合) 工賃6,300円(税込)~ (HIDキットによって ステーの加工などで 多少かわります。)

部品持込OKです。(ただし、部品の保証関係はお客様で となります。)

他の車種にてもお気軽にご相談ください。

HIDランプ について詳しくは

URL: http://ja.wikipedia.org/wiki/HID%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%97

PS 差し入れ ありがとうございます。

2010/12/03

焼きつき修理

走行中 エンジンストールし その後 始動できないと修理依頼がありました。 また、エンジン付近がオイルで濡れているとのこと。

早速 引き上げ診てみると

Rimg0745

オイルポンプから キャブレターにつながる オイルパスチューブが劣化(硬化)して 途中で切れていた。

そのため エンジンオイルが漏れ エンジンなどがオイルまみれになっていた。

また、エンジンにオイルが送られなくなるため エンジンがストールしたみたいである。

圧縮を測ると 圧縮がなく 異音もするため エンジンをあけることに

Rimg0742

ピストン シリンダーが焼きついていた。

クランクベアリングは 大丈夫だったので

Rimg0764

ピストン ピストンリング ピストンピン ピストンピンクリップ スモールベアリング

Rimg0767

シリンダー、オイルパスチューブなどを交換して 修理完了となりました。

ホースが劣化してきたら 早めの交換が必要ですね。

2010/12/02

ホイール塗装(スプレー缶)

以前 タンクや カウルなど 時間をかけて 塗装していたので 今回 当店の50ccスクーターのホイールを塗装しました。

今回 新品を購入できるくらいの費用をかけては意味がないので 缶スプレーで だいぶ 手間を省いています。

まず ホイールをクレンザーで油分を落とし。

(耐水ペーパーで 表面を平ら、そして塗料がつきやすいようにしておくのがベストですが 省いています。)

次に

Rimg0700

プライマリサフェーサー で 塗装前の下地を塗りました。

次に

Rimg0706

安上がりの ラッカースプレーで (おすすめは ウレタン2層式の缶スプレーが 塗膜も厚く、そして 塗膜が強いし仕上がりもきれいのでおすすめですが 1本2,000円くらいします。今回はラッカースプレーで クリアだけ ウレタンスプレーという手法もありです。)

Rimg0734

乾かしては 塗り 塗料がたれたら ペーパーをあてて 平らに (できれば 丹念に 磨きを入れるときれいになります。)

Rimg0763

完成しました。

結構おもしろいし、手間をかければかけるほど きれいになりますよ。

ちょうど お客様も フュージョンの外装 マジェスティーのエアロを 塗装されていましたが ウレタン塗料も使い とても きれいに仕上げていました。かなり 手間をかけたそうです。(写真撮り忘れました。)

参考まで

クルマ&バイクの塗装術
価格:¥ 1,890(税込)
発売日:1998-12

クルマ&バイクの塗装術

2010/11/29

2サイクルスクーターのエアクリーナーエレメント

Rimg0635

これは ヤマハJOG 始動不良修理のエアクリーナーエレメント 劣化して カステラのようにぼろぼろと剥がれ落ちます。

結局 剥がれ落ちたスポンジが キャブレターに吸い込まれ キャブレターのピストンバルブや リードバルブに ひっかかり 始動不良となっていました。

この湿式タイプエアクリーナーエレメント(スポンジにフィルターオイルを含ませてある)は 2サイクルエンジンによく採用されていました。

現在は 2サイクル車がなくなり 4サイクルが主流なので ろ紙タイプや ろ紙にフィルターオイルを含ませたビスカス式がほとんどなので こういった心配はなくなりましたが

点検は重要です。

2010/11/28

狭い隙間用 加工スパナ

写真では少しわかりにくいですが (国内メーカーのスクーターではこんなことは ほぼないのですが 海外メーカーのスクーターで) キャブレターを脱着しようと インテークマニホールドとキャブレターの間の取り付けナットをゆるめようとしたとき。

Rimg0721

ナットとインテークマニホールドの隙間が狭く メガネレンチが使えません。

通常のスパナでは インテークマニホールドをクランクにとめているボルトの頭や 隙間の狭さでスパナをナットにかけることはできても スパナがまわせません。マニホールドのボルトをはずせば 多少 スパナをまわせますが ガスケットを傷めたくないので

Rimg0731

車載工具で使っていないスパナの先端を削り、先端を細めてあるスパナで(車載工具の材質は削りやすいので)

多分 十年くらい つかっているので 削った箇所が錆びていますが。

Rimg0724

これで 脱着することが無事できました。

ちなみに この車両は KYMCO の2サイクル 100cc のスクーターですが 修理後、試乗させていただきましたが やはり 100cc パワーがあり よく走ります。

KYMCO URL: http://www.kymco.co.jp/index.html

2010/11/27

Majesty125 走行中エンスト 始動不良 修理

Rimg0739

Majesty125 が 修理入庫しました。

症状は 走行中 スピードがでなくなり、そのうち エンジンがとまり うんともすんとも いわなくなった とのこと。

さっそく 引き上げ 診断をしてみると

Rimg0736

マイナス(-)側のバッテリー端子が 浮いている。

ボルトが緩んだのかとおもったのですが ボルトには トルクがかかって締まっていた。

マイナス端子のボルト ナットをはずしてみると

Rimg0738

ボルト と ナット が 斜めにくいこんで 締まっていたみたいで ナットのねじ穴 ボルトの先端のねじ部がいたんでいた。

そのため 端子を締めきるにはいたらず 端子が浮いていた。

Rimg0737

ボルト ナット を交換し、端子を締め付け 修理完了となりました。

2010/11/25

YAMAHA 水冷・4ストローク・SOHC・3バルブ 50ccエンジン

以前 ヤマハ 50cc4サイクルスクーターが3バルブと記事で書いたのですが 今回 修理でエンジンをあけたので写真をとりました。

Rimg0705

燃焼室 インテークバルブが2本 エキゾーストバルブが1本。排気は燃焼圧により ピストンの下がる負圧による吸気より 効率がいいため

吸気効率をあげるために インテークを2本とすることで吸気開口面積を大きくしているとおもいます。

さらに

Rimg0702

ヘッドカバーにカムロッカーアームがずれないように ステー(ヘッドカバーからでている爪みたいなもの)によってホールドしてあるので ヘッドカバーをはずすと

Rimg0701

ロッカーアームをずらせば

Rimg0703

バルブクリアランスを調整する シムが簡単にはずせ 簡単にバルブクリアランスが調整できるようになっています。

また この ロッカーアームは ”ローラーロッカーアーム”という機構が採用されています。

”ローラーロッカーアーム” 詳しくは

URL: http://www.yamaha-motor.co.jp/asean-touring/machine/technology/005/index.html

2010/11/23

50ccスクーター 加速時の違和感 修理

お客様から 加速時 クラッチスプリングが切れてるような感じがすると 修理依頼がありました。

お客様のところで 簡単に試乗させていただき、その後 引き上げて 試乗してみると 確かに 低速からの加速が少し物足りない パワーがたべられて じわりと加速 その後は それなりに加速していた。

さっそく 駆動系をあけてみることに

Rimg0611

ドリブンフェイス クラッチ側を よく見てみると

Rimg0612

ドリブンフェイス と ムーバブルドリブンフェイス の間に隙間ができている。

通常 クラッチセンタースプリングで押されているため 隙間が開いてることがおかしい。

ので さっそく 分解

Rimg0613

ムーバブルドリブンフェイスのガイドピンが動く 部分に ガタツキ さらに グリスがほとんどなく グリス切れしている。

当然

Rimg0615

ドリブンフェイスのガイドピンがささる穴も 長穴に磨耗していた。

ドリブンフェイスとムーバブルの動きを左右する ガイド溝のガタ、ガイドピンの穴の磨耗、さらには グリス切れにより ムーバブルフェイスがしっかり 戻りきらず 発信時 少し 変速した状態からの加速になり 違和感が出ていた。

磨耗した部品を交換 部品に付属の専用グリスでグリスアップ。修理完了となりました。

PS ”ドリブンフェイス” や ”トルクカム” でインターネットで 検索してみると 結構 面白いですよ。

2010/11/17

TUFFUP(タフアップ)チューブ

Rimg0619_3

お客様から タイヤの空気圧はあまり減っていないが、ホイールから 何か噴出してくると 訴えがありました。

見てみると エアバルブ付近から どす黒い 緑色のドロドロしたものが これはタフアップチューブのパンク防止液です。

エアバルブの締め付けナットが 黒色なのも タフアップチューブの特徴です。

多分 タイヤに 異物がささり チューブに穴があいてますよと言って 車両を引上げました。

さっそく タイヤをはずしてみると

Rimg0620_2   

タイヤ内 ホイールリム内 チューブが パンク防止液でベトベトに

さっそく タイヤ内を点検 やはり 小さい金属のピンが タイヤにささり 内側に少し頭を出していました。

それによって タフアップチューブがきずつけられ パンク防止液がもれていました。

Rimg0624_2

普通のチューブと同じく パッチ修理をして修理完了となりました。

タフアップチューブは小さい釘などがささっても チューブトレッド部分が2層になっており パンク防止液が刺さった部分におしだされるため 普通のチューブより エアが抜けにくくなっていますが

できたら タイヤに異物のささりや、今回のように ドロドロの液体が エアバルブ付近、スポーク穴付近、リム付近から もれてきたのに気がついたら 早めに 修理しましょう。

TUFFUP(タフアップ)チューブ の特徴、構造等については

 URL: http://www.honda.co.jp/factbook/motor/technology/19961000/004.html

Rimg0595 (私のホッペもタフアップ?)

2010/11/15

Honda Spacy100 タイヤ交換 F¥5,500 R¥5,700

Rimg0610

ホンダ スペイシー100 

フロントタイヤ ¥5,500(タイヤ代 工賃 タイヤ処分代 消費税すべて込み)

リヤタイヤ   ¥5,700(タイヤ代 工賃 タイヤ処分代 消費税すべて込み)

チラシ、もしくは ブログを見た方に。 この価格にて

さらに 出張引取納車無料(一定範囲)

お気軽にお問い合わせください。

Rimg0600 (うん。これは お買い得だね。)

2010/11/14

修理 ”1速のとき ニュートラルランプが点灯する。”

Rimg0584_2

ギアを1速(ローギア)に入れると 上の写真のように メーターのニュートラルランプが点灯。 逆に ニュートラルでは 点灯しない たまに 3速のランプが点灯する という修理依頼がありました。

診断していくと 原因がわかりました。

Rimg0585

チェーンケースカバーをはずすと ニュートラル 3速 の アーススイッチがあり、それを はずすと シフトドラムに コンタクトプレート(接点)がボルトどめされています。

Rimg0588

そこが 通常接触する部分が常に 擦れて磨耗し アルミ箔のようにヘラヘラに 結局 本来接触しない擦れていない部分が残り そこが スイッチに触れるため そういう症状となっていた。

Rimg0605

こちらが 新品 真ん中の凸部が本来 接触する部分です。

接点はどうしても 磨耗してきますが 条件にもよりますが 業務用に使用した場合 消耗パーツ交換ぐらいになってしまいますね。

2010/11/12

YAMAHA 2STスクーター 加速不良

ヤマハ 2サイクルスクーター が加速不良で入庫しました。

以前から 加速が悪くなっていたが そのまま だましだましで乗っていたが もう ぜんぜんダメとのことで入庫。

さっそく 試乗してみると エンジンはかかるものの 走り出すと モワーというかんじで ぜんぜん加速していかない なんとか 走り出す程度で 速度もでない。

さっそく スパークプラグ エアクリーナー をみてみました。プラグキャップにがたつきはあったものの それだけではないみたいである。

ほぼ 毎日乗っているらしいので 駆動系 ベルト ウエイトローラー クラッチ トルクカム をチェック 多少のへたりはあるものの OK。

残るは やはり 排気系 マフラーのカーボンつまりをチェック マフラーはつまってない。

すれば シリンダーの排気ポートを点検 マフラーをはずし シリンダー排気ポートのカーボンを除去 やはり カーボンでポートがふさがれていました。

試乗してみると まだ 加速はだいぶ 改善したものの やはり おかしい。

ガソリン、キャブレーター、リードバルブ、クランクオイルシールの抜けを確認 OK。

Rimg0582

のこるは エンジン

Rimg0575

シリンダーをはずしてみると、写真うまくとれていませんが 排気ポート以外に シリンダーの吸気 掃気ポートがカーボンでふさがれていました。

ポートのカーボンを除去 プラグキャップを交換。

修理完了となりました。

いままで 排気ポートのつまり修理はありましたが、吸気 掃気ポートがここまで 塞がれていたとは。

2010/11/07

Honda Zoomer (ズーマー)タイヤ交換 フロント6,982円 リヤ7,505円

Rimg0558

タイトルからして 宣伝で申し訳ございません。

お客様より Honda ズーマー のタイヤ交換って 高くってビックリとききましたので

たしかに ズーマーのタイヤは 見るからに 図太く 特殊なサイズです。

当店の価格は かなり格安では

フロントタイヤ(KENDA K761 120/90-10) 

タイヤ代5,250円 + 工賃1,575円 + 廃タイヤ代157円 = 6,982円(税込)

リヤタイヤ(KENDA K761 130/90-10)

タイヤ代5,775円 + 工賃1,575円 + 廃タイヤ代157円 = 7,507円(税込)

もちろん 出張引取納車無料にて(一定範囲内)

お気軽に問い合わせください。

2010/11/05

マフラー持込交換

Rimg0517

マフラー持込で 交換依頼がありました。

持ち込みのマフラーが この車種用だったのですが 年式違いでしたので マフラー取り付けステーが違いますし、 ステップバー使用と ステップボード使用の違いで ステップボードを元にもどすと ブレーキペダルが 交換したマフラーに干渉してしまいます。

そこで

Rimg0529

マフラー取り付けステーの変更と、上の写真のように、ステップボードステーとフレーム エンジンガードとフレーム の間に 延長ステーを追加。これに併せ フレームに付いているリヤブレーキスイッチの位置を変更。

Rimg0533

取り付けることができました。

このマフラー 図太いいい音でした。(好みによりますが) もちろん 車検の騒音規制内のレベルです。

2010/11/04

キックスタータ ぐらぐら 修理

キックスタータの ぐらぐら修理が入りました。

オートバイのキックスタータ 使い込んでくると キックスタータのキック部分 の 折りたたみが ぐらぐら スカスカ 走行中 勝手に出てくる。 そんな場合は

Rimg0544

上の写真のように 今回 厚めのワッシャーを一枚追加 これで テンションがかかり キックが勝手にでてこなくなりました。(スプリングワッシャーのヘタリ具合 稼動部のヘタリ具合にもよりますが)

2010/11/02

オートバイ パンク修理 タイヤ交換

Rimg0537

本日 250TR の パンク修理(タイヤ、チューブ交換)が入庫しました。

 当店では リヤタイヤのパンク修理、タイヤ交換のときには

Rimg0538

ホイールをきれいにするのはもちろん。 気持ちよく 乗っていただけるように シャフトや ホイールベアリング、の清掃グリスアップや、ドライブチェーンの清掃給油を必ず行います。(無料)

Rimg0541

車輪を廻した時の スムーズさは こっちが気持ちよくなります。

自転車パンク修理

Rimg0527

これは お客様の折りたたみ自転車のパンク修理。

当店では 新聞屋さんの自転車の修理もしていますので、自転車のパンク修理、タイヤ交換も受付OK。

自転車パンク修理 1,000円、チューブ交換 1,800円、タイヤ交換3,000円(ただし 電動アシストタイプなど特殊なタイプは4,500円~) すべて税込み 出張無料(一定範囲に限り)

お気軽にお問い合わせ下さい。

2010/10/26

中古車 トピックプロ

Rimg0470

当店 在庫 中古車 ホンダ トピックプロ  車両価格 68,250円(税込)

車台番号 AF38-101・・・・、走行距離 不明 8537km(メーター読み、万単位がないため)

整備箇所
長期保管車のため  
クランクベアリング、クランクオイルシール、ピストンリング、アクセルケーブル、フロントブレーキケーブル、リヤブレーキケーブル、左右グリップ、左右ミラー、リヤタイヤ、リヤエアバルブ、右リヤショック、シートレザー、メーターバルブ、ヘッドライトバルブ、テールライトバルブ、左右レバー、スパークプラグ、エアクリーナー、キーセット、バッテリー、フロントバスケット 交換。

キャブレター分解清掃。

ドライブベルト交換、スライドピース交換、ウエイトローラー交換(ウエイト変更)

シリンダー ポート加工。

とフル整備。

※バイク整備で楽しいのが、少しの変更や 手を加えるだけで バイクの性能がかわること!バイクは正直です。

この車両 シリンダーポート加工 と ウエイトローラーのウエイト変更で

どうしても HONDAのスクーターは飛び出し防止機構が効く車種もあるので でだしの加速がいまいちのときがありますが

ヤマハ 2st JOG に負けないぐらいのダッシュ 加速力を発揮します!(あくまでも個人的体感)

※バイクいじりの楽しいところです。

逆にバランスが悪く 遅くなることもありますが。

当店 中古車の在庫は

淡路二輪商会淡翔 HP URL: http://www4.ocn.ne.jp/~awashou/6822.html

2010/10/21

アーク溶接

Rimg0437

アーク溶接 始めました。

鉄製フレームのハンドルストッパーの肉盛りから、エキゾーストパイプのクラック、カウルステー、ブラケットの割れ、ひびなど 上の写真のように溶接。

Rimg0439

薄い部分でも溶接OKです。

なかには ブラケットだけで1万円ちかくする部品や、フレームに溶接されているウインカーステーなど 溶接すれば 安く かつ 補強もOK。

当店 溶接 1箇所 1,575円(税込)~

2010/10/08

レース参加車両 XR230 ③

今回は 足回りを

Rimg0445

タイヤは 前回レースのノーマルレギュレーションの公道走行可能な 

フロント ブリジストン ED03 で ビートストッパー×1 ヘビーチューブ

リヤ ブリジストン ED04 で ビートストッパー×1 ヘビーチューブ

です。

Rimg0446

ドリブンスプロケットを ノーマル39丁から DRC ドリブンスプロケット 50丁に

また、シールチェーンから ノンシールチェーンに変更。

チェーン スプロケットは やはり 重量があるので もっといいのがおすすめです。

今回は とりあえず このセットで。

2010/09/20

レース参加車両 XR230 ②

今回 ハンドルまわりを

XR230 は 下の写真のように 新車から RENTHALのハンドルバーが装着されています。(XR初期型から 最新のはどうか確認していません。)

Rimg0417

そして 安全面から

Rimg0419

ハンドルウエイトが しっかり うめこまれています。

オフロード走行では あまり 高速道路や 一般道のように 直進安定性は いらないので ウエイトをはずし、

レース中 転倒したときに レバーが折れないように

Ze720001

ZETA ジータ:アーマーハンドガードベンド を取り付けてあります。

Rimg0418

グリップは 力がかかって 空回りしないように ワイヤーでしっかり 締め付け 

ZETA ハンドルガードは 黒がすでに 色あせ こげ茶に たしか 1年前につけたのですが。

ノーマルレバーはハンドルガードと干渉する場合があるので ショートレバーに変更。

Rimg0420

あとは レース前に ねじ類を増し締めをしてOK. 前回 クラッチレバーホルダーが緩んできましたので 通勤では 緩まなかったのですが レースでは 振動 転倒の影響などで 緩んでくる場合も。

2010/09/15

レース参加車両 XR230 ①

Xr230_2050314

XR230 を 坂内4Hエンデューロのために 整備していきます。

まずは いらない部品の取り外し、通勤用から レース用に

Rimg0413

ミラー、ヘッドライト、ウインカー、リヤフェンダーASSY、タンデムベルト、

メーター、メーターケーブルは 少しでも ハンドル周りの重量軽減と メーター作動のフリクションロス削減のためはずしました。

Rimg0414

タンデムステップ、ホーン、メーターギア、ヘルメットホルダー、サイドスタンドスイッチ(サイドスタンドはレース時取り外すことが必須なので、ハーネスは直結加工)

Rimg0241

こんな感じで保安部品をはずし すっきりしました。

また、前々回のレースから 触っている箇所もあるので また 紹介していきます。

2010/09/12

マルニ Vパッチ #300 (板パッチ) 、チューブパンク修理用パッチ

Rimg0408

左上の大きなパッチが マルニVパッチ#300(板パッチ)  右横の通常の丸、楕円のパッチに比べ大きい。

例えば 下の写真のように (わかりにくいですが、数箇所穴があいてます。)

Rimg0406

チューブに数箇所 それも近い位置にあいている場合、丸 楕円ではカバーできない、重ねててもはれないという場合

Rimg0409

板パッチを ハサミで 穴をカバーできる大きさで切り取り、貼れば

Rimg0410

修理完了です。

たくさん穴が開いてる場合は もちろん、チューブ交換がおすすめです。

2010/09/07

フォークオイル漏れ修理

Rimg0409

HONDA マグナ250 が フォークオイル漏れで入庫しました。

1年前にも フォークシールを交換したが 再び 漏れてきたとのこと。

Rimg0411

フォークオイル漏れには フォークオイルシールの劣化や フォークインナーパイプの錆や 飛び石などの損傷による傷でフォークオイルシールを痛め 漏れてくる場合がありますが

今回は 上の写真のように 錆によるクボミがあり それによってフォークオイルシールが痛んでしまって フォークオイルが漏れているみたいなので

Rimg0412

フォークインナーパイプ、フォークシールセット、スライドメタル、ブッシュガイドを交換することに

Rimg0415

もちろん フォークオイルも交換で。 1年で 写真のように フォークオイルも傷んでいました。

2010/08/30

NAVI、LEDインジゲーター取り付け

Rimg0406

KAWASAKI Dトラッカーに NAVI と LEDインジゲーター(ニュートラル、ウインカー、ハイビーム)を取り付けることになりました。

Rimg0401 

NAVIのステーは メーカー毎に設定車種には専用のステーが発売されていたり、汎用で各種NAVI用のステーが販売されていますが 今回は 上の写真の TANAX ETCハンドルマウントステー を使って取り付けることにしました。

理由は 角度の調整ができ、かつ コストパフォーマンスがいいこと。

Rimg0404

ジョイントをつければ さらに 高さや 方向 の変換も可能です。今回はホルダーに ジョイント1つ ベースで取り付け

Rimg0403

LEDインジゲーターもメーター横に取り付け 完成となりました。

私も自家用車,社用車に NAVIをつけていますが 知らない場所や、住所をきいて始めていくとき、そういう時は たいへん 便利です。 

2010/08/23

自転車のブレーキ

お客様から 自転車のリヤブレーキの効きがわるいんだけど 

ブレーキにグリスを注入したら しばらくは 調子がいいとのこと。

グリス? 効き?

と 自転車の整備資格

多少の自転車の整備の経験はあったのですが 

自転車のブレーキの詳しいことまでは・・・

ということで 調べてみました。

 ローラーブレーキとは

ブレーキレバーを引くと、車輪軸に付けたブレーキの中のカムが、カムの周りに配置した6個のローラーを押し上げ、それが金属製のブレーキシューを金属製のドラム(外径70mm程度)の内側に押しつけて制動するブレーキ。ハブに取付ける。ドラムに内蔵されているので雨および泥の影響を受けない。熱がこもるので環状の放熱フィンが付いた形(右写真)もある。グリースを入れてブレーキ鳴きを防止し、かつ防水性を向上させている。
ブレーキ鳴きをすることもある。外観はバンドブレーキと似ているが、やや小さいので一見して分かる。シティ車などに使われている。

詳しくは 自転車のブレーキHP  URL:http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/brake.html

2010/08/14

STACK クラブマンタコメーターST200

Rimg0413

KAWASAKI Dトラッカー に STACK クラブマンタコメーターST200 を取り付けました。

Rimg0411

ノーマルステーを加工し、シフトスイッチも 下の写真のように取り付けました。

Rimg0412_2

しかし タコメーターの信号を梱包されていた説明書のとおりにイグニッションコイルからとっても タコメーターの針がまったく 動かない。

輸入元に確認したところ、汎用なので 車種ごとで いろいろ取れるとこを試してみてくださいとのことだったので、ピックアップコイルから 信号をとり、作動がOKとなりました。

このタコメーター 動きがぶれなく リニアに作動しますし、オプションでシフトランプを取り付けることも可能だそうです。

このタコメーターの精細は以下のHPへ

 GARUDA INC.HP http://www.garuda.ws/stack/stack.html 

2010/07/14

ジャイロキャノピー スイングロック不良

Rimg0339

HONDA ジャイロキャノピーが スイングロック不良で入庫しました。

パーキングレバーを引いても 力をすこしかけると 傾いてしまうとのこと。

Rimg0347

実際に 症状を確認 やはり 真ん中の位置から 力をかけると 傾いてしまいます。

まず パーキングレバーをひいて 上の写真のジョイント部分のカバーをはずし パーキングワイヤーの調整が合ってるかどうか? ワイヤーによって スイングロックか作動しているかどうか?を調べました。

ワイヤーの調整も合っており、ロックもさどうしている。

Rimg0340

ジョイントをはずし 分解してみると

Rimg0344

スイングロックの先端が磨耗しています。磨耗のため 力をかけたとき 滑ってしまっているみたいです。

スイングロック、スイングロックプレートを交換し 修理完了となりました。

Rimg0341_2

左が磨耗した スイングロックとスイングロックプレートで 右が新品の部品です。写真では少しわかりにくいのですが、磨耗しています。

2010/06/30

YAMAHA ギア セルスタータ始動不良

Rimg0333

ヤマハ ギア が セルスタータでの始動不良で入庫しました。

訴えは セルスタータでエンジンが始動できる時 と できないときがあるとのこと。

詳しく聞いてみると キックスタータでは 常にエンジンが始動することができるが、セルスタータでは エンジンの始動が できるときは 普通にできるが、できないときは うんともすんとも いわないとのこと。(セルボタンを押しても何の反応もしないとのこと)

さっそく みてみることにしました。まず 実際に症状が出るかどうか?試してみると セルボタンを押しても 何の反応もありません。(スタータリレーのカッチという音すらなし) キックペダルでキックすると 普通にエンジン始動できました。

次に

Rimg0334

写真のように バッテリーの電圧を点検 12.48Vでした。12.4V以上あり、かつ、メインスイッチONでウインカー、ホーンのの作動もOKなので 電気の供給側には問題なさそうです。

つぎに セルスタータリレーにリレーONの電源は バッテリー → メインスイッチ → ブレーキスイッチ → セルスタータボタン → セルスタータリレー と流れ リレーONで バッテリーの電流 → リレー → セルモーター となります。

何の反応もないことから セルスターリレーの故障か? リレーにいくまでの回路の故障が考えられます。

バッテリー電圧OK メインスイッチOK(ホーン、ウインカーの作動がOKなので)、次にブレーキスイッチを見てみることに 簡単に 前後ブレーキレバーを 交互ににぎり、テールランプが 点灯すればOKですが、

前後のレバーを握っても テールランプが点灯しません。テールランプの電球切れも考えられるので

Rimg0335

ハンドルカバーをはずし テスターにて 前後ブレーキスイッチの導通を確認。リヤブレーキスイッチはまったく レバーを握っても導通がなく、フロントもなし かすかに 反応が握り具合ででるときも。

さっそく 回路を直結し、セルスタータボタンを押すと エンジンが始動しました。

原因は 前後ブレーキスイッチの不良でした。たまたま 導通がとれたときだけ、セルでエンジンが始動できていたみたいでした。

前後ブレーキスイッチを交換し 修理完了となりました。

2010/06/27

シートレザー 張替え

ヤマハ ギア シートレザー張替えが入庫しました。

Rimg0327_2

写真のように まず 車両からシートをはずしたら、

Rimg0328

次に 破れたシートレザーをはがし、新しいシートレザーをかぶせ、

写真右のエアタッカーでシートレザーをシートにとめていきます。

Rimg0331

前後左右の中心4点をとめて、位置決めをしたら、あとは それにあわせ、シワをよせないように シートレザーを引っ張りながら エアタッカーでとめていきます。

Rimg0332

完成です。

車両保管時 直射日光にあたった状態にすると痛みやすいので できれば、屋根の下やバイクカバーをかけ直射日光があたらないのがベストです。レザーワックスなどの手入れをおこなえば、さらに寿命UPです。

シートレザーに穴があいていると 雨水がしみこんだり、ズボンについたりと 嫌になります。

シートカバー もしくは シートレザー張替え がおすすめです。

弊社では シートレザー張替え 4,725円~ (車種、排気量によりことなります。)

詳しくは お気軽にお問い合わせください。

2010/06/24

ヤマハ JOG 始動不良

Rimg0267

ヤマハ JOGが始動不良で入庫しました。

1年以上 放置していたJOGを 最近 乗り出したが 調子が悪く。洗車後 まったくエンジンがかからなくなった。とのこと。

始動不良のおおまかな原因は3つにわけれるので 1、適正な圧縮  2、適正な混合気  3、適正な点火 を点検していけば 原因がわかるはず、

まず、引き上げ後、実際に セルスターター、キックでエンジンを始動してみるが、まったくかかる様子がない。ただ、キックの踏んだ時の応力や、マフラーの排気口に手を当てたときの 排気圧はあるみたいであるので 1、適正な圧縮はひとまずOK。

次に 点火プラグを点検することに

Rimg0273

写真では わかりにくいのですが、プラグがくすぶっていました。そして このとき、何か違っていました。プラグのくすぶりはたいてい 混合気によってくすぶるのですが、すこし、水がついているのに気がつきましたが、このときは そのまま 点火プラグを新品に交換しました。 

そして、キックしてみると エンジンがかかりましたが

Rimg0268

キャブレターから ガソリンがオーバーフローして ぽたりぽたりとガソリンがおちたきます。

プラグのかぶり、1年以上放置、調子が悪い、オーバーフローしているじょうたいなので キャブレターを分解清掃することにしました。

Rimg0275_2

スロージェット(低速域のガソリン量調整ジェット)がほぼ ガソリンの劣化物により つまっていました。キャブレタークリーナーで全体の通路の通りを清掃、確認し、フロートバルブ(ガソリン弁)の部分も念入りに 清掃し 組み付けました。

再度 エンジン始動。ガソリンのオーバーフローはとまりました。これでOKとおもったのつかの間。オートチョークが効き終わるころに アイドリングが不安定になり エンジンが止まりそうになります。

また、少しエンジンを吹かすと エンジンの回転の落ちが悪い。 2、適正な混合気 がおかしい。キャブレターは清掃したはずなのに、

Rimg0276

写真では少し わかりにくいですが キャブレター と エンジンをつなぐ インテークマニホールドの部分に大きな亀裂がラバーの隙間から見えます。

実際 エンジンを始動し、この部分にパーツクリーナーを吹きかけるとエンジンがとまります。

この部分が1番の原因でした。

洗車後 まったくエンジンが始動できなかったのも。くすぶった点火プラグに少し水がついていたのも。

この亀裂から 水がはいってしまったのでした。また、調子が悪いというのも、ここから 2次空気を吸うことで 適正な混合気をくずしていたのです。キャブレターのオーバーフロー、スロージェットのつまりも原因ですが。

以上 修理して完了となりました。

原因が1つとは限らない。とつくずく感じました。

また このような場合、混合気が希薄なため、異常燃焼や、混合気による冷却効果が少なくなるため、2サイクルエンジンなどは 焼きつきやすくなるため、

しばらく 放置していて調子がわるい。エンジンの回転のおちが急に悪くなった等あれば 早めにオートバイショップでの点検をおすすめします。

弊社では こういった修理もよろこんで お受けしております。

 キャブレター分解清掃調整工賃 4,200円(税込) ~ 

車種排気量によりことなりますので お気軽にご相談ください。

2010/06/21

オフロード競技用強化チューブ ヘビーチューブ

オフロード競技用強化チューブ

DUNLOPからは ヘビーチューブ と スーパーヘビーチューブ の2つ設定されています。

Rimg0293

こちらは DUNLOP スーパーヘビーチューブ です。

以前 装着していた DUNLOP ヘビーチューブとの違い(ゴムの厚さ)を計測してみました。

Rimg0284

DUNLOP ヘビーチューブ ゴムの厚さ 約2mm。

DUNLOP スーパーヘビーチューブ ゴムの厚さ 約3mm。

今回 重さは 計測器がないため 残念ながら 計測できず。 残念。

手で持った感想は やはり 重い 多分 スーパーヘビーチューブの方が 1.5倍位 重さが重い感じがしました。

ゴムの厚みからも必然的にそうなりますね。

Rimg0297

ビートストッパーを さらに 1個追加して タイヤを組み付けました。

スーパーヘビーチューブに ビートストッパー2個 案外スムーズに組みあがりました。

大汗は掻きましたが。

2010/06/18

KLX250 アルミリム ひび割れ修理

先日の 坂内エンデューロで 私の相方が 1時間エンデューロの最後の最後でパンク。3位だったので、そのままがんばって1、2周走行したため、KLX250のリヤホイールのリムにひびが入りました。

入った箇所は リム成型時に加工溶接している部分です。

ほぼエンデューロ走行専用車両のため、応急修理をすることになりました。

Rimg0269

いつも ワンオフパーツや 金属加工をお願いしている SWIFT(スイフト)さんにお願いして リムのひび割れをV時カットしてもらいアルミ溶接をしていただきました。

あとは エアベルトサンダー、やすり、紙やすりで 削って仕上げました。

Rimg0273

スポークもだいぶ 緩んでいたので 触れとりついでにスポークを張って完成です。

リム自体のゆがみ、まがりは多少 残りました。

きっちり 修理するには リム交換がおすすめです。

今回、加工溶接をお願いした SWIFT(スイフト)さんのホームページ

URL http://www.eonet.ne.jp/~swift/

2010/06/03

トピックプロ 加速不良修理

Rimg0231_2

トピックプロが加速不良で修理入庫しました。

発信時の加速力がないとのこと

さっそく 試乗してみると たしかに 発信時の加速が 力なく加速しない。時速10㎞くらいまでそんな感じでそこからは普通に加速するが 時速40㎞であたまうちする。

発信時 ミッション車でいうと ローで発信ではなく 3、4速で発信しているような感じの加速だった。

加速不良で考えられる原因を 大まかにあげると 1、エンジン出力自体の不良  2、駆動系変速系の不良  3、路面に動力を伝える駆動部分の不良 がある。

車両を動かした時 何か引きずっている感じもなく 普通に車両を移動させることができるので 3、路面に動力を伝える駆動部分の不良 はなさそうである。

次に センタースタンドをかけて リヤタイヤを浮かせて エンジンを始動。アクセルを開けて エンジンの回転がアクセルに対応しているか 確認。 問題なくエンジンの回転も吹けあがる。よって 1、エンジン出力自体の不良 でもなさそうである。

2、駆動系変速系の不良 が残ったので エンジンの左 ドライブベルト側のカバーをはずし、ドライブベルト、ムーバブルドライブフェイス、ウエイトローラー、遠心クラッチをはずしてみたら、下の写真のように

Rimg0232_2

ウエイトローラー、ムーバブルドライブフェイスが破損し、ドライブベルトも磨耗し 一部切れそうになっていた。

原因は 破損したウエイトローラーが ムーバブルドライブフェイスの破損した部分に乗り上げ低速時の変速域まで戻らない状態だった。 例えるなら、ローギヤに入らず、2、3速からスタートする感じになっていた。

ウエイトローラー、ムーバブルドライブフェイス、スライドピース、ドライブベルトを交換し、修理完了となった。もちろん 最高速もでるようになった。

ドライブベルトまわりの駆動系は だいたいの車種は、20000km毎の点検交換、もしくは 12カ月点検で点検することをおすすめします。

2010/05/24

プレスカブ エンスト修理

Rimg0216_2

プレスカブのエンスト修理が入庫しました。症状は この大雨の中 走行中、アイドリングの安定がわるくなり、かかるときもあったが、そのうち うんともすんとも エンジンがかからなくなったとのこと。

お客様は忙しい方なので 問診はそれだけで診断にかかることになりました。

エンジンが始動するおおまかな3大要素  1、適正な混合気 2、適正な点火、3、適正な圧縮

まず、実際にかかるかどうか キックペダルを何回か踏んでみました。まったくかかる気配はありません。キックには ある程度のキックに対する踏み応えがありましたし、マフラーエンドに手をやると 排気圧がかかりますので 3、適正な圧縮はありそうです。あやしい場合はコンプレッションゲージ(圧縮を測定する計器)の出番です。

次に タンクにガソリンがあることを確認。燃料コックのON/OFFを確認しました。問題なしです。たまに ガス欠というオチがありますが 今回は違うみたいです。キャブレター使用なのでドレンチューブの下にガソリンを受けるオイルパンを置いて、ドレンをゆるめてみました。

Rimg0219_3

すると 上の写真のように ガソリンの中に水が混じっていました。これでは 1、適正な混合気 に合わなくなります。原因であることは確かです。

キャブレター、コック、タンクから ガソリンを抜き エアブローして 新しいガソリンを入れてキックしてみました。エンジンが始動しました。        

次になぜ水が混入したのか、タンクにはガソリンが満タンに入っていました。最近 ガソリンをいれたみたいです。水はガソリンより比重がおもく ガソリンの中にいれると沈みます。コックをリザーブに切り替えしたときに タンクからキャブレターに入ったと混入していた水の量から推測できます。入庫したときはコックはONの状態でした。ガソリンを入れてからコックをリザーブからONにきりかえたのでは、それでは タンクにはどうして入ったのか? タンクキャップのパッキン不良? パッキンに亀裂 偏磨耗はありませんでした。このバイクは写真には写していませんが シートが破れ その上にビニール袋をかぶせてありました。ここ2、3日続く 大雨の中 ガソリンスタンドでシート下のタンクキャップをあけた時、ビニールにたまった水が タンクの中に入ったら つじつまがあいます。お客さまに原因を説明したところ そんな気がとおっしゃっておられました。

シートはシートカバーをつけていただき、念のため スパークプラグ (2、適正な点火)を点検、エンジンオイルを点検、交換して 修理完了となりました。